企業情報

学長メッセージ

杉山 知之

人類社会に革命と大きな変革が訪れることが間違いないと確信できた1994年10月、デジタルハリウッドを設立しました。最初のブラウザーと言ってよいNetscape Navigatorも、3DCG時代の家庭用ゲーム機SONY PlayStationも、その年の年末から市場に登場したのです。 このインターネットの夜明け、3Dコンピュータグラフィックスの一般家庭への飛来という時、すでにデジタルハリウッドは、今日をいち早く予測し、何よりも必要な新しい時代を切り開くクリエイター人材の育成を進めてまいりました。

また、設立時より、デジタルコミュニケーションが社会のインフラとなる21世紀においては、大学院レベルの教育が必要となると考え、デジタルハリウッド設立時より、大学院設立を将来の目標としてきましたが、小泉政権の特区制度により、私の予想より早く2004年に日本初の株式会社による専門職大学院として開校することができました。

さらに翌年には、ボーダーレスとなる国際社会に適応する人材を育成することを目的に、デジタルハリウッドが得意なデジタルコンテンツ制作技術に加え、実践的な英語力と21世紀の教養を身につける四年制大学も設立いたしました。
すでに9万人余の卒業生が社会において活躍しておりますが、デジタルコミュニケーションによる本当の変革が始まるのは、まだまだこれからの状況であり、ますます能力がある人材が必要となる時となっております。

「誰でもが、デジタルという大きな波を乗りこなし、ひとり一人が自分らしい人生を、自分の力で切り開いていけるようになる力を学べる場」それが、設立当初から、まったく変わらない学校の存在意義です。
日本人が持つ創造的な文化を中心に置き、そこから世界を見て、国際社会にも貢献できる学校づくりを、さらに推し進めていく所存です。

デジタルハリウッド大学 学長

杉山 知之(Tomoyuki Sugiyama)/工学博士

東京都生まれ。
87年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。
94年、デジタルハリウッドを設立。
2004年、日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。翌年「デジタルハリウッド大学」を開学し、現在、同大学の学長そして、デジタルハリウッド学校長を務めている。
マルチメディア放送ビジネスフォーラム代表、コンテンツ学会副会長、福岡コンテンツ産業拠点推進会議会長、メタバース協会理事長を務め、また「新日本様式」協議会や、CG-ARTS協会など多くの委員を歴任。
2008年日ASEAN賢人会合メンバーとしても活動している。

  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所