みんなの「つくってるみらい」

みなさんの夢をボードに書いていただきました

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

DHスタッフコメント

DHスタッフ写真

写真左から
(根鈴啓一)ピッチという教育の現場でコミュニケーションを通して選手たちが成長していく光景が大変印象的でした。今大会開催にご協力くださった関係者の皆様に改めて感謝申し上げます。
(坂本昭人)炎天下の中サッカーを通じて、子供達をはじめ、保護者の方々、コーチ陣、関係者の皆様、全員が一体となり作り上げたデジタルハリウッド杯という空間は、まさにクリエイティビティ溢れる場でした。この創造性を持って世界に羽ばたいてください。
(加藤誠一)サッカーと作品制作の共通点、それは「創造力・アイデア」の重要性と、目指す舞台が「世界」であるということ。そのことは監督が選手に投げかける言葉や、選手との会話から感じることができました。これからも皆さんが夢見る【みらい】を、自らの力で【つくって】いってください!
(山本奈央)パスやフォーメーションの確認をしたり、試合の勝敗の理由や反省点をチームみんなで考えている姿は、ゲームを『つくり』、体現していく、クリエイティブな世界でした。そして皆様の笑顔から、パワーと刺激を沢山いただきました。これからも、夢を実現し、輝き続けてください。

次へ

戻る