プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2009年のパブリシティ


2009年のパブリシティ

新聞、雑誌、サイト等で紹介されたデジタルハリウッド関連の記事を紹介しております。記事の内容は一部抜粋または省略して掲載しておりますので、あらかじめご了承ください。

2009/12/31

産経新聞

「ツイッター議員との今年最後のつぶやき祭り」が28日デジタルハリウッド東京本校で行われ、藤末建三参 議院議員や浅尾慶一郎衆院議員などがツイッターユーザーと討論を交わした。

2009/12/29

和光市長 松本たけひろの「持続可能な革命」日記

和光市市長の松本たけひろさんのブログで2009年12月28日デジタルハリウッド東京本校で行われた「ツイッター議員との今年最後のつぶやき大会」が紹介されました。
http://ameblo.jp/takeyan/entry-10421874851.html

2009/12/29

山本一太の「気分はいつも直滑降」

自民党・山本一太議員のブログで2009年12月28日にデジタルハリウッド東京本校で行われた「ツイッター議員との今年最後のつぶやき大会」が紹介されました。
http://ichita.blog.so-net.ne.jp/2009-12-29

2009/12/28

世耕日記

自民党・世耕弘成議員のブログで2009年12月28日に東京本校で行われた「年末緊急企画ツイッター議員との今年最後のつぶやき祭り」が紹介されました。
http://blog.goo.ne.jp/newseko/e/b920a6f19a4667a3e2288b6b07e58def

2009/12/25

BIG tomorrow

儲けの心理学 ネーミングで売り上げを伸ばすテクニックとは?
認知科学研究所代表取締役、デジタルハリウッド大学教授。匠英一先生が語る。中身が同じでもネーミングで売り上げが変わる。例えばバラ300円と同じバラでも「パリセット」では同じバラでも効果的である。本日のディナーも、「ベイブリッジ展望メニュー」では響きもお客さんが感じる印象も変わってくる。

2009/12/23

日経マーケティングジャーナル

三淵啓自のECの波頭
コンテンツ大国への道 仮想世界、不正コピー阻む

コンテンツ大国を目指してきた日本だが、14兆円にも膨れ上がった市場規模は2006けらマイナスになって来ている。そのポイントをデジタルハリウッド大学院教授三淵啓自氏は3つあげている。

2009/12/23

official site Hirose Kohmi on the web

広瀬香美さんのウェブサイトをデジタルハリウッド大学生が制作しました。
広瀬香美さんの公式ウェブサイトにて、同サイトの告知ページを制作したデジタルハリウッド大学生の飯田祥平さん、後谷栄太さん、峯岸海さんが紹介されました。
http://www.hirose-kohmi.jp/blog/?p=6312

2009/12/22

西日本スポーツ

ホークスサポーターズクラブ トク店情報
「来シーズンには、本田&川崎選手のW50盗塁を達成してほしい」とディレクターの中山勇介さん。ホークスサポーターズクラブトク店情報としてデジタルハリウッド福岡校が取り上げられました。

2009/12/21

マイコミジャーナル(Web)

クリエーターたちが認めた、優れたデザインとアイデアとは?
-Adobe コンテスト
「Adobe Creative Suite 4」のパッケージデザイン(アートワーク部門)ならびに、楽しくてアイデアに満ちたデジタル写真(フォトアイデア部門)を募集したマイコミジャーナル主催のコンテスト「Adobeクリエイティブコンテスト」。フォトアイデア部門の最優秀賞は、i-senseiさんの作品「ルンルンルン♪」。青池氏は、この作品に対して「写真を面白く加工するアイデアではなく、手法にアイデアを求めている作品として選びました」とコメント。部門全体に対して杉山氏は、「デジタルツールを使うテクニックが評価できる作品もありましたが、アイデアという点では目新しくない作品が多かった」とコメントしている。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/12/21/adsin/?rt=na

2009/12/18

マイコミジャーナル(Web)

目標はつぶしの効く人材を育てる事 -デジタルハリウッド学校長・杉山知之-
開港15周年を迎えたデジタルハリウッド。その学校長である杉山知之氏の独占インタビュー。今回は杉山氏が今の時代をどう捉え、どのような人材を生み出そうとしているのかについて話を聞いてみた。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/12/18/dzsg/index.html

2009/12/15

宣伝会議

Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード入賞作品レポート
インターネット上のクリエイティブ表現の可能性を追求し、インターネットの発展を目的に設立され、今年で開催4回目を迎えた「Yahoo! JAPANインターネットアワード2009」。本年度は合計615作品があった。デジタルハリウッド賞は「英語発音マップ」長澤智也氏。

2009/12/15

マイコミジャーナル(Web)

映画『ボルト』のオリジナルCGキャラクターコンテスト結果発表
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、映画『ボルト』のブルーレイ&DVD発売記念イベントにて、デジタルハリウッドの生徒を対象に行った「映画『ボルト』オリジナルCGキャラクターコンテスト」の最優秀賞発表ならびに表彰を行った。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/15/051/?rt=na

2009/12/14

the second times(Web)

弊社CTOが「SIGGRAPH ASIA 2009」で講演を行います
12月18日(金)、パシフィコ横浜で開催される「SIGGRAPH ASIA 2009」のデジタルハリウッド大学・大学院ブースにて、弊社CTOの鎌田卓が講演を行います。約30分程度の講演となりますので、当日来場される予定のある方はぜひお立ち寄りください。
http://www.secondtimes.net/info/20091214_siggraph_cto.html

2009/12/14

COBS×マナビバ(Web)

マーケティングを強化しICT技術を活用した新たなビジネス展開へ!
渡邉真さん(34歳)
KensaKプロジェクト株式会社 常務取締役
大学卒業後、大手出版社など数社勤務。2005年3月にフリーランスのWebディレクターをしながら1年間デジタルハリウッド大学大学院で学ぶ。2007年12月にKensaKプロジェクト株式会社に経営参加、常務取締役就任。
ICTを活用したビジネス力を鍛え、仲間と起業した渡邉さん。
新たなメディアサービスに向けた挑戦が続く――。
http://manabiba.cobs.jp/manabist/00148/experience.html

2009/12/11

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、3D立体映像を制作する実地研修型プロジェクト始動
デジタルハリウッド大学大学院は、21日より、先進的な3D立体コンテンツの創造に向けた人材育成を目的とした特別講座「3D立体映像制作プロジェクト」を開講する。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/11/046/index.html

2009/12/11

マイコミジャーナル(Web)

クリエイター業界最前線。デジタルハリウッド専任講師の小倉イサクさんインタビュー!
デジタルハリウッド専任講師の小倉イサクです。今回は「CG・VFXクリエイターの需要と供給について」紹介していきたいと思います。CG・VFXクリエイターを目指している人は、この業界の採用状況や雇用形態、平均収入などが気になると思います。今回は、その中から「CG・VFXクリエイターの募集・応募状況」についてお話ししたいと思います。
http://journal.mycom.co.jp/column/deziteacher/002/?rt=na

2009/12/10

マイコミジャーナル(Web)

デジタルハリウッド、国際的なCGの祭典「SIGGRAPH ASIA 2009」に出展
デジタルハリウッドは、日本で初めて開催される国際的なCGの祭典「SIGGRAPH ASIA 2009」に出展すると発表した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/10/049/index.html

2009/12/03

銀座新聞ニュース(Web)

中央区でデジタルハリウッドの二階堂忠治と田中千尋が話術セミナー
中央区は2009年12月21日14時から中央区役所の8階大会議室で、二階堂忠春さんと田中千尋さんによる「経営セミナー」を開催する。
http://www.ginzanews.com/headline/5428/?ref=rss

2009/12/03

日本繊維経済新聞

ネットマーケ研究室設立
デジタルハリウッド大学大学院大阪キャンパスは、同校客員教授の塩見正春主宰による「インターネットマーケティング研究室」を11月に設立した。インターネットが持つ創造的な技術や概念と、それに対応した人間の心理・行動を研究対象とし、時代に即したインターネット上の広告・宣伝・販売を中心とした企業・行政などの事例を研究すると共に、企業・行政などに研究結果をフィードバック出来る要素をプランニングしていく実践的な研修組織として活動していく。

2009/12/01

Domini 1月号

両立支援ってどんなものですか?
日本は法律や権利についての教育が足りないけど、子供ができたら無関心ではいられませんと語るは、カフェグローブドットコム代表取締役矢野貴久子さん。将来、より仕事と子育てが両立しやすくなるために必要なのは、今を生きる私たちの姿勢。法律や政治が実は生活に密着しているということを、私達がもっと意識することで社会は変わっていくかもしれません。

2009/12/01

アキバ経済新聞(Web)

GONZO創業者で現・LAMBDA FILM村濱社長ら参加の下、「エアきんぎょすくい」大会開催へ
デジタルハリウッド大学セカンドキャンパス(千代田区外神田3、ダイドーリミテッドビル7階)で12月4日、「DHFes2010第1回コンテンツクロスイベントエア『きんぎょすくい』大会」が開催される。
http://akiba.keizai.biz/headline/1734/

2009/12/01

週刊アスキー(雑誌)

第9回こどもホームページコンテスト表彰式
11月8日にデジタルハリウッド東京本校にて開催された。グランプリは、小学生とは思えない充実のコンテンツがそろった鉄道サイト。準グランプリは交換日記デジタル化したような雰囲気が微笑ましい島根県の小学生。

2009/11/30

文化通信.com(Web)

デジハリ「Twitterビジネスセミナー」開催
日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、ヒットコンテンツ研究室とアンビエントメディア研究室による「業界別連続講座Twitterビジネスセミナー」を、ヒットコンテンツ研究所と共催で全3回にわたって開催。
http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=35868

2009/11/27

マイコミジャーナル(Web)

クリエイター業界最前線
デジタルハリウッド講師が、業界の動向や最新事情について解説していく本コラム。第1回目となる今回は、CGデザイナーとして映画『DEATH NOTE デスノート the Lastname』(2006)や日本テレビ『鉄腕DASH』、ゲーム『デッド・オア・アライブ』など多くの作品に携わってきた小倉イサク講師が「CG・VFXが可能にする仕事」について紹介していきます。
http://journal.mycom.co.jp/column/deziteacher/001/?rt=na

2009/11/26

Japan internet.com(Web)

「2009年 -気になるクチコミとクチコミの法則-」
イベントをデジタルハリウッド大学院大阪キャンパスで開催

デジタルハリウッド大学大学院 大阪キャンパス
『インターネットマーケティング研究室』設立記念イベント第一弾「2009年 -気になるクチコミとクチコミの法則-」
日時:2009年12月15日(火)19:00~21:00
会場:デジタルハリウッド大学大学院大阪キャンパス(大阪市北区)
内容:2009年にはどの様なクチコミが発生し、どの様な法則があったのでしょうか?
またクチコミを活用した販売促進にはどの様なポイントがあるのでしょうか?
また、クチコミを活用してモノを販売促進していくには、どの様なポイントがあるのだろうか?
などなど、クチコミが発生する条件や状況などを、2009年の気になる事例も交えて、発表します。
http://japan.internet.com/release/47102.html

2009/11/25

マイコミジャーナル(Web)

広瀬香美×デジタルハリウッド、広瀬の最新楽曲のイメージ映像を制作
デジタルハリウッドでは、「ビバ☆秋葉原」、「ビバ☆ダイエット」に続き、シンガーソングライター広瀬香美の最新楽曲「ビバ☆オリンピック」のイメージ動画制作を行った。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/25/058/index.html

2009/11/24

anime.anime.jp(Web)

デジハリ祭クロスイベントに村濱章司、橋本立郎、Shuzilow.HA各氏
コンテンツクリエイター教育を行うデジタルハリウッド大学は、2005年の設立時から毎年、大学祭「デジハリ祭」を開催している。デジハリ祭のゲストには、エンタテインメント業界を中心にアニメをはじめ様々な分野からクリエイター、業界人を招いている。
そのデジタルハリウッド大学学祭実行委員会(DHFes2010)は、12月4日にコンテンツクロスイベントとして、アニメプロデューサーの村濱章司さん、橋本立郎さん、Shuzilow.HAさんをゲストに招いたゲーム大会とトークショーを開催する。
http://animeanime.jp/news/archives/2009/11/shuzilowha.html

2009/11/23

映像新聞

3D映像制作の研修講座を開講
デジタルハリウッド大学大学院は、12月21日に「3D立体映像は制作プロジェクト」を開講する。同プロジェクトはプロジェクトは、立体映像は基本的な原理原則から仕組み、心理、生理学的な側面を勉強することが出来る。

2009/11/23

日経マーケティングジャーナル

ツイッター販促 「リアル」で勝つ
ネット上で140字以内のつぶやきをやり取りするサービス「Twitter」リアルタイムで情報し始めた。キーワードは「リアル」です。

2009/11/19

internet watch(Web)、BB watch(Web)

ヤフー、「インターネット クリエイティブアワード2009」発表
ヤフーは18日、「Yahoo! JAPAN インターネットクリエイティブアワード2009」の贈賞式を都内で開催した。一般の部のグランプリは「Blogopolis」、企業の部のグランプリは「どこでもラスガイ」が受賞した。1次審査や最終審査を経て21作品が受賞した。賞は「一般の部」「企業の部」にて「グランプリ」のほか、それぞれの部の「ウェブコンテンツ部門」と「バナー部門」において、「Gold」「Silver」「Bronze」を設定。このほか2009年に新設した特別賞として、「Creative Hack賞」「Sliverlight賞」「デジタルハリウッド賞」の3賞がある。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091118_329881.html
http://bb.watch.impress.co.jp/docs/news/20091118_329878.html

2009/11/18

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ卒業生が考案したmixiアプリ「マイミク適職診断」
デジタルハリウッド大学大学院の修了生が中心となり設立した「みらいFACTORY」は、日本最大級のSNS「mixi」が提供する「mixiアプリ」の「マイミク適職診断」を開発した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/18/024/index.html?rt=na

2009/11/18

マイコミジャーナル(Web)

Twitterなど、ソーシャルメディアの将来を考える特別セミナー開催
デジタルハリウッド大学大学院は、同校のインターネットマーケティング研究室主催の特別セミナー「2010年に向けて、ソーシャルメディアは、どの様に変わっていくのか?」を11月25日に開催する。会場は大阪キャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/18/025/?rt=na

2009/11/16

マイコミジャーナル(Web)

必要以上!?のビジネス英語マスター術
11月14日にデジタルハリウッド大学大学院秋葉原メインキャンパスにおいて行われた「オバマ・スピーチに学ぶ「戦略的話術」~ビジネスシーンで聞き手を惹き付ける、実践心理学NLPプレゼンテーションの極意~」という公開セミナーに参加したので報告しよう。
http://journal.mycom.co.jp/column/bizenglish/021/?rt=na

2009/11/11

はてなブックマークニュース(Web)

デジタル・アートと呼ばれるジャンルの作品を紹介するNHKBS2の番組「デジタル・スタジアム」。
以前ネットで話題になった谷口崇さんのシュールなアニメ『森の安藤』なども放送されたこの番組で、今年6月13日の放送で入選した動画が注目を集めています。
http://b.hatena.ne.jp/articles/200911/564

2009/11/11

毎日jp(Web)

第15回 大人のダイエットソング 後編
さて、イメージ動画ですが、「制作期間約3日間」という過酷なスケジュールの中、デジタルハリウッドの学生、青木絵利さんが不眠不休で制作してくださいました。作品のモチーフは、私が描く「生微笑くん」。とっても可愛い、元気が出る作品を完成させてくれました。青木絵利さん、ありがとう!
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20091105mog00m200001000c.html

2009/11/11

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ学校長の人気講義「デジタルメディア概論」公開セミナー開催
デジタルハリウッドは、同校学校長である杉山知之氏が教鞭を執る人気講義「デジタルメディア概論」の特別公開セミナーを開催する。開催日は11月15日、会場はデジタルハリウッド東京本校。受講は無料だが事前の申し込みが必要だ。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/11/028/index.html?rt=na

2009/11/09

Inter Bee online(Web)

マイケル・ジャクソン ドキュメンタリー映画「THIS IS IT」のVFXを日本人クリエイターが担当!!
平野淳司さんへインタビュー
http://www.inter-bee.com/ja/magazine/detail_column.html?id=408&lang=ja

2009/11/08

Navicon(Web)

Twitterから生まれた広瀬香美のビバ☆シリーズ 第3弾がYouTubeで公開中
“ビバ☆シリーズ”の第3弾となる「ビバ☆ダイエット」は、タイトル通りダイエットをテーマにしたナンバー。10月29日に公開されたミュージック・クリップでは、前作「ビバ☆秋葉原」に引き続きクリエイター養成期間のデジタルハリウッドとのコラボが実現し、広瀬香美がTwitter上で書き下ろしたキャラクター“生微笑くん(なまほほえみくん)”をモチーフにデジタルハリウッドの生徒が作成した動画の中から1本が選ばれた。
http://navicon.jp/news/5834/

2009/11/07

CNET Japan(Web)

「サイバー特区」とセカンドライフ
総務省が2年間で20億の予算を組んで執行される「サイバー特区」、地方都市等でよく行われる「特区」をインターネットに持ち込んだ新しい試みだ。
その中の一環でサイバースペースを使って行われるコンテンツの流通を整備するプロジェクトがスタートする。

プロジェクト管理
株式会社博報堂 デジタルハリウッド大学院 株式会社インプレスホールディングス

研究調査
デジタルハリウッド大学院 セカンドライフ研究室 ヒットコンテンツ研究室
明治大学
http://japan.cnet.com/blog/sl_music/2009/11/07/entry_27035301/

2009/11/07

週刊ダイヤモンド(雑誌)

“言語の統一”を第一に掲げて結果の出るウェブコンサルティングで成長
企業がインターネットを活用するのが当たり前になった今ウェブサイトの制作や運用コンサルティングを手がける企業は数多く存在する。クリエイティブホープ社長大前創希。大前さんは下積み時代ウェブコンテンツのクリエーターを養成するデジタルハリウッドに入学ウェブコンテンツ制作の技能を高めた。昔は何でもやらないと気がすまない性格から、社員が一気に半分いなくなってしまうというピンチもあった。俯瞰して会社を見るように出来るようになった。と語る。

2009/11/06

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、広瀬香美の新曲「ビバ☆ダイエット」のイメージ動画制作
デジタルハリウッドでは、広瀬香美の楽曲「ビバ☆秋葉原」のイメージ画像制作に引き続き、最新楽曲「ビバ☆ダイエット」のイメージ動画制作を行った。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/06/043/index.html

2009/11/06

毎日新聞

広瀬香美:日本人初!ツイッターを使った単独コンサートを開催 観客募集も「つぶやき」で
なお、広瀬さんのツイッター上のフォロワーは、始めて3カ月で12万人に迫ろうとする勢いで、ツイッター上で「ビバ☆秋葉原」や「ビバ☆ダイエット」などの新曲も発表。「ビバ☆ダイエット」のイメージ動画は、広瀬さん直筆のキャラクター「なまほほえみ君くん」を素材として制作したデジタルハリウッド(東京都千代田区)のオンラインスクール卒業生の青木絵利(アオキエリ)さんの作品が選ばれた。
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20091105mog00m200001000c.html

2009/11/05

日経キャリアネット(Web)

人と人とをつなぐことを通じて社会や環境をより良くしていきたい
デジタルハリウッド大学大学院産学官連携センターマネージャー 加藤孝信。

「実践的産学協同」をコンセプトにするデジタルハリウッド。加藤孝信氏はデジタルハリウッド大学大学院の産学官連携センターのマネージャーとして、大学と企業、地方自治体、官公庁をつなぐ窓口の役割を担っている。
http://career.nikkei.co.jp/contents/interview/086/

2009/11/04

マイコミジャーナル(Web)

次世代クリエイター's VOICE
映画『エレクトロニックガール』監督&主演が語る、低予算ならではのCG表現

デジタルハリウッドでは、3D Studio MAX 総合Proコース(現 総合Proコース CGクリエイター専攻)を受講した松田監督。同校に対してどんな印象を持っているのだろうか。
「今回の映画制作で、CG制作を手伝ってくれたのはデジハリ卒業生でしたし、デジタルハリウッドに宣伝協力をしてもらおう!と言ってくれたのも、私がここでTA(授業のティーチングアシスタント)をしていたときのスタッフの方でした。デジタルハリウッドは、生徒が何か意見を持っていくと、それに対し親身になって考えてくれますし、現役生だけでなく、卒業生に対しても協力を惜しまない学校だと思います」
http://journal.mycom.co.jp/column/dezicreator/001/?rt=na

2009/11/04

マイコミジャーナル(Web)

クリエイター以外にもデジタルコミュニケーションのスキルを
デジタルハリウッド学校長・杉山知之氏インタビューを行いました。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/11/04/dezisugi/index.html

2009/11/02

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、オバマ大統領の巧みな話術から「戦略的話術」を学ぶセミナー開催
デジタルハリウッド大学大学院は、アメリカの大統領バラク・オバマ氏の初来日特別企画としてセミナー『オバマ・スピーチに学ぶ「戦略的話術」~ビジネスシーンで聞き手を惹き付ける、実践心理学NLPプレゼンテーションの極意~』を11月14日に開催する。会場は秋葉原メインキャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/02/020/index.html

2009/10/31

日本経済新聞(新聞)

仮想空間の著作権管理
インターネット上の仮想空間で画像などの著作物を使用する場合のルール作りが日本で始まる。法務省の後押しを受けて実験は博報堂などが始める。「ICT利活用ルール整備促進事業」の一環。博報堂、デジタルハリウッド大学大学院などが調査研究プロジェクトを立ち上げた。セカンドライフ、ミートミー、スプリュームなどの仮想空間で来年1月まで実施する。

2009/10/29

Autodesk(Web)

デジタルハリウッド×ポリゴンピクチュアズ×セガサミービジュアルエンターテイメント現役講師、クリエーターが語る、教育版、学生版の魅力
小倉以索先生のインタビューが掲載されました。プロフィール:デジタルハリウッド専任講師及び、大学・大学院兼任講師を務める。指導作品を 07SIGGRAPH エレクトロニックシアター、DCC 金の翼、銀の翼賞など多数入選させている CG 教育のプロ。
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/item?siteID=1169823&id=14456003

2009/10/25

毎日新聞

親子の日をテーマに学生が制作 ポストカード・デザインコンテスト入賞者決定!
IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール「デジタルハリウッド」は「ポストカードを通じて、親子の日を応援しよう」と呼びかけ、ポストカード・デザインコンテストを実施した。ポストカードのタイトルは「親子フィーバー」。9月に行われた親子の日普及委員会による選考会で、小嶋文子さんのデザインが入賞作品に選ばれた。

2009/10/24

Fuji Sankei Business i(Web)

21世紀の大学力 デジタルハリウッド大学 杉山知之学長 コンテンツ産業を牽引
-デジタルハリウッド大学の特色は-
「国際化という面では、世界15ヶ国から留学生を受け入れ、海外留学プログラムも充実。4年間で国際的な環境を体験させるようにしています。また、学び方を学ぶ「アクティブラーニング」科目も特徴的。どの産業でもデジタルコンテンツは不可欠であるため、さまざまな産業で十分通用する人材育成が出来ると思います。」

-スクールから大学開設までの経緯、両校の違いとは-
「94年は、デジタル技術の黎明(れいめい)期にあたり、コンテンツをつくる優秀な人材が絶対に必要になる、という信念のもと、専門スクールを開設しました。新しい分野の“開拓者”として、いい意味で混乱の中教育を行ってきて、方向性が見えてくると、今度は企画やプロデュースを行う人材の必要性が出てきました。そこで大学院大学をつくったのです。さらに、コンテンツ産業の国際化を踏まえ、英語によるコミュニケーション能力を鍛えるとともに、深いデジタル表現を支える教養を身に付けさせるためには、四年制大学が最適と考えました」
http://www.business-i.jp/news/culture-page/news/200910240002a.nwc

2009/10/23

マイコミジャーナル(Web)

日本におけるCG業界の夜明け -デジハリ開校15年の歴史に迫る-
杉山氏はデジタルハリウッドを開校する前、デジタルメディア研究において世界でトップクラスのアメリカ・マサチューセッツ工科大学メディア研究所(米国MITメディアラボ)で研究員をしていた。1990年前後、このメディアラボの日本版をつくろうという話が持ち上がったが、計画を実行に移す段階になってバブル経済が崩壊、その話が頓挫してしまう。しかし、日本に戻った杉山氏はメディアラボで見てきた最先端技術を活かしたいと考え、仲間とともにCGプロダクションを立ち上げ、VR(仮想現実)の研究開発などを始める。その当時を杉山氏はこう振り返る。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/10/23/dezihari15/?rt=na

2009/10/21

THE SECOND TIMES(Web)

リンデンラボのプラットフォーム技術責任者Joe Miller氏が来日、デジハリで講演会開催
セカンドライフを運営する米リンデンラボ社のプラットフォーム技術責任者である「Joe Linden」ことJoe Miller氏が来日し、10月26日にデジタルハリウッド大学にて講演を行う(講演は全て英語)。一般の参加も20名程度受け付けるとのこと。
http://www.secondtimes.net/news/japan/20090924_joelinden.html

2009/10/20

Fuji Sankei Business i(Web)

デジタルハリウッド社長 古賀鉄也さんインタビュー
-10月で創立15周年。これまでを振り返ると- 「当初は私塾のクリエーター養成学校としてスタートし、卒業生は4万人を超えた。そのネットワークは業界に浸透しており、国内で制作される映画、ゲームなどデジタルコンテンツに卒業生は関わっていない作品はないといえるほどだ。その技術的評価も高く、コンピューターグラフィックス(CG)を使った特殊効果による映画製作では、米ハリウッドの10分の1強のコストで高品質な作品を作れる。この技術力をもっとアピールすべきだ」
-今後の展開-
「海外進出を検討している。アジアから海外展開を図りたい。クリエーターの育成海外展開も」
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200910220012a.nwc

2009/10/13

Gigazine(Web)

美人主婦にアニメキャラクターなどを弁当にする「キャラ弁」を目の前で作ってもらいました
実は日本人が学生や社会人に作って持たせる「お弁当」はかなり凝っており、世界中でこれだけのクオリティの弁当を毎日作り続ける文化はあまりありません。そして、凝ったお弁当のある意味で頂点とも言えるのがこの「キャラ弁」です。
今回のイベントはキャラ弁のiPhoneアプリと、その監修を行ったムクさんによるもので、渋谷にあるデジハリで行われました。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091013_charaben/

2009/10/09

マイコミジャーナル(Web)

現役デジハリ学生が広瀬香美の新曲「ビバ☆秋葉原」のイメージ画像を制作
デジタルハリウッドの大学生ならびに大学院生は、シンガーソングライター・広瀬香美の最新楽曲「ビバ☆秋葉原」の楽曲イメージ画像制作を行った。デジタルハリウッド大学生やデジタルハリウッド大学院生、計12名の作品が集まったという。それらの作品を広瀬本人が選考を行った結果、デジタルハリウッド大学4年生の本田裕実子さんの作品が選ばれた。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/10/09/049/

2009/10/05

CNET Japan(Web)

サンリオら5社、サイネージ事業で提携--プリクラに次ぐ集客モデルを展開
サンリオエンターテイメント(サンリオ)とデジタルハリウッド大学大学院、イノベーションアーティスツ、しくみデザイン、日立製作所の5社は10月2日、共同でデジタルサイネージ事業「てれびあそび」を開始すると発表した。同日、サンリオピューロランドで説明会が開催された。サンリオのキャラクターと各社の技術を融合し、ユーザーと双方向のコミュニケーションを図る「モニターエンターテイメント」事業として新たに展開する。
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20401075,00.htm

2009/10/05

梅田経済新聞(Web)

メビック扇町「この街のクリエイター博覧会4」始まる-市内各所にも会場広げ
扇町インキュベーションプラザ(通称=メビック扇町、北区南扇町6)で10月2日、クリエーターのための情報発信型イベント「この街のクリエイター博覧会4」が始まった。クリエーター同士のネットワーク、自己発信、人材育成をテーマに2007年から開催されている同イベント。4回目となる今回は北区のみならず大阪市内全域で活動する約30団体が参加し、セミナーや展示会、ワークショップなど62の催しを企画する。会場は同施設のほか、デジタルハリウッド大阪大学院大阪サテライトキャンパス(西天満6)、ライブスペース「中津Vi-Code」(中津3)、村上紙器工業所(西成区)など。
http://umeda.keizai.biz/headline/600/

2009/10/01

月刊文化通信 11月号

デジタルハリウッド大学学長 工学博士 杉山知之
卒業生達とフルCGアニメーションを作りたい
今後の展開・新しい構想
-02年に「デジタルハリウッド・パートナーズ」を組織されてますが、今後更なる展開は考えておられますか?
「プロジェクトは是非立ち上げたいと思っています。会社じゃなくて、僕らも携わる一員になって、卒業生達が主に活躍している会社さんたちと、ひとつのチームにしてフルCGアニメにトライするとか、それはやる気はありますよね。なぜかというとひとつの夢だったんですよ。いつか卒業生2000人くらいでフルCGアニメを作れるようになりたいと。」

2009/10/01

Business Media誠(Web)

1年間の通学経験が人生のパラダイムシフトになった
ソニーグローバルソリューションズに勤める菊地成人さんは、デジタルハリウッド大学院で、マネジメントやICTプロデュースなどを中心に学んだ卒業生だ。 大学、大学院では工学を学び、大手ビールメーカーに就職。技術職に就いたが、就職4年目からビジネススクールに通い始めた。ビジネススクールではファイナンスやマーケティングなどの授業を履修。その後、2回の転職を経て、現在はソニーグローバルソリューションズに入社。IT戦略、システム導入などITコンサルティング業務を中心に行っている。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0910/01/news006.html

2009/10/01

多摩ニュータウンタイムズ
中学生の体験取材

9月17日(木)・18日(金)の2日間、八王子市立松が谷中学校の2年生3名が当社にて職場体験を行った。
1日目は「デジタルハリウッド大学」(杉山知之学長)八王子制作スタジオを訪問し記者として取材し、校内の施設やPCで3DCGを制作する様子を見学。スタッフの方や大学生へのインタビューも行った。
http://www.tamatimes.co.jp/article/6633

2009/09/29

マイコミジャーナル(Web)

現役学生が手掛けた公式サイトオープン -「お茶の水アートピクニック」
デジタルハリウッドの生徒は、実践力トレーニングOJTの一環として、アートイベント「お茶の水アートピクニック」の公式Webサイト制作を行った。お茶の水アートピクニックは、文化芸術に関する豊かな資源を有する「文化芸術のまち・お茶の水」の街づくりビジョンの一環として開催するアートイベントとなっている。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/29/028/?rt=na

2009/09/28

コンテンツ学会 公式サイト(Web)

手塚治虫80周年記念シリーズ研究会のご案内
コンテンツ学会ではデジタルハリウッド大学において10/5(月)から「手塚治虫80周年記念シリーズ」研究会を開催することになりました。

・10/5(月)13時~14時30分
「あの名作が現代によみがえる ハリウッド版映画「ATOM」のすべて」 講師:マリアン・ガーガー(製作)/フランシス・カオ(製作総指揮)

・10/14(水)19時~21時 マンガ編
「メディア対手塚治虫 ~先駆者はメディアといかに闘い、いかに利用したか?~」
講師:中野晴行
(マンガ産業アナリスト/京都精華大学マンガ学部客員教授)

・10/26(月)19時~21時 歴史編
「手塚治虫と私」
講師:辻真先
(脚本家/デジタルハリウッド大学客員教授)
http://www.contents-gakkai.org/?p=146

2009/09/26

Web担当者Forum(Web)

モニターエンターティメント サンリオ×デジハリ
今後一兆円市場への成長が期待されるデジタルサイネージですが、「楽しみ」のあるエンターテイメントコンテンツで興味を惹くことができるかが今後の市場成長の鍵となってきます。今春実施したサンリオピューロランドでのコンテンツ事例やデモンストレーションを含めて、今後のデジタルサイネージの可能性をご紹介致します。

デジハリ×サンリオエンターテイメント共催セミナー
『エンターテイメント化するデジタルサイネージ』開催
日時:10月2日(金)16:00~19:30
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/14/043/index.html

2009/09/16

マイコミジャーナル(Web)

ハリウッドの最先端技術など、"デジタルの今"を伝えるイベント開催
デジタルハリウッドは、"デジタルの今"を伝えるイベント「DIGITAL STREAM2009」をデジタルハリウッド福岡校にて開催する。開催日は9月27日。数々の実績をもつ卒業生が制作したクリエイティブ作品を、さまざまな切り口で紹介し、優秀作品を決める「クリエイティブコレクション」や、映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』(2006)でCGを手掛けたCGクリエイター・小倉以索をゲストに招き、世界最高峰のCG・VFXテクニックを紹介する「SIGGRAPH REPORT」、杉山知之学校長の特別公開セミナー「デジタルメディア概論」の全3部構成となっている。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/16/006/?rt=na

2009/09/15

天神経済新聞(Web)

デジハリ福岡校でイベント-CGイベント「SIGGRAPH」レポート発表も
デジタルコンテンツの人材育成スクール「デジタルハリウッド福岡校」(福岡市中央区天神1)は9月27日、イムズホール(天神1)でイベント「DIGITAL STREAM2009」を開催する
http://tenjin.keizai.biz/headline/photo/2209/

2009/09/14

マイコミジャーナル(Web)

現役学生が映画『バタフライ・エフェクト3』の公式サイトを制作
デジタルハリウッドは、同校で実施しているOJTの一環として、10月17日公開の映画『バタフライ・エフェクト3~最後の選択~』の公式Webサイト制作を行った。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/14/043/index.html

2009/09/11

マイコミジャーナル(Web)

600万円だけで映画を作る方法とは? -『エレクトロニックガール』製作秘話
デジタルハリウッド卒業生の松田圭太監督は、自身で監督・脚本・VFXを務めた映画『エレクトロニックガール』の劇場公開記念セミナー「~サラリーマンから映画監督への転身秘話、小規模&低予算での映画製作のコツ~」を、デジタルハリウッド東京本校にて開催した。

2009/09/11

毎日jp(Web)

デジタルハリウッド大学大学院:出前講師 IT教え地域活性へ
ITを使った地域活性化をサポートするプロジェクトを、専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(東京都千代田区)が提供している。自治体の依頼に応じてウェブ制作やIT関連の事業に詳しい講師を派遣し、地域の人材育成を支援する。ウェブコンサルティングを手がけるコンテクスト(渋谷区、呉京樹社長)、人材サービスのクレディコム(同、小宮謙一社長)との産学連携で9月から本格化した。
http://mainichi.jp/life/electronics/news/20090911mog00m100026000c.html

2009/09/10

マイコミジャーナル(Web)

映画『ホッタラケの島』のプロデューサーが語る、フルCG映画制作の裏側
デジタルハリウッド大学は、特別講義「映画『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』プロデューサー&演出担当が語る日本発フルCGアニメーションの挑戦」をデジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパスにて開催する。開催日は10月1日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/10/070/

2009/09/08

日刊工業新聞

産学連携で地方活性化
デジタルハリウッド大学大学院は9月から、コンテンツ制作などインターネットビジネス関連で地方を活性化する産学プロジェクトを立ち上げる。地域のウェブ制作現場で訓練を受けた人材を、都市部の企業などと連携させる仕組み作りを行う。

2009/09/11

日経マーケティングジャーナル

地方のIT人材育成
デジタルハリウッド大学大学院はIT関連企業と組み、地方でウェブサイトやデジタルコンテンツ制作を担う人材育成・業務支援を始める。デジハリが組んだのは、企業研修などをてがけるクレディコムとクリエーターと企業のマッチング事業などのコンテクスト。

2009/09/11

マイコミジャーナル(Web)

Illustrator&Photoshopを用いたWebデザインを初歩から学べる書籍発売
デジタルハリウッドは、同校の授業内容を書籍化したデジハリデザインスクールシリーズの「グラフィックデザインIllustrator&Photoshop CS4対応」と「Webデザイン Illustrator&Photoshop CS4対応」の2冊を発売した。価格はグラフィックデザインが3,990円、Webデザインが2,940円。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/09/01/070/?rt=na

2009/08/28

マイコミジャーナル(Web)

海外プロダクションで活躍する日本人CGクリエイターが語るCG制作最新事情
デジタルハリウッドは、同校の卒業生で、ドイツのCGプロダクションに所属するCGクリエイター・清水雄太を招き、特別講義「海外CGプロダクション最新ワークフロー&就職事情」を開催する。開催日は9月5日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/28/046/?rt=na

2009/08/28

日刊工業新聞

日立など4社と連携
日本初の株式会社立の専門職大学院であるデジタルハリウッド大学院は、サンリオエンターテイメントや日立製作所など4社と「デジタルサイネージ」事業で提携、制作の実用化に動き出した。

2009/08/27

マイコミジャーナル(Web)

映画監督&プロデューサーが語る、映画における音楽の重要性とは
デジタルハリウッド大学は、映画『MW-ムウ-』の岩本仁志監督と松橋真三プロデューサーを招き、特別講義「手塚治虫生誕80周年記念映画『MW-ムウ-』の監督・プロデューサーが語る製作誕生秘話」を開催した。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/08/27/mwdezi/?rt=na

2009/08/27

マイコミジャーナル(Web)

Webデザイナー注目の講義「クリエイティブを極めるためのデザイナー魂」
デジタルハリウッドは、社団法人JWDA会長・中川直樹による公開セミナー「クリエイティブを極めるためのデザイナー魂」をデジタルハリウッド渋谷校にて開催する。開催日は9月10日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/27/049/?rt=na

2009/08/26

読売新聞

斬新な電子工作交流
快適な生活空間を手作りする「DIY」の精神で作った電子工作などを持ち寄り、愛好家が交流する催しが注目を集めている。5月に東京八王子市のデジタルハリウッド大学の施設で開かれた「Make:Tokyo Meeting 03」。3回目の今回は大学チーム7組を含む計90組が出展し、全国から過去最大の約2,100人が詰めかけた。

2009/08/24

日刊工業新聞

裁判員裁判支える医学CG
今夏スタートした裁判員裁判が目指すのは「見て、聞いて、分かる」審理。コンピューターグラフィックス技術を駆使した画像の制作で、この歴史的な大改革に名を刻んだ。多忙な学業と両立しつつ、若い医学生が医学と映像を結ぶ世界を切り開いた。瀬尾拡史さん。日本に医学専門のクリエーター養成機関はなく、大学2年時にデジタルハリウッド専門スクールでCGを学んだ。

2009/08/17

ファインドスター 広告ニュース(Web)

「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2009」開催
Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2009」の作品募集が、1日より始まった。
Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワードは、インターネットと広告の発展を目的に2006年から毎年開催、今年で4回目。
今年は特別賞として、Web上で公開されているAPIかそれに類するweb上で提供する各種サービスを活用した作品が対象の「Creative Hack賞」、Microsoft Silverlightを使用した作品を対象とする「Silverlight賞」、一般の部で25歳以下による作品が対象の「デジタルハリウッド賞」を設けた。
一般の部グランプリの1作品には賞金100万円が贈られる。
http://www.findstar.co.jp/news/syosai.php?s=200212

2009/08/17

八王子経済新聞(Web)

災害時の避難生活を体験−八王子で「防災キャンプ&フォーラム」開催へ
デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオ(八王子市松が谷)で9月5日、「防災キャンプ&フォーラム」が開催される。主催は夢あるまちづくり協議会。
http://hachioji.keizai.biz/headline/353/

2009/08/14

マイコミジャーナル(Web)

主演・小泉麻耶も登場、映画『エレクトロニックガール』公開記念セミナー
デジタルハリウッドは、同校の卒業生である松田圭太氏が監督・脚本・VFXを行った映画『エレクトロニックガール』の劇場公開記念セミナー「〜サラリーマンから映画監督への転身秘話、小規模&低予算での映画製作のコツ〜」を、デジタルハリウッド東京本校にて開催する。開催日は8月28日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/14/027/?rt=na

2009/08/14

マイコミジャーナル(Web)

大ヒット映画『ROOKIES-卒業-』のプロデューサーが語る、制作の裏側とは
デジタルハリウッド大学は、映画『ROOKIES-卒業-』の企画・プロデュースを担当した石丸彰彦氏を招き、「映画『ROOKIES-卒業-』〜あの映画はこうして生まれた〜プロデューサーが語る製作誕生秘話! 」と題した特別講義を秋葉原メインキャンパスにて開催する。開催日は8月26日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/08/13/035/?rt=na

2009/08/11

Web担当者Forum(Web)

デジハリ大学院関西デジタルコンテンツ事業協同組合がTwitterセミナー9月3日大阪で
デジタルハリウッド大学院の関西デジタルコンテンツ事業協同組合は、企業向けセミナー「Twitterって、今いち解らないという人も、今なら間にあう、企業のTwitter戦略的活用セミナー」を9月3日夜、大阪市北区のデジタルハリウッド大阪校で開く。
http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2009/08/11/6311

2009/08/08

SANKEI EXPRESS

忠義描いた国際的作品に
デジタルハリウッド大学は27日、日本のポップカルチャーに興味を持つ外国人を対象にしたサマープログラムを開催する。マンガやアニメ、キャラクタービジネスをテーマに、講義と学外の体験授業を行う。大学の認知度を高め、留学生獲得につなげる。

2009/08/06

マイコミジャーナル

「Flash」を初歩から学べる書籍「Webデザイン FLASH CS4対応」発売
デジタルハリウッドは、同社の授業内容を書籍化した「Webデザイン FLASH CS4対応」を発売した。全ページフルカラー、368ページ。価格は3,675円。

2009/08/03

Leaders(Web)

今後のヴィジョンや、学生たち若い世代に求めるものはなんでしょうか
杉山知之学長にインタビュー。
日本の若い人たちにある圧倒的なアドバンテージっていうのは世界からみれば、育ちがすごく恵まれてる事なんですよ。生まれた時から、マンガやゲーム、ファッションといったありとあらゆる文化的なものに恵まれています。こういったものは一見するとサブカルチャーと言われて、良いものと思われないことが多いのですが、実は21世紀の今現在においては、サブカルチャーと言われてきたものがメインカルチャーなんだっていう事がわかってきているんです。ファッションにおいてもヨーロッパの人に影響を与えているし、オタクって言ってもずい分メインな話なんだと思います。要するに、(こういった文化の)本場にいるわけです。
http://gyoukaijin.aleaders.jp/e2433.html

2009/08/03

週刊トラベルジャーナル

デジタルハリウッド大学との連携
旅行形態やITの普及によるビジネスモデルの変化、また宿泊産業における経営と所有の所有の分離がすすむなど、観光産業全体で経営環境の劇的な変化が進む中、大学教育も今や改革の時代を迎えた。日本初の株式会社大学デジタルハリウッド大学は産学連携による地域振興への取り組みを実践している。CG、アニメーション、映像などデジタルコンテンツに新しい可能性を追求する。
エンターテイメントはもともと、人をもてなし、喜ばせ、感動させるもの。そういった要素がなければ人は振り向いてくれないと語るのは同大学産学官連携センターの矢野浩司先生と樋口淳先生だ。

2009/07/27

アニメニュース Japanimate.com(Web)

デジタルハリウッド大学は27日、日本のポップカルチャーに興味を持つ外国人を対象にしたサマープログラムを開催する。マンガやアニメ、キャラクタービジネスをテーマに、講義と学外の体験授業を行う。大学の認知度を高め、留学生獲得につなげる。
http://japanimate.com/Entry/1062/

2009/07/27

日経マーケティングジャーナル

外国人対象に夏季プログラム
デジタルハリウッド大学は27日、日本のポップカルチャーに興味を持つ外国人を対象にしたサマープログラムを開催する。サマープログラムは8月7日まで。初日の27日はオリエンテーションとして秋葉原ツアーを予定しており、日本人しか知らないような場所を案内すると同大学は語る。

2009/07/16

日本経済新聞

購入したい色 若年層に暖色志向
若年層を中心に赤や黄色など暖色系の明るい色を使おうという志向が見られている。色彩マーケティングに詳しい南雲治嘉・デジタルハリウッド大学教授は「不透明な現状を元気の出る色で打破したいをいう気分が若年層にあらわれているのではないか」と見てる。

2009/07/15

日経マーケティングジャーナル

軽衣料、若者は男色も好き
不透明な時代が長く続いている反動か、明るく元気の出る暖色系の色を使おうという志向が、若年層を中心に出ている。そして、若年層、20代の男性にシャツや、車にピンクなどを使いたいと答えた人が増えている。デジタルハリウッド大学、南雲治嘉教授はこう語る「現状打破の気分に加え、若年層では男女の感性の差が縮まり、男性でも女性的な色を使いに抵抗が薄くなっている。

2009/07/14

週刊シネママガジン(Web)

「MWームウー」松橋プロデューサー「常に出資者との戦いだった」
7月13日「MW−ムウー」の岩本監督と松橋プロデューサーが秋葉原のデジタルハリウッド大学で特別講義を行った。映像作家を目指す生徒たちの前での講義だったため、監督もプロデューサーも包み隠さず制作の裏事情について語った。最初と最後のシーンだけお金をかけているがそれ以外のシーンは自主製作映画のように証明なしで撮影していること。CGはお金がかかるため使用できず、実際ビルに人を吊るしたりした。
日本人は低予算でハイクオリティーな作品が作れることを証明した。
http://cinema-magazine.com/program/blog/?blogid=1865

2009/07/11

Cool JAPAN(Web)

Cool JAPANのデザインをデジタルハリウッド大学のアニメーションサークル「PAN」が担当
そして、ページのキャラクターを描いたのは「PAN」の代表濱田さんです。
濱田さんいわく、今回のキャラクターは「KAWAII」をイメージして、あえて大人の女の人ではなく、子供のキャラクターを描きました。サークルのメンバーと話し合い、何度もキャラクターのイメージを打ち合わせしたそうです。
http://cooljapan.aleaders.jp/d2009-07-11.html

2009/07/09

夕刊フジ

「NARUTO」「銀魂」のアニメプロデューサーが語る!テレビアニメ制作の舞台裏
6月11日テレビ東京プロデューサー東不可止さんがデジタルハリウッド大学で特別講義を行った。東不可止さん「テレビは今映像の安全性を第一に考えている」と語る。1997年の「ポケモンパカパカ事件」。実はお詫びの文章を書いたのは当時営業担当だった東さんだった。それもきっかけで東さんはアニメのプロデューサーになった。「NARUTO」は放送7年目、「銀魂」は放送4年目、「銀魂」原作では放送禁止用語が多いため「ピー音」で対処している。
番組抗議に対して東さんは、「ずっと痛いと感じていると、痛みを感じなくなる」と語っている。

2009/07/06

日本繊維新聞

クールジャパンを発信 国内外の外国人に英語で
TKコンサルティングとデジタルハリウッド大学の学生が協力して、アパレルファッションブログポータルサイト「リーダーズ」上に「クールジャパン」ブログを開設した。「クールジャパン」ブログと同時に世界的に注目されているキーワード「かわいい」にスポットを当てた「かわいいブログ」も運営する。

2009/07/03

読売新聞

八王子市封筒でPR
八王子市は今月中旬から、市の封筒のデザインを一新する。公募の中から、デジタルハリウッド大学4年生の加藤芳之さんのデザインが採用された。加藤さんは「多くの人に使われる責任を感じている。作品が選ばれてうれしい」と話している。

2009/07/02

東京新聞

高尾山をデザイン 八王子市が新封筒
八王子市は7月中旬から、郵便物に使用する公用封筒のデザインを、高尾山のデザインをあしらった封筒に一新する。新しいデザインはデジタルハリウッド大学4年生加藤芳之さんの作品。

2009/07/02

PHP 8月増刊号

デザイン術で悩みをスパッと解決
日々の暮らしの中で「また買いすぎた」、「着る服が決まらない」など後悔したり、迷ったりしてはいませんでしょうか?と語るのはデジタルハリウッド大学教授南雲治嘉先生。これまでにない、新しい「デザイン術」を提案しています。「そもそもデザイナーはクライアントからの要望を聞き、どうすればその問題を解決できるのかを考えて手段を導き出し、それをかたちにするのが仕事です。
つまりややこしい問題を順序立てて解きほぐし一番良い答えを出す問題方法なのです。と南雲先生。」

2009/06/29

日経マーケティングジャーナル

携帯コンテンツ人材成長急ぐ
デジタルハリウッド大学大学院は携帯電話コンテンツなどの人材育成に本格的に乗りだした。このほど修士課程の専門講座を開設。同大学院が本腰を入れる背景には、交流サイトのSNSなどの携帯向け市場が急拡大しているにもかかわらず、専門家の育成が遅れてることがある。

2009/06/25

マイコミジャーナル(Web)

映像化不可能といわれた手塚治原作映画『MW-ムウ-』の製作秘話
デジタルハリウッド大学は、映画『MW-ムウ-』の監督とプロデューサーを招いた特別講義「手塚治虫生誕80周年記念映画『MW-ムウ-』の監督・プロ デューサーが語る製作誕生秘話」を開催する。開催日は7月13日。会場はデジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/25/084/?rt=na

2009/06/25

マイコミジャーナル(Web)

アカデミー賞受賞作品「おくりびと」で使われた実写映像に溶け込むCGとは
デジタルハリウッド大学大学院は、映画『おくりびと』のエグゼクティブプロデューサー・間瀬泰宏を迎え、「エグゼクティブプロデューサーが語る 映画『おくりびと』が出来るまで」と題した講演を行った。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/25/084/?rt=na

2009/06/23

日刊工業新聞

デジタルハリウッド大学院 メディア研究室開設
デジタルハリウッド大学院は今月、ユーザーの生活行動を断続的に記録するライフログを応用、マーケティングなどに生かす「ユビキタスメディア研究室」を開設した。研究主要テーマは、広告やコンテンツなど各種メディアの有効性を検証し、メディアに接触した生活者が行動をどう変化させたかなどその原因を分析する。

2009/06/23

robonable ロボナブル(Web)

デジハリ、ユビキタス時代の生活者の行動変化分析を研究する研究室を開設
デジタルハリウッドは今月、ユーザーの生活行動を継続的に記録 するライフログを応用してマーケティングなどに役立てる「ユビキタスメデ ィア研究室」を開設した。デジタル技術およびユビキタス技術の進歩に伴 うメディアの多様性に対応できる、次世代のメディア・プロデューサーの育成 を目指す。
http://robonable.typepad.jp/news/2009/06/20090623-7c9a.html

2009/06/23

東京IT新聞

「ロスジェネ世代」が地方に注目
「地域」や「働き方」に対するクリエーターの関心が高まっている。6月3日に開催されたデジタルハリウッド大学杉山知之学長と資源リサイクルや地域再生支援などを営むアミタ株式会社熊野英介社長の共同イベント「地域を変えるWebクリエイティブ、地域が変えるワークスタイル」には、夜8時にもかかわらず、会場にはデジハリ大の教室に84名が詰めかけた。

2009/06/18

L25(フリーペーパー)(Web)6月18日号

料理の下ごしらえやヘアアレンジなど 生活に役立つ「ネット動画」の活用法
料理をしようと台所に立ったものの、下ごしらえなど基本段階でつまずく、、、。そんな時意外と使えるのがネット動画です。と語るデジタルハリウッド大学院で教鞭をとる、カフェグローブ・ドット・コム矢野貴久子さん。テレビや雑誌で省略されちゃうちょっとした”How to"がを調べられるネット動画って以外に多いんですよ。
http://l25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200906181109/ccd/012/rfg/1

2009/06/17

WIRED VISION(Web)

自作派ガジェットマニアの聖域、Make : Tokyo Meeting 03を覗く
去る、5月23、24日の2日間に渡り、自作派ガジェット系雑誌「Make」と連動したリアルイベント、「Make : Tokyo Meeting 03」がデジタルハリウッド大学の八王子制作スタジオで開催された。
http://wiredvision.jp/blog/ootani/200906/200906171400.html

2009/06/10

シネマトゥデイ(Web)

[シネマトゥデイ映画ニュース] 9日、デジタルハリウッド東京本社にて大ヒット映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』のDVD発売と、第2回「三国志検定」の開催を記念して、藤本美貴の宣伝チアリーダー就任式が行われ、お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤と小沢一敬がMCを務めた。本作は4月10日の公開以来、興行収入約54億突破、動員約440万人を突破(6月3日付)という大ヒットを記録している。
http://wiredvision.jp/blog/ootani/200906/200906171400.html

2009/06/10

THE21(雑誌) 7月号

今や共通語の「クール・ジャパン」
数年前、「ジャパニメーション」という言葉が流行した。当時に比べれば落ち着いたように思えるが、デジタルハリウッド大学の杉山知之学長によれば、「海外での日本アニメは、ブームから定着の段階に入った」という。そして、「高度経済成長期の日本人は、アメリカのホームドラマを見てアメリカ的な生活にあこがれたものでした。これからは世界中で、日本のアニメを見て日本の生活や文化にあこがれる人が増えてくるかもしれない」と杉山氏は語る。

2009/06/09

BARKS(Web)

PENGIN、『銀魂』エンディング・テーマ最大のDLを記録中
PENGINは、「朝ANSWER」CD発売日の翌日、6月11日(木)には、秋葉原のデジタルハリウッド大学で行なわれるデジタルハリウッド特別講 義【「NARUTO」「銀魂」のアニメプロデューサーが語る!テレビアニメの舞台裏】にもスペシャルゲストとして参加が決定している。

2009/06/09

BARKS(Web)

PENGIN、『銀魂』エンディング・テーマ最大のDLを記録中
PENGINは、「朝ANSWER」CD発売日の翌日、6月11日(木)には、秋葉原のデジタルハリウッド大学で行なわれるデジタルハリウッド特別講 義【「NARUTO」「銀魂」のアニメプロデューサーが語る!テレビアニメの舞台裏】にもスペシャルゲストとして参加が決定している。

2009/06/08

朝日新聞

「英語話せるバッジ」作る
東京・秋葉原の大学で学ぶ学生が、英語で話せる人が一目で分かるバッジを作り、電気点などの店員に着用をお願いしている。昨年6月の無差 別殺傷事件をきっかけに、「秋葉原の街のために何かしたい」と考え、外国人観光客を手助けしようとしたという。

2009/06/05

japan.internet.com(Web)

ヤフー、「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2009」を開催
今回は、8月1日~8月17日までの期間中、一般の人が制作した作品を募る「一般の部」と、企業のプロモーションのために制作した作品を募る「 企業の部」のそれぞれにおいて、バナー部門とウェブコンテンツ部門から作品を募集する。その後、審査員によるノミネート選考、サイト上でのノミネート発表、特別審査員も加わる審査員による最終審査会を経て、11月に贈賞式を行う予定。

2009/06/01

アキバ経済新聞(Web)

「銀魂」「NARUTO」東不可止プロデューサー、秋葉原で特別講義へ
デジタルハリウッド大学(千代田区外神田1)は6月11日、同校でセミナー「『NARUTO』『銀魂』TVアニメプロデューサーが語る“テレビアニメ製作の舞台裏」を開催する。
http://akiba.keizai.biz/headline/1484/

2009/05/29

CNET Japan(Web)

フォトレポート:「Make: Tokyo Meeting 03」開催--“大人の工作”が一堂に集う
電子工作をはじめとしたハードウェアやメディアアートなどを紹介するO'Reilly Media発刊の季刊誌「Make: Technology on Your Time(Make:)」(日本語版はオライリー・ジャパン発刊)。そのオフラインイベントである「Make:Tokyo Meeting 03」が5月23、24日の2日間、東京のデジタルハリウッド大学八王子制作スタジオで開催された。
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20393668,00.htm

2009/05/25

BCN 5月25日号

3次元仮想空間 3Diは次代のビジネスか?
様々な用途で利用が進みつつある「3次元インターネット(3Di)」。「Second Life」などに代表される3次元仮想世界だが、企業が「3Di」を構築する上で必要なツールを売り出すITベンダーが増えてきた。国内の仮想世界さーぼびすばどでは、製造業の大手企業がプロモーション活動に利用し始めている。はたして国内企業による「3Di」の活用は広がるか。この問いかけに、デジタルハリウッド大学教授、メタバーズ協会常任理事の三淵啓自先生が答える。

2009/05/25

BCN 5月25日号

3次元仮想空間 3Diは次代のビジネスか?
様々な用途で利用が進みつつある「3次元インターネット(3Di)」。「Second Life」などに代表される3次元仮想世界だが、企業が「3Di」を構築する上で必要なツールを売り出すITベンダーが増えてきた。国内の仮想世界さーぼびすばどでは、製造業の大手企業がプロモーション活動に利用し始めている。はたして国内企業による「3Di」の活用は広がるか。この問いかけに、デジタルハリウッド大学教授、メタバーズ協会常任理事の三淵啓自先生が答える。

2009/05/23

デーリー東北

毎日通う街に活気を
東京・秋葉原で発生した無差別殺人事件から一年。秋葉原のために何かできないだろうか?と考えたデジタルハリウッド大学3年森治樹さんは多く訪れる外国人観光客に着目。大学の友人らと電器店を訪れ、英語を話せる店員に「I CAN SPEAK ENGLISH」とデザインされたバッジを着用してもらい、外国人の観光客に商品の説明や道案内をしてもらうよう呼び掛けた。

2009/05/20

Super Sweets(Web)

杉山知之×辻口博啓「デジタルで広がるスイーツの・プロフェッショナルの世界」
この6月から始まるSUPER SWEETS SCHOOL(SSS)では、インターネットを活用した学習である「eラーニング」(*) が導入される。デジタルで学ぶ、お菓子作り。もちろん、スイーツ業界では初めての試みだ。開校を前に、辻口シェフがデジタルコミュニケーションの第一人者である杉山知之氏を訪問した。対談のテーマは、これからの日本のスイーツとSSSの可能性。はたして、その未来とは?
http://www.super-sweets.jp/hstyle/vol9_sugiyama.html

2009/05/20

IT media キャリア(Web)

デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科 大阪校
ビジネスとクリエイティブとITを学び、新しいビジネス・サービス・価値を創り出す人材を育成本大学院は2004年4月に開学した、日本 初の株式会社による専門職大学院です。今や、IT・デジタルコンテンツはどの分野のビジネスにおいても必要不可欠なものとなりました。例えば広報に携わるならWebのスキルは重要ですし、ビジネスを推進するならコンテンツ制作や著作権の知識が必要になります。さらに、新しいビジネスやサービスを展開するにもIT戦略は重要です。本大学院はIT・デジタルコンテンツの最高学府として、IT技術やコンテンツを活用したビジネスやサービス、価値を創出できる人材を育成しています。
http://www.itmedia.co.jp/career/articles/0905/20/news068.html

2009/05/20

美術の窓 6月号(雑誌)

Young Artist Japan 2009 デジタルハリウッド大学で開催
デジタルハリウッド代で、ギャラリータグボー主催のYoung Artist Japan 2009が4月4日と5月2日の2日にわたって開催。アーティスト本人によるブースを使っての展示販売が行われた。

2009/05/16

animeanime.jp アニメ!アニメ!(Web)

福岡でコンテンツ関連の就職フェア 地元ゲーム企業なども参加
5月28日にアクロス福岡にて、新卒者および転職希望者を対象としたコンテンツ関連産業就職フェア2009が開催される。
コンテンツ関連産業就職フェアは、福岡を中心としたコンテンツ関連企業による合同就職説明会で、今回はゲーム会社のガンバリオンなど地元企業の20数社がブースを構える。
http://animeanime.jp/biz/archives/2009/05/post_613.html

2009/05/15

英語教育ニュース(Web)

デジタルハリウッド大学 スピーチコンテストを開催
デジタルハリウッド大学(杉山知之学長・東京都千代田区)は、学内英語力向上のため、昨年よりスピーチコンテスト"The 2nd Annual English Speech contest of Digital Hollywood University,Tokyo"を開催。昨日、第2回が行われた。
http://www.eigokyoikunews.com/news/20090515/08.shtml

2009/05/14

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、MTVの映像制作現場を体感できるイベント開催
デジタルハリウッドは、MTVと共同でMTVの映像制作現場を体感できるイベント 「プロの現場に聞け!映像クリエイターに必要なクリエイティブ」を開催する。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/14/018/

2009/05/12

八王子経済新聞(Web)

DIY誌「MAKE」日本版連動イベント-八王子・デジハリ大スタジオで
デジタルハリウッドは、MTVと共同でMTVの映像制作現場を体感できるイベント「プロの現場に聞け!映像クリエイターに必要なクリエイティブ」を開催する。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/05/14/018/

2009/05/01

Business Media 誠(Web)

“ネットと政治”を考える(前編)――オバマにできたことが、なぜ日本の公職選挙法ではできないのか?
アジャイルメディア・ネットワークは4月24日、東京・千代田区のデジタルハリウッド東京本校で「インターネットが選挙を変える? ~ Internet CHANGEs election ~」を開催した。日本では少なくともこの9月までに衆議院議員選挙が行われるが、イベントではネットが政治にどう参加できるのかについてさまざまな分野の専門家が知見を語った。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0905/01/news038.html

2009/05/01

STORY 6月号

40代だから、出産・育児で「人生設計」の軌道修正を行いました。
10年前ならキャリアへの焦りもあったと思いますが、今は娘といる時間を大切にして仕事をスローダウンしています

仕事に、生活にと、さまざまな生き方が可能なこの時代に、自分らしさを模索してきた女性たちは、結婚にも「妥協」はしませんでした。そして経験を経た今になって「自立」できたからこそ、相手のことを思いやり、必要なら生き方を変える事もできるようになるようになったのです。それは自然な「幸せ」へとつながってきました。

2009/04/25

COBS 4月号

今求められているのは“個人の力” ITと企画力の強化でビジネスをリードする
以前は販促物の企画会社に勤務し、2年間上海へ赴任していたという鈴木将平さん。現在はネット広告などの企画営業をしている。大学院での学びを生かし、モバイルサイトの構築や自動車保険一括見積もりサービスの新事業スタート。授業の課題で考察してきたことをそのまま仕事で実践。これは先生からのアドバイスがあってこそです。と鈴木さんは語る。

2009/04/24

週刊アスキー 5月5日号(雑誌)

DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2009
すでに作品のレベルはプロ級!デジタルハリウッドの発表会

DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2009が開催され、200点を超える
作品の中から、グランプリをはじめとする各賞が発表された。
過去には真島理一郎氏の『スキージャンプ・ラージヒル・ペア』が審査員特別賞
に輝くなど、レベルの高さは折り紙つき。今年度のノミネート作品も傑作ぞろいで、
中には他のコンテストですでに賞を取っている作品もあるほど。
グランプリ
a small opportunity 赤井紀文さん
準グランプリ
Express Yourself 小山久美子さん
準グランプリ
Umbrella 寺園聖市さん
審査員特別賞
second dimention 池田尚也さん
審査員特別賞
The earth cream soda 遠野恵子さん

2009/04/23

デジハリ生制作の倉科カナ主演短編映画『Koganeyuki』特別イベント開催(Web)

『Koganeyuki』特別イベント
デジタルハリウッドは、同大学大学院に在籍する古新舜監督を中心に制作した短編映画『Koganeyuki』のDVD発売記念イベントを4月27日にアッ プルストア銀座にて開催する。入場は無料。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/04/23/057/

2009/04/21

学生キャリア新聞(Web)

日本人と外国人の架け橋に
デジタルハリウッド大学デザイナーチーム「ぴゅーりふぁいず」は、秋葉原の外国人観光客に対して、英語で街の紹介をするというボランティアを行っている。今回は「ぴゅーりふぁいず」メンバーの川嶋隼人さん(デジタルハリウッド大学2年)にお話を伺った。
http://www.gnew.jp/home/index.php?menu=interview&catseq=28&atcseq=756

2009/04/21

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ卒業制作優秀作品決定 -「DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2009
デジタルハリウッドは、選抜試験に合格した生徒が1年間Webや、グラフィック、CG・映像を学ぶ「本科」の2008年度卒業制作作品の中から、グランプリを決定する「DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2009」を開催した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/04/21/040/index.html

2009/04/21

日経ビジネス Associe 5月5日号(雑誌)

「謙遜とオリジナリティーでベテラン経営者の懐に入る」
古賀さんは昨年38歳で副社長に就任した。当然ながら、企業経営者たちが集まる会合の参加者の中では若手。大手企業のベテラン経営者の中に埋もれず、きちんと存在感を示すには、何らかの工夫が必要になる。
古賀さんの工夫は「謙遜とオリジナリティー」だ。会合者の中にはデジタルハリウッドを知らない人もいる。そうした人たちには、「当社が目指すのは世界で活躍するクリエーターを育てることです。ただし、現実はそこまで至っておりません。」と謙遜することで、年配の経営者に有益な情報をもらうことができる。

2009/04/20

このアニメがすごい!(雑誌)

あの学校に聞く このアニメがすごい!2009
近い将来、日本のアニメ界を背負って立つだろうアニメと縁の深い
学校の学生の皆様にアンケートをお願いした。
大賞受賞作を生み出す人が排出されるかも!?
デジタルハリウッド大学投票作品
ガンダム00 セカンドシーズン…2票
夏目友人帳…2票
とらドラ…1票

などなど

2009/04/14

クリエイティブタブロイドwithD(Web)

DTP Booster「過去からの離脱―Illustrator の新しい使い方とPDF 入稿メリット」
実行委員会では、長年DTPに携わってきた方向けに、「過去からの離脱―Illustrator の新しい使い方とPDF 入稿メリット」を開催する。 日時2009年5月15日(金) 19:00~21:30
定員100名
料金 一般2,000円
学生無料
場所 デジタルハリウッド大阪校 セミナールーム 大阪市北区西天満6-5-17 
デジタルエイトビル 主催
DTP Booster実行委員会
http://withd.jp/news/event/000201/4131.html

2009/04/09

cinemacafe.net(Web)

『鴨川ホルモー』×デジハリ 本木監督が予告編に求める“意外性”とは?
先日開催された第1回沖縄国際映画祭にて、“Laugh & Peace”コンペティション部門で、最高賞に当たるゴールデン シーサー賞を受賞 するなど、公開前より注目を浴びている『鴨川ホルモー』。このたび、デジタルコンテンツの人材育成スクール「デジタルハリウッド」では、在学 中の学生による本作のプロモーション映像コンテストを開催!4月7日(火)、本作の監督を務める本木克英と野地千秋プロデューサーを審査員に 迎えて、事前選考を勝ち抜いた10本の予告編の中からグランプリが決定した。
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2009/04/5795/

2009/04/08

シネマトゥデイ(Web)

オジンオズボーン、山田孝之と仲良くなることに一苦労?
[シネマトゥデイ映画ニュース] 7日、デジタルハリウッド東京本校にて、在校生を対象とした映画『鴨川ホルモー』のプロモーション映像コンテストが行われ、審査員として本木克英監督、野地千秋プロデューサーのほか、司会のお笑いコンビ、オジンオズボーンが登場した。そして、事前選考を勝ち上がった10作品の上映および各賞の発表と表彰イベントが行われた。
http://cinematoday.jp/page/N0017587

2009/04/08

CAREERzine(Web)

不況の影響を受けず、オファー殺到! デジハリ大阪校がジョブマッチングイベント開催
転職希望の社会人などクリエイター志望の人材を育成するデジタルハリウッド大阪校が、3月24、26日に「クリエイターズオーディションVol.35」を開催した。プロダクションやECサイト運営会社などから採用担当者41名が参加。イベント終了後の懇親会では、積極的なスカウトも行われた。なかでも、Webデザイナーを志望する田中祐企さんの作品「Tシャツブランド "Joecok" Official Web Site リニューアル」には高い評価が集まり、複数の企業から採用のオファーも寄せられた。
http://careerzine.jp/article/detail/496

2009/04/07

クリエイティブタブロイドwithD(Web)

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 メイキングセミナーレポート
今回、そのタネあかしをしてくれたのは、デジタル・ドメイン社のリード・テクニカル・ディレクター、VFXクリエイターの三橋忠央氏。3月8日、御茶ノ水にあるデジタルハリウッド東京本校にて、『ベンジャミン・バトン数奇な人生』(以下、ベンジャミン・バトン)メイキングセミナーが行われました。
http://withd.jp/cg/event/010313/4097.html

2009/04/07

マイコミジャーナル(Web)

グランプリはDVD特典映像に収録 -映画「鴨川ホルモー」プロモコンテスト
デジタルハリウッドは7日、デジタルハリウッド東京本校の在校生を対象に開催していた『映画「鴨川ホルモー」プロモーション映像制作コンテスト』の受賞作品を発表した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/04/07/075/index.html

2009/03/31

中国新聞、他

いざ!ハリウッド 映像クリエーター三橋忠央
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」で、VFX制作に参加したクリエーター。最新のデジタル技術を駆使して、80歳のブラピを作り上げた。
13年間の米国生活で、映像制作を渡り歩き「マトリックス」シリーズや「MI-2」などの大ヒット作を次々手がけてきた。三橋さんは今ハリウッドに危機感を感じている。「日本の映画も面白い映画出てきている。夢はアメリカに渡った日本人だけで制作チームを作ること。」
(デジタルハリウッド東京本校にて取材)

2009/03/26

The Second Times(Web)

レゾナント、「大分ITネットワーク社会研究会」の開催を支援
レゾナント・ソリューションズ株式会社が、リアルとセカンドライフ双方で開催されるイベント「大分ITネットワーク社会研究会」3月定例講演会の開催を支援する。リアルでの開催では代表取締役による講演も行われるという。

開催日時:3月31日(火)13:30~15:00
開催会場:セカンドライフ内Oita SIM
定員:30名

http://www.secondtimes.net/news/japan/20090326_resonant.html

2009/03/26

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ大学の学生が千代田区観光プロモーション「千代田物語」を制作
昨年8月、デジタルハリウッド大学が千代田区観光協会と連携し、観光プロモーションサイトのコンテンツ作成、フラッシュコンテンツ、また、まちの表情を切り取るブログ的なコンテンツの制作に取り組むと発表。硬い印象を与えがちで、面白みに欠ける傾向のある既存の観光協会のホームページを、千代田区で特区を活用しているデジタルハリウッド大学の研究生や学生がコンテンツを作成する、学生参加型のプロジェクトとしてスタートした。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/03/26/058/index.html

2009/03/15

CNET Japan(Web)

街角美人のセカンドライフ論 メタバースフォーラム:第2回研究会行ってきました。
2009年3月14日、秋葉原はデジタルハリウッド大学メインキャンパスにて「メタバースフォーラム:第2回研究会」がありました。
セカンドライフ(=Second Life)を中心に3Diに注目し経過や発展を追っている私、さざんはこの研究会にお邪魔してみることにしました。

http://japan.cnet.com/blog/secondlife/2009/03/15/entry_27021102/

2009/03/09

みんなの仕事場(Web)

街角美人のセカンドライフ論 メタバースフォーラム:第2回研究会行ってきました。
メインキャンパス・受付
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/4c39a9f42c
メインキャンパス・廊下
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/03a5442ab5
メインキャンパス・大学院研究室
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/6234f26dba/
セカンドキャンパス・図書棚
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/c09d4f5e8a/
セカンドキャンパス・図書室
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/be3dc68a05/
セカンドキャンパス・PCルーム
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/f6a545bba3/
セカンドキャンパス・ラウンジ
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/5742acd631/
セカンドキャンパス・学長室
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/8d0ab1d508/
八王子校舎・入口
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/4884a3f6ad/
八王子校舎・PCルーム
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/8e6dc725ce/
八王子校舎・MTGルーム
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/b3e36a6d12/
八王子校舎・ギャラリー
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/50185af939/
八王子校舎・ラウンジ
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/7b9834fba1/
八王子校舎・プロジェクトルーム
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/0836a1fc40/
八王子校舎・セミナールーム
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/46ed2115f8/
八王子校舎・モーションキャプチャールーム
http://shigotoba.askul.co.jp/Edetail/index/e/40c86f989a/

アスクル「みんなの仕事場」で、デジタルハリウッド大学が紹介されました。
デジタルハリウッド大学へお邪魔した。 (デジタルハリウッド株式会社)JR秋葉原駅の目の前にあるダイビルに入っているデジタルハリウッド大学 に潜入!ITビジネス×クリエイティブ×英語留学をテーマに多くのクリエイターを世に輩出しようとしている。
こちられっきとした大学で国立や私立ならぬ”株式会社立”だそうな。デジタルハリウッド株式会社が運営する4年制大学で900名の学生が明日を夢見て頑張っている。設置学科はデジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科ただひとつ。潔い!

2009/03/09

PRESIDENT(雑誌)

いくつも会社を変えるより「修羅場経験」を進んでせよ
カルチュア・コンビニエンス・クラブCOO兼
デジタルハリウッド株式会社社長柴田励司

  人間力の磨き方についてだが、普通の人なら尻込みするような仕事を経験するしかない一皮剥けざるを得ない修羅場経験が重要なのだ。「人間関係がきつい」、「労働環境がきつい」、「仕事そのものが困難である」。 修羅場の中身としてこの三つくらいが考えられる。そこでとにかくきっちり 成果をあげることだ。いくつも会社を変える20代がいるが、私には履歴書 をけがしているとしか思えない。「石の上にも3年」、「若いうちには雑巾が け」というのは今も変わらない教えだと思っている。

http://japan.cnet.com/blog/secondlife/2009/03/15/entry_27021102/

2009/03/09

marie claire(雑誌)

逆転の発想を大切にして、逆風はチャンスであるととらえていきたいです
株式会社カフェグローブ・ドット・コム代表取締役社長兼
デジタルハリウッド大学院客員教授 矢野貴久子さん

「とにかく3年続けてみるというのは、どんな仕事であれ、どんな勉強であれ、 言えることだと思います。1年目は無我夢中、2年目は少しずつわかってくる。3年目になると自分らしさを出せてくる。3年持ちこたえれば次への展望が見えてくると思います。」 

2009/03/09

COBS(フリーペーパー)

医療・医学界に3DCGを導入して分かりやすく伝えたい
未経験から学んだ総合ProコースCGクリエーター専攻。 実践授業で取得したスキルで新たな挑戦に挑む。

瀬尾さんの卒業作品は、『総Pro GRAND PRIX2006』でベストモデリング賞を受賞。
現在、瀬尾さんはデジハリで学んだ3DCG技術を医療・医学に導入し、5月から始まる裁判員制度において、一般かの方にもわかりやすい情報提供 にCGで貢献している。「今後もリアルさとエンターテイメント性を取り入れたCGで、誰にでも親しめる医療の橋渡し役を担っていきたいです。」

2009/03/09

escala Rin(フリーペーパー)

自分の時間もしっかり持てる、憧れのWebデザイナーへ
結婚、出産後も活躍できる女性憧れの職業、Webデザイナーになった下島さん。
スクール選びはデザイン関係の専門校を全てリストアップ。「中でもデジタルハリウッドのオンラインスクールは、どこよりも早くe-ラーニングを導入していて、自宅で好きな時に学べるし、主婦の私にはピッタリだと思ったんです。」
Webの仕事は場所を選ばない事が魅力だといいます。

2009/03/06

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、次世代トップクリエイターの作品を展示 -「第1回卒業制作展」
デジタルハリウッド大学はこのほど、東京都内にて「第1回卒業制作展」を開催した。
「すべてをエンターテインメントにせよ!」というテーマで約150作もの卒業制作作品が展示された。展示作品のジャンルは、実写映像、CG、グラフィック、Web、ゲーム、プログラミング、論文など。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2009/03/06/dezihari/

2009/03/05

天神経済新聞(Web)

映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」クリエーター、デジハリ福岡校でセミナー
デジタルハリウッド福岡校(福岡市中央区天神1)で3月7日、映画 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFX制作に参加した日本人ク リエーター・三橋忠央さんを講師に招きセミナーを開催する。
http://tenjin.keizai.biz/headline/1947/

2009/03/02

The Second Times(Web)

3/14、リアルとヴァーチャルをつないだ「メタバース勉強会」開催
3月14日(土)に、デジタルハリウッド大学大学院メインキャンパスとセカンドライフ内のIBM SIMのセミナー会場をつないだ「メタバース・フ ォーラム第二回勉強会」が開催される。どちらも参加は無料でVWBCでのライブストリーミングも行われるという。
http://www.secondtimes.net/news/japan/20090302_metaverse.html

2009/02/26

DTPWORLD(雑誌)

ロゴのトレンド2009
時代の流れによって、デザインの傾向も少しずつ変化していく。社会の動き や、人々の関心事。ロゴデザインも、意識的・無意識的に、それらを反映している。

2009/02/19

THE SECOND TIMES (Web)

みやぎ3Dコンソーシアム、セミナー「3D仮想世界が秘める可能性について」開催
みやぎ3Dコンソーシアム(以下みやぎ3DC)が、セカンドライフをはじめとする3D仮想世界における技術開発や商品・サービス開発を行うため、地域の産学官が連携する形での部会を設立することとなった。これを記念して、3月3日(火)に東北大学と日本IBM、デジタルハリウッド大学からそれぞれ講師を招聘しセミナー「「3D仮想世界が秘める可能性について」を開催するという。
http://www.secondtimes.net/news/japan/20090219_miyagi3dc.html

2009/02/10

SANKEI EXPRESS

岐路に立つアニメ産業 鍵はネット
クリエーターを育成しているデジタルハリウッド大学(東京・秋葉原)で 1月28日に開かれた講演会では、アニメ放送にかかわるキーパーソンたちがね最前線から見たアニメ産業の実像を明かし、視聴者層の開拓やネット対策など早急の対応が必要だと訴えた。

2009/02/2

シネマトゥディ(Web)

「第38回ロッテルダム国際映画祭」で、国内外の15人のクリエーターによるオムニバス映画『東京オンリーピック』がインターナショナル上映され、総監督の真島理一郎が舞台あいさつに登場した。
http://cinematoday.jp/page/N0016785

2009/01/29

産経新聞

色、デザインから「流行」読む
今年はどんな商品がヒットするのか?
「図解で分かるヒット商品の配色術」(誠文堂新光社)は、流行を色やデザインの面から読み解こうというユニークなビジュアル本だ。メーカーの商品開発者などには必読の書かもしれない。
デジタルハリウッド大学の学校長、杉山知之さんと日本カラーイメージ協会理事長、南雲治嘉さんの共著。商品の流行は色や形と密接に関係していて、周期的なうねりを繰り返していると論じている。

2009/01/28

DTPWORLD(雑誌)

使える色彩能力を デジタル色彩検定開始
デジタルハリウッド大学教授の南雲治嘉氏らが中心となり、今月7月に発足したのが、「日本カラーイメージ協会」だ。そして2008年11月に"使える配色能力"の普及を目的に「デジタル色彩検定」が始まった。

2009/01/27

夕刊フジ

今年の流行色は赤、光沢感、装飾的、角ばり
3DCGや最先端のウェブ制作、ソフトウエアなどのクリエーターを輩出している「デジタルハリウッド」の名物学校長・杉山知之氏と、日本カラーイメージ協会理事長でデジハリ大学の教授てせもある南雲治嘉氏の共著出版を記念した両氏の対談が行なわれた。

2009/01/26

ZAKZAK(Web)

ヒット商品の流行「色は赤、光沢感、装飾的、角ばり」
3DCGや最先端のウェブ制作、ソフトウエアなどのクリエーターを輩出している「デジタルハリウッド(デジハリ)」の名物学校長・杉山知之氏と、日本カラーイメージ協会理事長でデジハリ大学の教授でもある南雲治嘉氏の共著出版を記念した両氏の対談。
http://www.zakzak.co.jp/gei/200901/g2009012641.html

2009/01/26

産経新聞

ボランティア 英語で案内 学生が企画 
「アキバを外国人に優しい街に」。キャンペーンは「Akihabara Bridge Campaigb」(通称ABC)。校舎が秋葉原にあるデジタルハリウッド大学 (千代田区)の学生デザイナーチーム「ぴゅーりふぁいず」が主体となっ て実施している。

2009/01/15

学生キャリア新聞

~学長インタビュー~
デジタルハリウッド大学 学長 杉山 知之さん
クリエイターを養成するデジタルハリウッド大学  
デジタルコンテンツの最先端のスキルを身につけることができるのが、 デジタルハリウッド大学。今回は、デジタルハリウッド大学学長 杉山知 之さんにデジタルコンテンツのこと、デジタルハリウッド大学の特徴につ いてお聞きした。
http://www.gnew.jp/home/index.php?menu=category&catseq=144&atcseq=312&PHPSESSID=9def4c954e7bd0e698cc197e4c398ef7

2009/01/05

マイコミジャーナル(Web)

アーティストのWebサイトを学生がデザイン -「Web the contest 01」発表
エンタテインメント・パッケージ アワード(epa)実行委員会は、Webサイトのデザインコンテスト「Web the contest 01」の審査結果を発表した。
大賞を受賞したのはデジタルハリウッド Webスペシャリスト専攻の宮内俊次郎氏の作品。宮内氏の作品を馬場審査委員長は「Sweet Vacationやこの ミニアルバムに興味を持ってやってきた人たちに、アーティストや楽曲の魅力を存分に伝えようという気配りが随所に見て取れる作品 。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/01/05/018/

このページの先頭へ