プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2010年のパブリシティ


2010年のパブリシティ

新聞、雑誌、サイト等で紹介されたデジタルハリウッド関連の記事を紹介しております。記事の内容は一部抜粋または省略して掲載しておりますので、あらかじめご了承ください。

2010-12-27

CGWORL 2月号(雑誌)

ライブで創り上げられる独創的な作品たち
2010年12月11日(土)、東京・渋谷のWOMBにて、NY生れのデジタル・デザイントーナメントが開催された。デジタルハリウッド専任講師の小倉以索も、3Dの部門に参加した。

2010-12-27

映像新聞(新聞)

コンテンツ業界の人材育成を問う
自ら教育現場に立つ高橋光輝氏(デジタルハリウッド大学・大学院准教授)が、豊富な飼料を基に、米国と日本におけるコンテンツ教育の歴史や産業界・政府による取り組みをたどりながら、コンテンツ業界の人材はいかにあるべきかを問う。

2010-12-17

cent Japan(Web)

デジハリ、大学院の学習システムにFacebookを導入
デジタルハリウッド大学大学院は12月17日、Facebookおよびキャスタリアのソーシャルラーニングプラットフォームを用いて、大学院の授業にソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やオンライン学習システムを導入する実証実験を開始すると発表した。
(asahi.com、Ceronにも同記事掲載)

2010-12-17

cent Japan(Web)

デジハリ、大学院の学習システムにFacebookを導入
デジタルハリウッド大学大学院は12月17日、Facebook、キャスタリアと提携し、大学院の授業にソーシャルネットワーキングサービス(SNS)や オンライン学習システムを導入する実証実験を開始すると発表した。Facebookでは「グループ」を使って授業に関する疑問を共有したり、ユーザー同士で教え合ったりすることで、どのような学習効果が生まれるかを検証する。Facebookが教育機関で正式に導入されるのは国内初だという。

2010-12-16

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦のヒットの裏には『人』がいる
「吉田就彦の『ヒットの裏には「人」がいる』」では、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第21回目のテーマは、地産地消ヒーロー –超神ネイガー軍団が繰り広げるローカル活性法。

2010-12-15

Sibch.tv(Web)

~クリエイター版 料理の鉄人!?ライブ形式のデザインバトル~ 「Cut&Paste」東京大会が開催されました!
12月12日(土)、渋谷WOMBにて、~クリエイター版 料理の鉄人!? ライブ形式のデザインバトル~「Cut&Paste」東京大会が開催されました。その場で作品のお題が発表され、出場者は決められたお題にそった作品を制限時間内(15 分~20 分)に創り上げていく、まさに“料理の鉄人”クリエイター版のイベントです。審査員として、デジタルハリウッド大学 学長の杉山知之氏も参加しました。

2010-12-15

Payment navi(Web)

QRコードでARを実現するスマートフォン向けアプリを開発 エディオン、SKE48など多くの採用が決定
ギフトカード・プリペイドカードサービスの運営を行うレピカが設立したアララは12月14日、デジタルハリウッド東京本校で「AR(拡張現実)最前線レ ポート&パネルディスカッション開催!!~スマートフォンとARに見る未来のライフスタイルとビジネスの変化~」と題した新サービス発表の紹介、ARの最 新情報やすでに同分野で活躍するメンバーを集めたパネルディスカッションを開催した。

2010-12-13

webR25(Web)

あなたの“とっておき”を記事にして、みんなに“役立つ”特集をつくろう!
webR25「真の"とっておき王"は誰だ!?」キャンペーンに、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之も参加しています。

2010-12-09

繊研新聞(新聞)

動き出したクール・ジャパン
「クール・ジャパン東京カンファレンス」で行われた4つのセッションの中で、ファッションジャーナリストの生駒芳子氏を司会に、クリエーティブディレクターの佐藤可士和氏と、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之氏の議論では高水準で豊富な日本のコンテンツが適切な評価を得ていない現状や成功へのポイントが論点となった。

2010-12-09

読売新聞(新聞)

ロケ地巡りで人呼び込め
映画やドラマの撮影を誘致する活動に取り組む団体や自治体などでつくる「多摩地域フィルムコミッション連絡会」が、ロケ地を巡るツアーを今年初めて開催した。観光客の注目を集めて地域の活性化につなげる考えだ。多摩地区がロケ地となった一例に、八王子市のデジタルハリウッド大学があり、ドラマ「わたしたちの教科書」の撮影が行われた。

2010-12-06

CBCNET(Web)

ライブデザインコンテスト、『CUT&PASTE 2010』いよいよ今週開催
リアルタイムのライブ形式で、参加者がデザイン力を競い合う、トーナメント方式のコンペティション「CUT&PASTE 2010」の東京大会が12月11日に渋谷WOMBにて開催。審査員には、2D部門に青木克憲、タナカカツキ、針谷建二郎、3D部門にデジタルハリウッド大学 学長の杉山知之、モーショングラフィック部門には中島信也などなど、豪華な顔ぶれが揃う。

2010-12-02

ReseMom(Web)

リーダー不在の日本に必要な教育とは…近未来教育フォーラム2010
デジタルコンテンツのクリエイターやプロデューサーの育成を目指す大学、大学院、専門スクールなどを運営するデジタルハリウッドが30日、企業や教育関係 者向けの「近未来教育フォーラム2010」を開催した。

2010-12-01

ビジンソザイ(Web)

BIJINSOZAI VISUAL DESIGN CONTEST開催
アジアの美女モデルを起用したストックフォトサイト「ビジンソザイ」が、ビジュアルデザインコンテストを開催します。募集テーマは、「写真素材を活用した個性溢れるビジュアルデザイン」。選考会では、「クリエイティブ性」×「技術力」×「美しさ」の総合力を審査します。デジタルハリウッド大学院も協力しています。応募期間は、2010年12月1日(水)~2011 年1月31日(月)。

2010-12-01

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦のヒットの裏には『人』がいる
「吉田就彦の『ヒットの裏には「人」がいる』」では、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第20回目のテーマは、仕掛けの嵐を支えるベース - 境港水木しげるロード観光客300万人突破。

2010-11-30

シネマトゥデイ(Web)

大人たちを号泣させる天才クリエイター!劇場版『クレヨンしんちゃん』原恵一監督、「年中スランプみたいなもの」
25日、デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパスで、公開講座「大人も泣かせるアニメって?」が行われ、『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』の原恵一監督が出席し、映画『カラフル』の制作秘話を披露した。
(Yahoo! Japan、goo映画、@niftyニュース、@nifty映画にも同記事掲載)

2010-11-29

MSN(Web)

【サブカルちゃんねる】「ディズニーで働く」宮本貞雄「必要なのは審美眼とあきらめない意志」
「ディズニーで働く」という、アニメーションの世界に進んだ人にとって、大きな夢を実現したのが、アニメーターの宮本貞雄氏(73)だ。アメリカにあるディズニーの商品化部門に10年近く在籍。「ライオン・キング」「ターザン」といったアニメ映画に関連したグッズの絵を描く仕事を手がけた。一時帰国をしている宮本氏は、デジタルハリウッド大学にて講演をおこなった。
(izaβ版にも同記事掲載)

2010-11-29

二次元新聞(Web)

ディズニー社で働く日本人アニメーター、宮本貞雄が語る
アニメーターの宮本貞雄(73)はディズニー社のアニメ製作に携わり活躍する日本人のうちの1人。この度、デジタルハリウッド大学にて講演しアニメの本質を語った。
(animewatchにも同記事掲載)

2010-11-27

週刊シネママガジン(Web)

原恵一「年中スランプみたいなものだから」
11月25日(木)秋葉原、デジタルハリウッド大学にて、原恵一監督を迎えて公開講座が行われた。原監督がアニメの学校を出て、『クレヨンしんちゃん』の制作会社シンエイ動画に入社していかにして監督となり、新作『カラフル』を作り上げるまでに至ったか、たっぷりと90分語られた。デジタルハリウッド大学ではアニメーターになるための教育も行っており、原監督を尊敬してやまない生徒たちは真剣に話を聞いて積極的に質問をしていた。
(livedoorニュースにも同記事掲載)

2010-11-25

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】”Inside MTM06”「Make: Tokyo Meeting 06」参加レポート
11月20・21日、東京工業大学大岡山キャンパスにてMake: Tokyo Meeting 06(通称MTM06)が開催された。MTMとは、「自分(達)で考えて、自分(達)で作ったものを展示なり販売する場」です。デジタルハリウッドの八王子制作スタジオで開催されたこともあります。

2010-11-18

茨城新聞(新聞)

県のイメージ戦略紹介
県のイメージアップ戦略を紹介する講演会「いばらき×ソーシャルメディアのカタチ」が16日夜、デジタルハリウッド大学大学院で開かれ、情報技術やメディアの関係者約30人が熱心に耳を傾けた。

2010-11-18

金融財政ビジネス(雑誌)

杉山知之・デジタルハリウッド大学学長に聞く
時事通信社のインタビューに杉山学長が応じ、「国内の市場だけではいろいろな意味で頭打ちになるので、海外市場をどう広げていくかが課題だ」と指摘した。その上で、優良なコンテンツを創造できる人材をどんなに育成しても、彼らが活躍できる場を国内に設けない限り「海外の良い条件で働ける場に流れて行ってしまう」と、強い危機感を表明した。

2010-11-17

日経マーケティングジャーナル(新聞)

三淵啓自のECの波頭
11日、米アップルが日本で、ネット上の仮想店舗iTunesストアで有料の映画ダウンロード販売・レンタルサービスを開始した。日本は配信サービスや対応端末で出遅れているため、日本のメディア、動画配信サービスのみならず、家電・携帯電話業界なども危機感をもっている。(三淵啓自:デジタルハリウッド大学大学院 専任教授)

2010-11-16

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
「吉田就彦の『ヒットの裏には「人」がいる』」では、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第19回目のテーマは、地域再生の鍵は地域文化継承にあり – 矢部川流域プロジェクトの挑戦。

2010-11-15

MdN DESIGN(Web)

デジタルハリウッド、iPadを活用した講座「短期Webデザイナー専攻」を開講
デジタルハリウッドは、デジタルハリウッド東京本校で、iPadを活用した専用カリキュラム「短期Webデザイナー専攻iPadクラス」を2011 年1月16日より開講する。このカリキュラムでは、iPadを使い、短期間でグラフィックソフトの操作やページデザイン、そしてWebページを構成するHTML・CSSの技術を学 び、Webデザイナーの第一歩となる基本的なWebサイト制作スキルを身につける。

2010-11-12

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、iPadを活用した講座「短期Webデザイナー専攻」開講
デジハリ、iPadを活用した講座「短期Webデザイナー専攻」開講 デジタルハリウッドは、iPadを活用した講座「短期Webデザイナー専攻iPadクラス」を開講する。(iPad及びWi-Fiスポットは受講生に貸与)受講期間は1月16日~3月27日の3カ月間。iPadを活用した専用カリキュラムとなっている本講座は、同校が行っている『電子書籍を活用した教育スタイル創造研究会』の研究・開発の成果として開講するもの。

2010-11-10

山陽新聞(Web)

「桃鉄」路面電車を岡山に 学生らゲーム会社に協力要望
人気テレビゲーム「桃太郎電鉄」(桃鉄)を桃太郎伝説ゆかりの岡山の観光振興に生かそうと、岡山市出身の大学生有志ら(デジタルハリウッド大から1年の塩見陽平さん)が運動に乗り出した。手始めに9日、ゲーム会社のハドソンを訪ね、岡山でのラッピング路面電車運行などへの協力を求めた。
(さんようタウンナビ、47NEWSにも同記事掲載)

2010-11-09

週刊アスキー 11月23日号(雑誌)

週刊デジタリアン
TBSラジオ『週刊デジタリアン』に、デジタルハリウッド大学教授の橋本大也さんがゲストとして登場。リサーチ&プランニングのプロが選ぶお勧めの本を紹介していただきました。他にも、現在はソーシャルネットワークのパワーに可能性を感じ、人とのつながりがおもしろいと未来を語ってくれました。

2010-11-08

GIZMODO(Web)

【PR】あえて就職しない!?デジタルハリウッドが大変革する理由を聞いてきた
デジタルハリウッドが、来年2011年4月からクリエイター教育の「大変革」を行うということで、業界サイドから見る 日本の現状と、これからの未来予想を、デジタルハリウッドの講師である長澤大輔さんと、デジタルハリウッドの東京本校マネージャー児玉浩康さんに、対談という形でお話を聞いてきました。

2010-11-05

映画.com(Web)

デジタルハリウッドとSSFFが業務提携発表
デジタルハリウッド(株)と、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を企画運営する(株)パシフィックボイスが業務提携することになり、その発表会が20日、東京・御茶ノ水のデジタルハリウッド東京本校で行われ、DHの杉山知之学長、SSFFの別所哲也代表が出席した。

2010-11-05

プロモバ(Web)

受講料を全額返金保証 ―― 2日間でiPhoneアプリ開発を学べるセミナー開催
シーイーディーコーポレーションは11月13日と同20日、プログラミング初心者を対象にしたセミナー「2日間で最速マスター iPhoneアプリ開発実践セミナー」を開催する。初日の講義に満足できなかった場合は受講料を全額返金する。デジタルハリウッドも同22日、デジタルハリウッド大学院大阪キャンパスで、新講座「企画者と開発者のためのiPhoneアプリ企画開発講座」を開講する。
(BIGLOBEにも同記事掲載)

2010-11-01

週刊アスキー 11月16日号(雑誌)

週刊デジタリアン
TBSラジオ“週刊デジタリアン”に、杉山知之学長が登場しました。女子生徒に人気がある講師・F岡の授業の様子や、学長とF岡が審査員をつとめる『こどもホームページコンテスト』の模様も紹介されました。

2010-11-01

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦のヒットの裏には『人』がいる
デジタルハリウッド大学大学院教授、ヒットコンテンツ研究所の吉田就彦です。このコラムでは、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第18回目のテーマは、森林再生が日本を変える―歴代総理と違った菅総理の視点です。

2010-10-29

Mac People 12月号(雑誌)

「ショートショートフィルムフェスティバル」と「デジタルハリウッド」が目指すものとは
(株)パシフィックボイスと、デジタルハリウッド(株)が業務提携すると発表された。アジア市場へのビジネス拡大を目的としたもので、第一弾として’11年の「ショートショートフィルムフェスティバル」においてCGコンテストを共同開催する。

2010-10-28

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、「高校生クリエイター発掘コンテスト2010”クリコン’10”」開催
デジハリ、「高校生クリエイター発掘コンテスト2010”クリコン’10”」開催 デジタルハリウッド大学は、「高校生クリエイター発掘コンテスト2010"クリコン'10"」にて、作品を募集している。募集作品のテーマは「あなた自身が選ぶマイベスト作品」。パソコンで作成したオリジナルのグラフィック作品・イラスト作品、パソコンで合成・加工した写真作品、または手書きの絵といった作品を募集している。審査はアーティストのヨシヤスや、デジタルハリウッド学長の杉山知之氏、日本カラーイメージ協会理事長/同校教授の南雲治嘉氏が行い、結果は2011年1月14日に同校のWebサイト上で発表する。

2010-10-26

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、「企画者と開発者のためのiPhoneアプリ企画開発講座」開講
デジタルハリウッド大学大学院は、関西圏のデジタルコンテンツ市場の活性化に寄与すべく、新講座「企画者と開発者のためのiPhoneアプリ企画開発講座」を11月22日より開講する。会場はデジタルハリウッド大学大学院 大阪キャンパス。

2010-10-25

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】三浦春馬×多部未華子主演の映画『君に届け』制作秘話
デジタルハリウッド大学は、同校の秋葉原メインキャンパスにて、特別講義「監督が語る『君に届け』ができるまで」を開催した。ゲストは監督の熊澤尚人氏。

2010-10-24

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、Webサイト「趣味なび」とカルチャー教室支援事業での提携を発表
デジタルハリウッドは、趣味の教室に特化した国内最大級のポータルサイト「趣味なび」を運営するサプレと提携を開始した。

2010-10-24

横浜ストリーム(Web)

デジタルサイネージ講座
横浜地域情報化推進協議会が主催で、横浜ストリーム/ICT人材育成を目的としたデジタルサイネージプランナー養成講座開講!デジタルハリウッド大学院 ユビキタスメディア研究室も協力。

2010-10-22

業務提携ニュース(Web)

CG作品に関するプラットフォーム構築を目指す!デジタルハリウッドとショートショートフィルムフェスティバルの業務提携(その2)
パシフィックボイスは、ショートフィルムというデジタルデバイスによる配信に適したコンテンツを通じて、若手クリエイターの育成を目指している。一 方、デジタルハリウッドは、デジタルクリエイターの育成に取り組んできた。このように、両社の目指す方向性は、CGクリエイターの育成という部分で重なり合っており、それが今回の提携に繋がったのだろう。

2010-10-22

業務提携ニュース(Web)

CG作品に関するプラットフォーム構築を目指す!デジタルハリウッドとショートショートフィルムフェスティバルの業務提携(その1)
IT関連及びデジタルコンテンツのスクール事業を展開するデジタルハリウッドは、パシフィックボイスが運営するショートショートフィルム フェスティバルと業務提携することになった。両社は、提携の第一弾として、2011年開催のショートショートフィルムフェスティバルで、CGコンテストを共同開催する。

2010-10-21

THE SECOND TIMES(Web)

「戦国BASARA」、Second Lifeプロジェクト始動!
デジタルハリウッド大学大学院・セカンドライフ研究室が、10月25日(月)より米Linden Lab社が運営する3D仮想世界「Second Life」にて、今まで各都道府県がバラバラに行っていた地域振興を”戦国時代”をモチーフとしたフィールドで結び付け海外へ発信する企画「戦国セカンドライフプロジェクト」を開始する。

2010-10-21

日刊スポーツ(新聞)

別所哲也が開催CGコンテスト
俳優別所哲也が20日、代表を務める国際短編映画祭「ショートフィルムフェスティバル&アジア」と、クリエーター育成を担うデジタルハリウッドとの提携を発表した。来年6月の同祭で「コンピューターグラフィックスコンテスト」を共同開催する。

2010-10-21

日刊自動車新聞(新聞)

Eマーケティング協会が“資格制度”
Eマーケティング協会は、ITを活用したマーケティング技能を評価する「資格制度」をスタートさせる。デジタルハリウッド大学を中心に、ウェブ関連企業やマーケティング企業などが協賛する。

2010-10-21

SANSPO.COM(Web)

別所哲也が代表の映画祭、デジハリと提携
俳優、別所哲也(45)が代表を務めるアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル」と、デジタルコンテンツの人材養成学校を 運営するデジタルハリウッドが業務提携することになり20日、都内で会見した。
(サンケイスポーツ、NikkenTimes、gooにも同記事掲載)

2010-10-20

日経産業新聞(新聞)

パシフィックボイス、デジハリと連携
国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル」を運営するパシフィックボイスはデジタルハリウッドと組み、アジア地域での短編映画の配信・制作事業に乗り出す。提携の第一弾として、2011年の映画祭を共同開催する。

2010-10-20

Sports@nifty(Web)

別所哲也「ショートフィルムは映画原点」
俳優別所哲也(45)が20日、代表を務めるアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF)」と、デジタルクリエーター育成を担うデジタルハリウッド(本社東京・古賀鉄也代表取締役社長)の業務提携を発表、都内で会見した。
(BIGLOBE、@niftyニュースにも同記事掲載)

2010-10-20

tv asahi(Web)

別所“似ているDNA”と提携
俳優の別所哲也(45)が実行委員会代表を務める「ショートショートフィルムフェスティバル」とデジタル分野の人材育成スクール「デジタルハリウッド」(杉山知之学長)が業務提携で合意した。20日、都内で別所と杉山学長が揃って発表した。世界水準のCGクリエイターの養成と輩出の実現を目指して協力していくことで合意。具体的には来年開催の「ショートショートフィルムフェスティバル」でCGコンテストを共同開催する。

2010-10-20

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、ショートショートフィルムフェスティバルとの業務提携を発表
デジタルハリウッドは20日、ショートショートフィルムフェスティバル(SSFF)と、業務提携することを発表した。本提携はショートショートフィルムフェスティバルと共にアジア市場へ向けた業務拡大を目的としたもの。今後、「世界基準のCGクリエイターの養成と輩出」の実現と、「マネタイズできる世界のCG作品に関するプラットフォームの構築」を目指していくという。

2010-10-20

シネマトゥデイ(Web)

『君に届け』多部未華子&三浦春馬を主演にした理由とは?ヒットメーカー熊澤尚人監督が明かす
19日、映画『君に届け』の公開を記念し、熊澤尚人監督がデジタルハリウッド大学で公開講座を行い、主演コンビの多部未華子と三浦春馬を絶賛したほか、撮影中の二人の様子を明かした。
(Yahoo! Japan、@nifty映画、goo、excite、Sports@nifty、livedoorにも同記事掲載)

2010-10-14

人民網 日本語版(Web)

日本の「放任主義」教育、留学生にプレッシャー
東京のデジタルハリウッド大学はデジタルコンテンツに精通した 専門家を育てる為の私立大学である。ここでアニメ製作を勉強している金城さんは、「言葉の壁がなければ、大部分の日本のカリキュラムは留学生にとっては簡単すぎる」と言っていた。

2010-10-12

週刊東洋経済10/16号(雑誌)

デジタルハリウッド大学は入学時に渡米
入学式の翌日に、約200人の新入生が渡米。映画の本場・ハリウッドでソニーピクチャーズスタジオを見学し、現地で働く卒業生の講義を聞く――。こんなユニークな海外研修を行っているのが、デジタルハリウッド大学だ。「学習意欲を高めるには、将来の目標を明確にすることが必要。それには実際の現場で働く人に触れるのがいちばん。買い物などの場面で英語力の低さを実感させるのも狙いで、帰国後のカリキュラム選択に利いてくる」と、杉山学長は語った。

2010-10-12

ファミ通.com(Web)

“I Love iPhone”第9回 リラックマアプリの新作が一挙2本発表
Apple Store銀座にてイベント“I Love iPhone”が開催された。デジタルハリウッド大学大学院は、社会人大学生で構成されている“こどもラボ”が現在進めているプロジェクトと、そのなかで配信されるiPhoneアプリ について紹介した。

2010-10-12

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】デジハリ、Webサービス「Evernote」のDevelopers Meeting開催
デジタルハリウッド大学大学院は、今世間で話題沸騰中のWebサービス「Evernote」を提供するエバーノート・コーポレーションによる、日本初の Evernoteアプリケーションディベロッパー及びWebディベロッパーを対象としたイベント「Evernote Developers Meeting」を開催した。

2010-10-09

マイコミジャーナル(Web)

中田秀寿の電子書籍『NAKATA MAP』のデザイン制作を現役学生が担当
デジタルハリウッドは、実践力トレーニングOJT(On-the-Job Training)としてサッカー元日本代表の中田英寿氏の電子書籍「NAKATA MAP」(価格は800円 、キャンペーン期間中は600円)のデザイン制作、レイアウト編集を行った。

2010-10-07

マイコミジャーナル(Web)

現役学生が製作した、映画『マジでガチなボランティア』の公式サイト公開
デジタルハリウッドは、実践力トレーニングOJT(On-the-Job Training)としてドキュメンタリー映画『マジでガチなボランティア』の公式サイトのリニューアルを行った。

2010-10-05

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】次世代クリエイター’s VOICE
大ヒットDVD『スキージャンプ・ペア』や映画『東京オンリーピック』、最新作では気軽に疑似競馬体験ができるWebサイト「シネマ競馬 / JAPAN WORLD CUP」など、常に独創的なセンスで映像作品を生み出す映像作家・真島理一郎に、作品制作にかける想いやスタンスについて伺った。今回お話を伺った真島監督は、デジタルハリウッドの卒業生だ。

2010-10-04

マイコミジャーナル(Web)

週刊現代10/16号(雑誌)
デジタルハリウッドの卒業生、東大「総長大賞」を受賞 昨年からスタートした裁判員裁判。その記念すべき第1号事件で、検察側は、3DCGで処理した司法解剖写真を、証拠として提示した。過去に例のないまったく新しい手法を提案したのが、現在東京大学医学部医学科6年生の瀬尾拡史氏。デジハリに通い、半年は技術の習得を、半年は作品作りに取り組んだという。

2010-10-01

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
デジタルハリウッド大学大学院教授、ヒットコンテンツ研究所の吉田就彦です。このコラムでは、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの 「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第15回目のテーマは、映画で地域おこし - 庄内映画村株式会社の挑戦です。

2010-09-29

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】映画『借りぐらしのアリエッティ』から学ぶ、スタジオジブリのCG活用法
スタジオジブリの最新作で、日本国内はもちろん海外でも高い評価を得ているアニメーション映画『借りぐらしのアリエッティ』。そのCGメイキングセミナーがデジタルハリウッド東京本校にて開催された。講師の三好紀彦氏は2000年度本科クリエイティブを専攻し、翌2001年度マスターコースを修了したデジタルハリウッドの卒業生。非常に和やかな雰囲気のなかでセミナーはスタートした。

2010-09-27

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、「東京発 日本ファッション・ウィーク」のUSTREAM配信実験実施
デジハリ、「東京発 日本ファッション・ウィーク」のUSTREAM配信実験実施 デジタルハリウッドは、デジタルハリウッド大学大学院の4期生・平田元吉氏が代表を務める、モード・ファクトリー・ドット・コムと同大学院・ライブメディ ア研究会のメンバーが中心となり、「東京発 日本ファッション・ウィーク」(JFW in Tokyo)の主要ブランドショーのUstream共同配信実験を行うことを発表した。

2010-09-24

シネマトゥデイ(Web)

手描きアニメにこだわるスタジオジブリ宮崎監督に素朴な疑問!「なぜいつもエプロンを着けているの?」
[シネマトゥデイ映画ニュース] 18日、御茶ノ水のデジタルハリウッド東京本校で、映画『借りぐらしのアリエッティ』CGメイキングセミナーが行われ、現在はスタジオジブリでCG制作に携わる同校卒業生の三好紀彦氏がジブリアニメ制作の秘密を披露した。

2010-09-23

マイコミジャーナル(Web)

現役デジハリ生、プロゴルフトーナメントのWeb特設サイト制作
デジタルハリウッドは、実践力トレーニングOJT(On-the-Job Training)としてVanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメントのWeb特設サイトを制作した。チームごとに提案を行うグループワーク形式でスタートし、各グループより提案された企画の中から選ばれた最終案をデジタルハリウッド福岡校の受講生5名が 約3週間かけて制作した。

2010-09-19

マイコミジャーナル(Web)

『ウサビッチ』の映像制作会社が語る、アニメーション制作のポイントとは
デジタルハリウッド大学大学院は、関西マルチメディアサービスと共同で、『ウサビッチ』などの作品で知られるカナバングラフィックスの富岡聡氏を招き、特別セミナー「カナバングラフィックスに学ぶ、映像制作のポイントは?」を開催する。開催日は2010年10月1日(大阪)、7日(東京)。

2010-09-18

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】クリエイター業界最前線 (11)HTML5で変わるWebデザイン
デジタルハリウッド講師が、業界の動向や最新事情について解説していく本コラム。今回はデジタルハリウッド専任講師の栗谷幸助氏が、「Web制作において現在使われている技術、そしてこれから使われていく技術」について紹介します。

2010-09-16

Best Gear 11月号(雑誌)

iPadの新説明書
iPadを買ったけど楽しみ方が分からない人に朗報!実は、iPadって“流し見る”だけで楽しめるんです。そんなカジュアルなiPadの使用法について、“デジタルハリウッド大学の専任教授”川井拓也氏が教えてくれました。

2010-09-16

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
デジタルハリウッド大学大学院教授、ヒットコンテンツ研究所の吉田就彦です。このコラムでは、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第15回目のテーマは、風姿花伝-世阿弥に見るヒットの極意「花」です。

2010-09-15

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】粟津順監督&宮原眞CGディレクターが語る、映画『プランゼット』制作の裏側
デジタルハリウッドは、東京本校にて、国内外より高く評価されている映画監督、粟津順氏とCGディレクター宮原眞氏を講師として招き、「映画『プランゼット』Blu-ray&DVD発売記念CGメイキングセミナー」を開催した。

2010-09-11

マイコミジャーナル(Web)

映画『ハナミズキ』の土井監督が語る-映画制作において大切なこととは
デジタルハリウッド大学は、デジタルハリウッド大学・秋葉原キャンパスにて、土井裕泰監督と那須田淳プロデューサーをゲストに特別講座「プロデューサーが語る『君と好きな人が百年続きますように』ができるまで」を開催した。

2010-09-10

マイコミジャーナル(Web)

現役デジハリ生、「第5回子どもフェスティバル」の公式Webサイトを制作
デジタルハリウッドは、実践力トレーニングOJT(On-the-Job Training)として第5回子どもフェスティバル実行委員会・逗子市芸術文化事業協会・逗子市教育委員会が主催する「第5回子どもフェスティバル」の公式Webサイトを制作した。今回、このOJTを行ったデジタルハリウッド渋谷校の受講生有志メンバー12名は、企画提案、素材制作からWebサイト化まで、ひとつのプロジェクトチームとして挑み、約2カ月間でWebサイトを制作した。

2010-09-10

マイコミジャーナル(Web)

Twitter機能を盛り込んだ「逗子海岸花火大会」公式Webサイトを学生が制作
デジタルハリウッドは、実践力トレーニングOJT(On-the-Job Training)として逗子海岸花火大会の公式Webサイトを制作した。今回、このOJTを行ったのはデジタルハリウッド渋谷校の受講生有志メンバー15名。同校では逗子海岸花火大会OJTを2003年から8年間連続で取り組んでいる。

2010-09-10

マイコミジャーナル(Web)

現役デジハリ生、「第5回子どもフェスティバル」の公式Webサイトを制作
デジタルハリウッドは、実践力トレーニングOJT(On-the-Job Training)として第5回子どもフェスティバル実行委員会・逗子市芸術文化事業協会・逗子市教育委員会が主催する「第5回子どもフェスティバル」の公式Webサイトを制作した。

2010-09-08

週刊シネママガジン(Web)

『ハナミズキ』5億円を40億円にする方法
9月4日(土)、デジタルハリウッド大学(秋葉原)にて、映画『ハナミズキ』の那須田淳プロデューサーと土井裕泰監督が公開講座を行った。「映画というのは、色々な人が出資して、何年もかけて力を注ぐので、出資した額以上の収益を出さなければいけません。トントンじゃ意味がないんです。たくさんの人に来てもらうためには、良い作品を作らなければいけない」と切り出したのは那須田プロデューサー。映画のビジネス戦略についてたっぷりと語ってくれた。

2010-09-06

シネマトゥデイ(Web)

新垣結衣主演の『ハナミズキ』はなぜヒットしたのか!?その秘密を監督・プロデューサーが明かす!
4日、デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパスで公開講座「プロデューサーが語る映画『ハナミズキ』ができるまで」が行われ、本作の土井裕泰監 督、TBSプロデューサーの那須田淳が登場。本作製作における裏話を披露した。

2010-09-06

AERA 9月13日号(雑誌)

こんな大学・学部に入りたい
知名度や偏差値にとらわれず、本当に自分に合った大学を選ぶ学生が増えている。「時代が私たちに追いついてきた実感があります。有名進学校の高校生が教育内容で選んで入学してくれるようになったし、有名大学を中退して来る学生もいます」と、デジタルハリウッド大学の杉山知之学長は語っている。

2010-09-05

Walker plus(Web)

“アリエッティ”や“踊る”も関係?! 映画「ハナミズキ」大ヒットの理由
アーティスト・一青窈のヒット曲をモチーフにした純愛映画『ハナミズキ 君と好きな人が、百年続きますように』は、公開後2週連続で観客動員数の首位を獲得。現在大ヒット上映中だ。そんな中、秋葉原のデジタルハリウッド大学では9月4日(土)に公開講座が行われ、同映画の土井裕泰監督と那須田淳プロデューサーが登場。2人は製作秘話や製作プロセスなどとともに、大ヒットの要因について明かしていた。

2010-09-03

マイコミジャーナル(Web)

次世代の放送を担う斬新な企画を募集-「MULTIMEDIA CONTENTS AWARDS」開催
デジタルハリウッドとエフエム東京は、未来の放送クリエイターを募集するコンテスト「MULTIMEDIA CONTENTS AWARDS 2010」を開催している。作品募集締め切りは9月25日。本コンテストは、マルチメディア放送時代のコンテンツクリエイターを発掘・育成することを目的としたコンテスト。

2010-09-01

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】次世代クリエイター’s VOICE
iPhoneアプリ市場で、無料アプリランキング首位を獲得した「JETMAN」の取締役 / クリエイティブディレクター・吉岡章夫と取締役の中路真紀に売れるiPhoneアプリを作るコツを伺った。今回お話を伺った吉岡氏、中路氏のおふたりは、ともにデジタルハリウッドの卒業生。

2010-09-01

文化通信(Web)

TFM×デジハリ、V-Lowクリエイター発掘へアワード新設
エフエム東京とデジタルハリウッドは、VHF‐Low帯マルチメディア放送のサービスを担うクリエイターの発掘・育成を目指す新たなコンテスト「MULTIMEDIA CONTENTS AWARDS(マルチメディア・コンテンツ・アワード)2010」を開催する。

2010-09-01

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
デジタルハリウッド大学大学院教授、ヒットコンテンツ研究所の吉田就彦です。このコラムでは、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第14回目のテーマは、料理で地場食材を支持-奥田シェフが目指す地産地消の広がりです。

2010-08-29

東京新聞(新聞)

喫茶店で脚本作り、せりふ口頭指示
たった1日で短編映画を完成させ出来を競う“世界最短”の「24時間映画祭」が28日、東京で始まった。シナリオ作りから撮影、編集までこなし、3~10分の短編映画を完成させて“納品”する。参加作品は29日午後6時から、デジタルハリウッド大学東京本校での上映会(入場料千円)で披露される。来場者らが投票で優秀作品を選ぶ。

2010-08-25

BIG tomorrow 10月号(雑誌)

USTREAMの「ビジネス力」を徹底検証!!
ユーストリーム内における課金システムの整備が実施されれば、通販番組のように視聴者がその場で製品など購入したり、有料セミナーも開催でき、仮に実現すればユーストリームはさらに影響力のあるメディアになること間違いない。と、デジタルハリウッド大学院教授/株式会社ヒマナイヌ代表の川井拓也さんは、ユーストリームの今後の展開を予測している。

2010-08-25

朝日新聞(新聞)

個性派映画祭2年ぶり復活
24時間で短編映画を完成させようというイベント「24時間映画祭」が2年ぶりに復活し、28、29の両日、都内で開かれる。審査を兼ねた上映会は29日午後6時から、御茶ノ水のデジタルハリウッド東京本校で。上映会入場料は千円。

2010-08-25

asahi.com(Web)

実行委員長急死で中断 映画祭、婚約者の手で復活
24時間で短編映画を完成させようというイベント「24時間映画祭」(http://www.24eiga.com/)が2年ぶりに復活し、28、29の両日、都内で開かれる。2006年に東京で始まり、全国各地で開かれていたが、実行委員長だった創始者の突然の死で08年秋を最後に中断していた。今回、創始者の婚約者が委員長を引き継ぎ、映画祭を「冬眠」から目覚めさせた。審査会を兼ねた上映会は29日午後6時から、御茶ノ水のデジタルハリウッド東京本校で。上映会入場料は千円。

2010-08-25

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】クリエイター業界最前線 ⑩Webクリエイターのホントの年収を大公開!!
デジタルハリウッド講師が、業界の動向や最新事情について解説していく本コラム。今回はデジタルハリウッド専任講師の栗谷幸助氏が「Web業界の雇用形態と平均収入」について紹介していきます。

2010-08-25

PRONEWS(Web)

第7回「24時間映画祭」を8月28・29日に東京にて開催
イベント当日の8月28日10時から東京都新宿区のStudio D21にて行われる開会式後にくじを引き、引き当てた「人・物・場所」に関する3つのテーマを必ず盛り込んだ3~10分の作品を制作。シナリオ執筆から撮影、編集などの制作作業を逐次リアルタイムで報告しつつ24時間以内で作品を完成させる。完成した作品は、翌29日18時から東京都千代田区のデジタルハリウッド東京本校にて行われる上映パーティーにて上映される。

2010-08-20

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】【クリエイター100選】第51回 古新舜(映画作家/Filmmaker)
雑誌『+DESIGNING』、雑誌『Web Designing』、『マイコミジャーナル』の3媒体が、様々なジャンルのクリエイターたちを100人連続で紹介していく新企画。第51回は、映画作家 /Filmmakerの古新舜が登場。(オフィシャルWebサイト→ http://coneyfilm.com/)現在、デジタルハリウッド大学院在籍、原作本を題材にした初の長編映画を企画開発中。

2010-08-19

日本経済新聞(新聞)

昔の臆病者仲間
臆病者だった2人が社会のリーダーになった。そのうちの1人が、デジタルコンテンツの人材育成のデジタルハリウッド社長兼最高経営責任者の古賀鉄也氏だ。「他人と比較しないで昨日の自分と比較しろ。昨日の自分より伸びていればそれでいいじゃないか」という恩師の言葉が生きる支えとなって「ここまで来られた」と話していた。

2010-08-17

Web R25(Web)

トイレで、道端で...どうして人はつばを吐くのか?
道端や駅のホームでつばを吐く人、いますよね。日常的につば吐くクセのある人は、何かほかの理由があるのでしょうか。「マナーに反することを自ら進んで行うわけですから、『自分は偉いんだ』とアピールし、周囲を威嚇している面もあると思います。犬のマーキングのように、 自分がその空間の支配者だと主張している…と見ることもできますね」そう話すのは『しぐさで見抜く相手のホンネ』(扶桑社)を監修した、デジタルハリウッド大学の匠英一教授。
(So-net、excite.にも同記事掲載)

2010-08-17

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】オリジナル作品ならではのPR戦略 – 劇場アニメ作品『宇宙ショーへようこそ』
デジタルハリウッド大学は、舛成孝二監督と落越友則プロデューサーを招き、特別講義「監督とプロデューサーが語る、映画『宇宙ショーへようこそ』ができるまで」を開催した。

2010-08-16

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
デジタルハリウッド大学大学院教授、ヒットコンテンツ研究所の吉田就彦です。このコラムでは、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第13回目のテーマは、絶えず前進 - キリン・加藤会長の首位奪還への挑戦です。

2010-08-13

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】吉浦康裕監督のオリジナルアニメ『イヴの時間』はこうして生まれた
デジタルハリウッド大学は、秋葉原メインキャンパスにて気鋭の映像クリエイター吉浦康裕氏を講師として招き、公開講座「監督が語る オリジナル原作のアニメーションができるまで」を開催した。

2010-08-12

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ生3名が「SIGGRAPH2010」で入選!! 現地報告イベントも開催
デジタルハリウッドは、2010年7月25日~29日にアメリカ・ロサンゼルスで開催された世界最高峰のCGの祭典「SIGGRAPH2010」の現地報 告イベント「SIGGRAPH REPORT 2010」を開催する。開催日は8月21日。会場はデジタルハリウッド東京本校。

2010-08-11

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】「SIGGRAPH2010」から見る、CG・映像制作現場を取り巻く現状と未来
マイコミジャーナルをご覧の皆さん、こんにちは。デジタルハリウッド講師の小倉イサクです。今回は、コラム「クリエイター業界最前線」の番外編として、7月末にアメリカで開催された「SIGGRAPH2010」の会場の様子を紹介していきたいと思います。

2010-08-09

日本情報産業新聞(新聞)

スクールPad構想を提唱
デジタル・ナレッジは、デジタルハリウッド、ボーンデジタル、ワークスコーポレーションと「電子書籍を活用した教育スタイル創造研究会」を発足させた。デジタルハリウッドが運営するスクールや大学、大学院の講師や学生を活用することで、効果や課題を検証し、実際の教育現場の使用に耐える運用効率性と、高い教育効果を発揮できるデジタル教材の開発を進める。

2010-08-04

SUPERCONSUMER(Web)

デジタルハリウッド大学×スーパーコンシューマー
デジタルハリウッド大学とスーパーコンシューマーの産学連携企画。 橋本大也さんの研究室の大学生とモノつくりを考える。プロダクトができるまでを、10回で紹介していく。

2010-08-04

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】クリエイター業界最前線
デジタルハリウッド講師が、業界の動向や最新事情について解説していく本コラム。 今回は、前回に引き続きデジタルハリウッド専任講師の栗谷幸助氏より、「Web業界の職種とその役割とは」について紹介していきたいと思います。

2010-08-02

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】次世代クリエイター’s VOICE(Web)
デジタルハリウッドでは、これまで数多くの若き優秀なクリエイターを輩出してきた。今回は、自身もデジタルハリウッド在籍中に、SIGGRAPH入選を果 たした優秀な映像クリエイターのひとりであり、現在講師としてデジタルハリウッドで3DCGを教えている山本浩司氏に、今の映像業界の流れやクリエイター に必要な素質などを伺った。

2010-08-02

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦の『ヒットの裏には「人」がいる』
デジタルハリウッド大学大学院教授、ヒットコンテンツ研究所の吉田就彦によるコラム、「吉田就彦の『ヒットの裏には「人」がいる』」では、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していきます。第12回目のテーマは、青い目をジャーナリストの目に変える - バラール氏が伝えたCOOL JAPANです。

2010-08-01

宣伝会議(雑誌)

第9回モバイル広告大賞 受賞作品発表
6月、今年で9回目を迎えるモバイル広告大賞が発表された。デジタルハリウッド大学の学長、杉山知之氏も審査員として登場。「国を超えた企画は新機軸として印象的」とコメントを残した。

2010-08-01

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、短期集中型サマースクール「DHGS SUMMER SCHOOL 2010」開校
デジタルハリウッド大学大学院は、ケーススタディなどを通じ最新の「デジタル・マーケティング」を短期間で集中的に学べる「DHGS SUMMER SCHOOL 2010」を開校する。会場はデジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス。

2010-07-31

SankeiBiz(Web)

“デジハリ”の肖像 「100人が束になってもかなわない作品を」
「何にでも対応できるデザイナー」をモットーにしている大森清一さん(33)は、CGを本格的に学ぶためデジタルハリウッドに入学した。卒業後は、CG関連のプロダクションに入社し、キャリアを積み重ね念願の独立を果たした。それ以降、テレビ番組やCMをはじめとして着実に仕事をこなしている。さらに、2005年にはデジハリ大学院の特待生第1号として“再入学”もしている。
(FujiSankei Business i.にも同記事掲載)

2010-07-30

知的財産教育協会(Web)

「日本のコンテンツを世界に届けるプロデューサーに、大いなる可能性」 杉山知之氏
コンテンツ業界ではなぜ知的財産のスキルや知識が求められているのか。1級(コンテンツ専門業務)実施にあたって、テレビ局、音楽・映像ソフト制作会社、インターネットサービス事業会社、出版社、ゲームソフト制作会社などコンテンツ分野の第一線で活躍している方々にインタビューをしましたので紹介します。(全7回)第1回は、デジタルハリウッド大学大学院学長、杉山知之氏です。

2010-07-29

Biz.ID(Web)

シズル感が重要 ヒマナイヌの川井氏「ライブ配信10の掟」
USTREAMやニコニコ生放送などのライブ配信サービスが注目を集めているが、「何を配信したらいいか分からない」「どんなやり方をしたらいいか分からない」などの悩みも多い。
「自社の業務で一番“シズル”を感じるところをライブ配信したらいい」と言うのはライブ配信を多数手がけているヒマナイヌの川井拓也代表(デジタルハリウッド大学院教授)だ。
(@nifty、livedoor、BIGLOBE、Yahoo! Japan、exciteにも同記事掲載)

2010-07-28

プロモバ(Web)

学習に必要なすべての情報をiPadに集約 デジタルハリウッドら4社、「スクールPad」構想を発表
デジタルハリウッド、デジタル・ナレッジ、ボーンデジタル、ワークスコーポレーションは、4社共同で発足した「電子書籍を活用した教育スタイル創造研究 会」の活動について、「e-Learning WORLD 2.0」で発表することを明らかにした。e-Learning WORLD 2.0は7月28日から同30日まで、東京ビッグサイトで開催される。
(Yahoo! Japan、exciteにも同記事掲載)

2010-07-27

マイコミジャーナル(Web)

デジタル教科書+eラーニング統合環境の新教育スタイル『スクールPad構想』
デジタルハリウッドは、デジタル・ナレッジ、ボーンデジタル、ワークスコーポレーションとともに研究活動中の『電子書籍を活用した教育スタイル創造研究 会』として、2010年7月28日~30日に開催されるイベント『e-Learning WORLD 2.0 -Expo&Conference-』にて、デジタル教科書 + eラーニング統合環境の新教育スタイル『スクールPad』構想を発表する。

2010-07-22

日本経済新聞(新聞)

「つぶやき」で広がる人の輪
事業仕分けや参院選候補者の公開討論会の中継で認知度が上がったインターネットを使った生中継。政治以外にも、音楽や著名人の対談、シンポジウムなど幅広い中継がある。「USTREAM 世界を変えるネット生中継」の著者で、デジタルハリウッド大学院専任教授の川井拓也さんは「中継が面白いのは、見知らぬ同好の士と動画を介してコミュニケーションできる点だ」と指摘する。

2010-07-22

マイコミジャーナル(Web)

クラウドコンピューティングについて初歩から学べるセミナー開催
デジタルハリウッド大学大学院は、インフォニックと共催で、DHGSアカデミー「クラウドコンピューティングで何が変わるのか~関西再生の鍵はクラウドに あり~」を開催する。開催日は8月4日。会場はデジタルハリウッド大学大学院・大阪キャンパス。

2010-07-21

マイコミジャーナル(Web)

【インタビュー】(前編)『ハルヒ』、『らき☆すた』山本寛監督 - 初の実写映画にかけた想いとは
現在公開中の映画『私の優しくない先輩』。本作品は、川島海荷とはんにゃの金田哲のダブル主演や、アニメ『涼宮ハルヒの 憂鬱』シリーズでヒットを飛ばした山本寛監督による初の実写映画として、公開前から話題となっていた作品だ。前編では、この作品に対する想いや初の実写制作について、デジタルハリウッド大学で「デジハリ生限定特別先行試写会&メイキングセミナー~山本寛監督が語る、映画『私の優しくない先輩』ができるまで~」を行った山本監督に話を伺った。

2010-07-21

マイコミジャーナル(Web)

【インタビュー】(後編)山本寛監督が語る -『エヴァ』が映像業界にもたらした大き過ぎる影響
デジタルハリウッド大学で「デジハリ生限定特別先行試写会&メイキングセミナー~山本寛監督が語る、映画『私の優しくない先輩』ができるまで~」を行った山本監督。後編では、映画『私の優しくない先輩』とアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の関わりから『新世紀エヴァンゲリオン』が映像業界にもたらした影響などについて山本監督に話を伺った。

2010-07-20

週刊シネママガジン(Web)

『私の優しくない先輩』アニメ界の人気作家・山本寛が実写映画を作る理由
『私の優しくない先輩』の山本寛監督(35)が、7月15日(木)、デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパスで行われた特別試写会に出席し、制作の裏側を語るメイキングセミナーを行った。
(livedoorにも同記事掲載)

2010-07-19

日刊アメーバニュース(Web)

TSUTAYA、2010年の上半期文庫ランキング発表 1位は「告白」
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、書籍・雑誌を取り扱うTSUTAYA BOOKS約600店舗にてキャンペーンを実施する。同キャンペーンでは、デジタルハリウッドとのコラボレーションによるオリジナルデザインの4種類ブックカバーが選べるようにするほか、文庫本2冊以上購入でTポイントが2倍貯まるなどの特典が用意されている。実施期間は7月1日~8月31日まで。
(excite、@niftyにも同記事掲載)

2010-07-18

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】クリエイター業界最前線 ⑧Webデザインの流れを料理番組風にわかりやすく紹介!
デジタルハリウッド講師が、業界の動向や最新事情について解説していく本コラム。今回はデジタルハリウッド専任講師の栗谷幸助氏が4回に渡り、Webデザインの流れについて紹介していきます。

2010-07-18

Yahoo Japan(Web)

難波でツイッター成功事例を語る「ツイサミット」開催-300人が参加/大阪
大阪・ミナミの難波御堂筋ホールで7月17日、ツイッターを活用した成功事例を発表するイベント「ツイサミットJAPAN in OSAKA」が開催され、300人あまりが参加した。第2部では、デジタルハリウッド大学大学院客員教授の塩見政春さんが司会となり、ツイッターを活用する経営者らによるパネルディスカッションを行った。

2010-07-17

SankeiBiz(Web)

“デジハリ”の肖像 人気集めるシュールな「真島ワールド」
デジハリ仕込みの著名な作品といえば「スキージャンプ・ペア」。2人の選手が1組のスキー板を使ってジャンプするという架空のスポーツだ。制作者はイディオッツの代表を務める人気映像作家、真島理一郎氏(37)。今後の目標は自分なりの個性を反映させた、オリジナルの企画を打ち出すことだそうだ。
(FujiSankei Business i. にも同記事掲載)

2010-07-17

SankeiBiz(Web)

“デジハリ”の肖像 人気集める シュールな「真島ワールド」
真島氏は千葉大学で環境・空間デザインを学び、卒業後は福岡に本社を置くデベロッパーに就職。地元の大型施設の開発に携わった。しかし、海外のシュールな映画が好きなこともあって映像デザインに対する未練は募るばかり。このため3年で会社を退職し、デジハリの福岡校に1年間通った。

2010-07-16

日経マーケティングジャーナル(新聞)

日本のポップカルチャー 外国人向け短期講座
東京・秋葉原のデジタルハリウッド大学は、アニメや漫画など日本のポップカルチャーに興味を持つ外国人を対象にした短期講座を7月26日から8月6日まで開催する。体験授業は秋葉原を中心に「ポップカルチャーを体験できるプログラムを用意する」という。

2010-07-16

Best Gear 9月号(雑誌)

アナタにとっての最強iPadは3Gモデル ? Wi-Fiモデル ?
発売から約1ヵ月半。存在の新しさ故、3Gモデルを購入すべきか、Wi-Fiモデルを選択すべきか迷っている人も多いiPad。ここではiPadを使い倒す最先端なクリエイティブ・ディレクターの梶原由景氏と、デジタルハリウッド大学院の専任教授で、ヒマナイヌ代表取締役の川井拓也氏に、購入動機と使い方、さらに使って分かった○と×を教わった。

2010-07-16

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】「クリエイター100選」第37回 藤川真一(エンジニア/プロデューサー)
雑誌『+DESIGNING』、雑誌『Web Designing』、『マイコミジャーナル』の3媒体が、様々なジャンルのクリエイターたちを100人連続で紹介していく新企画。第37回は、Twitterアクセスサービス「モバツイ」をひとりで開発したエンジニア/プロデューサーの藤川真一(デジタルハリウッドの卒業生)が登場。

2010-07-14

日経マーケティングジャーナル(新聞)

三淵啓自のECの波頭
SIMロック解除へ動き出したが、日本の対応はまだ遅れているのが現状である。携帯端末メーカーも、国内市場だけ見ていては厳しくなるので世界市場に柔軟に対応した取り組みが必要であると、デジタルハリウッド大学教授の三淵啓自氏は語っている。

2010-07-13

マイコミジャーナル(Web)

日本のポップカルチャーを体感できる、外国人向け「サマープログラム」開催
デジタルハリウッド大学は、アニメ・漫画・ゲームなどのポップカルチャーや、茶道・日本庭園といった日本のコンテンツの元祖となる伝統文化について学ぶ 「サマープログラム」を開催する。開催期間は2010年7月26日~8月6日。

2010-07-13

ANIMAX(Web)

明治大、海外学生向けにクールジャパンを学ぶ夏季プログラム
明治大学は8月2日 から13日まで、日本のポップカルチャーに関心のある海外の学生に向けた夏季プログラム「Cool Japan Summer Program 2010」を開講する。プログラムは「Discover Your Cool Japan」とキャッチフレーズがつけられて、なかでもマンガとアニメにフォーカスする。こうした国内の大学による海外の学生向けの夏季日本ポップカルチャー体験プログラムは、明治大学だけでなく テンプル大学日本校も数年前から行い好評を博している。また、デジタルハリウッド大学でも同様の企画を持っている。

2010-07-13

THE SECOND TIMES(Web)

8/7~ 8/8、セカンドライフの日本人ユーザーのお祭り「SL24 ザ・夏祭り2010」開催
8月7日(土)~8月8日(日)にセカンドライフの日本人ユーザーが作る夏祭りイベント「SL24 ザ・夏祭り2010」が開催される。4年目を迎える今年は、仮想世界を一つのジャンルとして区切るのではなく、さまざまなサービスとも組み合わせたイベントも視野に入れて開催するとのこと。デジタルハリウッド大学院セカンドライフ研究室(http://www.dhsl.jp/)も、このイベントに参加する。

2010-07-13

マイコミジャーナル(Web)

日本のポップカルチャーを体感できる、外国人向け「サマープログラム」開催
デジタルハリウッド大学は、アニメ・漫画・ゲームなどのポップカルチャーや、茶道・日本庭園といった日本のコンテンツの元祖となる伝統文化について学ぶ 「サマープログラム」( http://www.dhw.ac.jp/summer-program2010/ )を開催する。開催期間は2010年7月26日~8月6日。

2010-07-13

京都新聞(Web)

ツイッター投稿で錦市場割引 西御座神輿の写真添付
京都市中京区の錦市場は、短文をインターネット上に投稿する「ツイッター」で、祇園祭の西御座の神輿の写真を投稿した買い物客向け に18日から割引サービスを始める。(京都錦市場の公式サイトをデジタルハリウッドの学生がOJT制作しています)
(Yahoo! Japanにも同記事掲載)

2010-07-12

PC USER(Web)

「EVGAを定番ブランド化するようにがんばりますっ」――常連もレアメーカーも精力的にアピール
7月10日と11日に、秋葉原電気街振興会主催の自作PCイベント「AKIBAX2010 PC DIYフェスタ」が開 かれた。会場は電気街の中心地にあるベルサール秋葉原の1階と地下1階だ。協賛企業は、マイクロソフトにインテル、日本AMD、リンクスインターナショナル、日立GST、アスク、イーアリーナ、CFD販売、三菱電機、ルナスケー プ、CEREVO、デジタルハリウッド大学など。
(Yahoo! Japan、BIGLOBE、livedoor、Infoseek楽天、exciteにも同記事掲載)

2010-07-11

BIGLOBE(Web)

PCから生まれる夢の世界!デジハリ、ワークショップを開催【AKIBAX2010】
秋葉原電気街振興会は、自作パソコンの聖地「秋葉原」において、自作パソコン(PCDIY)をテーマにしたイベント「AKIBAX2010 PCDIYフェスタ」を本日(2010年7月10日)より開催した。日本初のクリエイター養成学校、デジタルハリウッド大学の人気講師によるワークショップも開催され、会場は参加者で埋め尽くされていた。

2010-07-09

東京都立久留米西高等学校(Web)

デジタルハリウッド大学の先生による特別講義
7月8日の5-6時間目に3年生の「情報と表現」選択者を対象にデジタルハリウッド大学の先生による特別講義が行われました。大学から映画やCMのCGデザイナーとして活躍されている、小倉イサク先生をお招きして、SFXやVFX、3DCG、アニメーションなど幅広く講義をいただきました。公開前の最新のPVを見たり、デジタルハリウッド大学の学生さんが作成された作品の鑑賞など、あっという間の2時間でした。

2010-07-08

マジつぶ!(Web)

デジハリ、Webクリエイティブに関するセミナーを大阪、福岡で連続開催
デジタルハリウッドは、セミナーイベント「クライアントの心をつかむクリエイティブコミュニケーション」を大阪と福岡で開催する。開催日は7月29日にデジタルハリウッド福岡校、7月30日にデジタルハリウッド大阪校。

2010-07-08

日経産業新聞(新聞)

企業側の付き合い方
ミニブログ「ツイッター」や交流サイト(SNS)などのソーシャルメディア。消費者との対話の手段として無視できない存在になってきたが、まだ接し方を決めかねている企業も多い。ソーシャルメディアの動向と企業のメディア戦略に詳しいデジタルハリウッド大学大学院教授であり、ヒットコンテンツ研究所の社長である吉田就彦さんに活用の心得を聞いた。

2010-07-08

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、「USTREAMスタジオ アキバ」開設イベントに協力
デジタルハリウッド大学大学院は、「USTREAMスタジオ アキバ」の開設記念イベントとして行う歌手・広瀬香美のUstream番組「Friday Kohmi」の生放送に協力する。この生放送の協力は、同校の「ヒットコンテンツ研究室」、「ユビキタスメディア研究室」が中心となり行うもの。また、同校修了生が代表取締役を務める、コンディションイエローも本番組の制作に協力していくとのこと。

2010-07-08

ネットで楽しむ生放送 USTREAM & ニコ生ガイド(雑誌)

デジハリ杉山学長に聞く ソーシャルネットワークでつながる「ボクらの未来」
USTREAMやTwitterといったサービスは、私たちの生活を大きく変える可能性を持つ。そこからどんな未来が開けるのだろうか?15年にわたり技術の最先端を走り続ける「デジタルハリウッド」の杉山学長に聞いてみた。

2010-07

Web Designing(雑誌)

Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワード2010
新しいコミュニケーションを。新しいクリエイティブを。見る人に感動を。才能ある表現者たちを発掘・支援するために、今年も、Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワードを開催します。募集期間は2010.07.15~2010.08.10

2010-07-06

関西ウォーカー 7月号(雑誌)

「USTREAM」の伝道師が大阪に降臨 ヒマナイヌの川井さんに突撃インタビュー
誰でもいつでもどこでもネット生中継ができるネットサービス「USTREAM」、略してUST。その伝道師にして日本発のUSTREAM本の著者、ヒマナイヌの代表でありデジタルハリウッド大学院教授でもある川井拓也さんが大阪にやってきた!

2010-07-06

マイコミジャーナル(Web)

環境活動家・中渓氏が語る、デジタルが可能にする新しいキャリアの作り方
デジタルハリウッド大学大学院では、中渓宏一氏(seedman/環境活動家)を迎え、DHGSアカデミー「世の為、夢の為。デジタルが可能にする新しい キャリアの作り方~地球を歩く、木を植える。Walk Japan, Plant trees.木を植えるお父さん~」を開催する。(詳細はこちら→ http://gs.dhw.ac.jp/event/20100710/ )開催日は7月10日、会場はデジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス。

2010-07-06

アキバ経済新聞(Web)

環境活動家・中渓宏一さんが講義 ― USTREAM生中継も
デジタルハリウッド大学大学院秋葉原メインキャンパス(秋葉原ダイビル7階)で7月10日、DHGSアカデミー「世の為、夢の為。デジタルが可能にする新しいキャリアの作り方」が開講される。講師には環境活動家の中渓宏一さんを迎える。開講時間は14時~15時30分。参加無料。要予約。
(Yahoo! JAPANにも同記事掲載)

2010-07-06

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】次世代クリエイター’s VOICE
今回は、九州の福岡県にオフィスを構え、ひと月に100件もの案件をこなすWeb制作会社、九州インターメディア研究所に所属するWebプロデューサー・ 森田美代子氏(デジタルハリウッドwebデザイナーコースの卒業生)に話を訊いた。

2010-07-06

日経ビジネスAssocie(雑誌)

“リアリティー”が大切 ハプニングを楽しもう
「ユーストリーム」を活用した商品プロモーションやキャンペーンを手がけるデジタルハリウッド大学院教授の川井拓也さんに、使いこなしのツボを聞いたところ、テレビでは見られない内容に、人は興味を持つ。気持ちも動く。ビジネス用途で活用するにしても、“予測不可能性”という隠し味がどこかに効いていることが必要だと思います。と、語ってくださいました。

2010-07-05

週刊ポスト7月号(雑誌)

AKB現象に学ぶビジネス
変化が目に見えることは、ファンの間にプロジェクトに自らが参加しているという感覚を生むだけでなく、 “コンテンツの意外性”に繋がる。と、デジタルハリウッド大学大学院の吉田就彦教授は分析する。

2010-07-02

ヨコハマ経済新聞(Web)

地域レポーターが情報発信する「横浜ストリーム」事業が始動
「地域レポーター」として、イベントや人の紹介、さまざまな活動周知など、横浜の市民自身が地域の情報を広く発信する力を学ぶ「横浜ストリーム」プロジェクトが7月からスタートする。4日13時からは、横浜マリンタワーでキックオフイベントが開かれ、動画のソーシャルメディア「Ustream」の実践者として活躍するデジタルハリウッド大学院教授の川井拓也さんをゲストに招いたトークセッションのほか、「地域のつながりづくり」を テーマにしたワールドカフェなどが行われる。

2010-07-02

なんば経済新聞(Web)

千日前の「ツイッターおもしろ講座」に130人― Ustreamでも配信
大阪・千日前の英国風パブ「HUB なんばダ・オーレ店」(大阪市中央区千日前2)で7月1日、「ツイッターおもしろ講座」が開催された。ゲストとして、デジタルハリウッド大学大学院客員教授の塩見政春さんが登場した。
(Yahoo! JAPANにも同記事掲載)

2010-07-01

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
「吉田就彦の『ヒットの裏には「人」がいる』」では、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。第10回目のテーマは、落下傘参入の鉄則 - 福岡パルコに見る地域密着戦略。

2010-06-30

マイコミジャーナル(Web)

TSUTAYA、現役デジハリ生製作のオリジナルブックカバーを採用
TSUTAYAは、デジタルハリウッドの専門スクール生ならびに大学生が製作したオリジナルブックカバーデザインを採用し、TSUTAYA BOOKS約600店舗にて、7月1日から提供を開始する。

2010-06-29

マイコミジャーナル(Web)

【レポート】中高年齢向けの映画が少ないからこその挑戦 ― 映画『RAILWAYS』製作秘話
デジタルハリウッド大学は、秋葉原メインキャンパスにて、公開講座「製作総指揮・監督が語る、映画『RAILWAYS』ができるまで」を開催。映画制作の 裏側について、製作総指揮の阿部秀司氏と監督・脚本の錦織良成氏をゲストにレクチャーを行った。

2010-06-23

電波新聞(新聞)

10年度 事業の中核施設開設
福岡コンテンツ産業振興会議(会長=杉山知之・デジタルハリウッド大学大学院学長)はこのほど、福岡市の西鉄グラウンドホテルで10年度総会を開催した。出席したのは役130人で、シンクの森祐治社長が「コンテンツビジネスの新潮流」をテーマに講演した。

2010-06-22

Walker plus(Web)

ダイキンとWalker各誌がコラボ!なんと!「USTREAM」で24時間番組!
ダイキン×Walker各誌のコラボ企画「ぴちょんくんチャンネル『24時間てれぴ』」が、7月1日(木)の12:55よりUSTREAMで配信されることになった。今や、毎日数多くの番組が配信されるUSTREAMだが、24時間続けての配信は珍しい。17:00から、デジタルハリウッド大学大学院客員教授の塩見政春さんも出演する。

2010-06-21

日本経済新聞(新聞)

仮想空間新ルール模索
仮想空間の中に意図的に創作の輪をつくりだす実験を、昨年9月から今年3月まで行った。あらかじめ著作権者から許可を得たアニメや動画を仮想空間に配信。それを見たクリエーターたちが、キャラクターグッズなどを自由に創作したり、空間内の利用者に販売したりした。実験に加わったデジタルハリウッド大学大学院の三淵啓自教授は「仮想空間は日本のコンテンツを世界に売り込む舞台にできる」と意気込む。

2010-06-19

SankeiBiz(Web)

【“デジハリ”の肖像】京都「錦市場」HP刷新に若いパワー終結
京の台所といわれ約400年の歴史を誇り、126の店舗がひしめく商店街「錦市場」のホームページを、デジタルハリウッド大阪校の学生である範国さん、土屋さん、林さん、藤岡さん、吉田さんが作成した。「ツイッター」を駆使して最新情報を発信する手法を取り入れて、今年2月にリニューアルオープンし、注目を集めている。
(Fuji Sankei Business i.にも同記事掲載)

2010-06-18

おた☆スケ(Web)

「Tokyo CGM Night」グッスマ展示会でデッドマスター発見!
日本のサブカルチャーを世界に発信するdannychoo.com主催の「Tokyo CGM Night 第8話」が2010年6月18日(金)、東京・御茶ノ水の「デジタルハリウッド」にて開催された。

2010-06-17

Japan.internet.com(Web)

第1回「ネットショップ検定」、7月5日受験受付開始
一般財団法人ネットショップ能力認定機構は、2010年6月17日、同年9月5日に開催する、「ネットショップ実務士」を認定するための検定試験、第1回「ネットショップ検定」の受験受付を7月5日 に開始すると発表した。ネットショップ検定公式テキストは7月上旬発売予定。定価は2,800円(総額)。

2010-06-16

日経マーケティングジャーナル(新聞)

三淵啓自のECの波頭
2010年は電子書籍元年といわれ、出版業界も動き出した。日本はデジタルコンテンツの流通でも競争力を失いつつあり、生産者と消費者が一体化したような市場へと変化しなければならないだろう。メタバースは実用期に入り、セカンドライフは次に備えさらなる挑戦が必要となる。と、デジタルハリウッド大教授、三淵啓自は語る。

2010-06-15

マイコミジャーナル(Web)

【コラム】吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
コラム「吉田就彦の『ヒットの裏には「人」がいる』」では、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していく。

2010-06-15

宣伝会議(雑誌)

アイデアをカタチにする仕事術
デジタルハリウッド大学大学院ヒットコンテンツ研究室を中心に、コンテンツ・ビジネス関連の研究・人財教育にも関わる吉田就彦氏が、ビジネスにおけるプロデュース力の重要性と、その活用法について記した本『アイデアをカタチにする仕事術』を出版した。

2010-06-11

マイコミジャーナル(Web)

鷹野雅弘と高野雅弘が「Illustrator CS5」の使えるテクニックを伝授(前編)
DTPの技術やノウハウの紹介を目的に、東京と大阪で定期的に開催されているセミナー「DTP BOOSTER」。このセミナーの特別編が、アドビの期間限定ギャラリー「station 5」にて開催された。DTP BOOSTERの運営はデジタルクリエイターズとデジタルハリウッド、DTP Transitの3団体が行なっている。今回のセミナーでは、グラフィックデザイナー 鷹野雅弘氏(スイッチ)が司会進行を担当。セミナーには、グラフィックデザイナー 高野雅弘氏も登場し、共に「Illustrator CS5」のテクニックを披露した。

2010-06-11

アニメ!アニメ!(Web)

SIGGRAPH 2010の入選作品発表 アカデミー賞の「Logorama」など
7月25日から29日までロサンゼルスで開催されるSIGGRAPH 2010。そのコンピューター・アニメーション・フェスティバルのノミネート作品が発表された。 日本からは『Muscular Union』、『Suiren』、『Pissenlit』、『The Light of Life』の4作品が入った。『Muscular Union』はデジタルハリウッド東京本校卒業の伊藤大輝氏の作品。
(ANIMAXにも同記事掲載)

2010-06-11

遊都総研(Web)

デジタルハリウッド、宮城県のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」公式サイトをデジタルハリウッド東京本校の受講生がOJT制作 宮城県仙台市
デジタルハリウッド株式会社は、同社が運営するIT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール「デジタルハリウッド」東京本校の受講生が、宮城県のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」の公式Webサイト( http://cocomiyagi.jp/ )を、宮城県の協力によりOJT制作し、このほどリニューアル公開したと発表した。

2010-06-10

マイコミジャーナル(Web)

現役学生がアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」の公式Webサイトを制作
デジタルハリウッドは、実践力トレーニングOJT(On-the-Job Training)として宮城県のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」の公式Webサイトのリニューアル制作を行った。本Webサイトのリニューアルを行ったのは、同校の1年制/選抜制である本科コース・Webクリエイティブ専攻に通う、泉隆之さん。

2010-06-09

Web担当者Forum(Web)

デジタルハリウッド、講師の出版を記念したウェブ担当者向けセミナーを6/15・7/13開催
IT関連スクールのデジタルハリウッドは、同校で講師を務めるITコーディネーター、服部洋二さんの著書「Webサイト制作・運営に役立つ! ホームページ担当者が最初に覚える100の基本」の出版を記念したセミナーを6月15日に東京本校、7月13日に渋谷校で開く。参加無料、定員は本校50人、渋谷校40人。6月24日にはオンラインセミナーも行う。サイト(http://www.dhw.co.jp/shibuya/0713/)から申し込みが可能。

2010-06-08

マイコミジャーナル(Web)

Webサイト制作/運営を成功させる10の鉄則を伝授! デジハリ特別セミナー開催
デジタルハリウッドは、同校のスクールで講師を務めるアットライズ代表取締役の服部洋二氏の著書「Webサイト制作・運営に役立つ!ホームページ担当者が 最初に覚える100の基本」の出版記念セミナーを開催する。開催日程は6月15日デジタルハリウッド東京本校、6月24日オンラインスクール(ネットによるライブ配信)、7月13日デジタルハリウッド渋谷校。

2010-06-07

マイコミジャーナル(Web)

電子出版をテーマにしたセミナー「DTP Booster 014」6月19日に開催
DTPに関する技術やノウハウを学び、ユーザー同士の結びつきを強めるためのセミナー「DTP Booster 014」が、6月19日にベルサール神田にて行われることとなった。DTP Boosterは、デジタルクリエイターズ、デジタルハリウッド、DTP Transitで構成される、講師を招いて時代に則した技術やノウハウについてのセミナーを行うイベント。詳細と申し込みはDTP BoosterのWebサイト(http://www.dtp-booster.com/vol14/)より。

2010-06-07

digital creators(Web)

アンビエントメディアの夜明け [01]iPadは最初のメジャーアンビエントメディア!
2004年にヒマナイヌという企画会社を始め、同時にデジタルハリウッド大学院の教授も兼任し、アンビエントメディアラボという研究室を作った川井拓也氏がデジクリに復帰し、連載を開始する。iPadをアンビエントメディアとして使うアプリを紹介していくと共に、アンビエントメディアの在り方について、さまざまな観点から考察していく。次回は6月21日を予定。

2010-06-07

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ学長の杉山氏やヒマナイヌの川井氏も出演!-Ust番組『そめけん!』
デジタルハリウッド大学大学院では、同校の「ユビキタスメディア研究室」のメンバーを中心に活動する「ソーシャルメディア研究会」が運営・配信を行う、 ソーシャルメディアを研究するUstream番組『そめけん!』の特別番組『そめけん!スペシャル』を、6月15日に放送する。

2010-06-05

Dannychoo.com(Web)

デジタルハリウッド大学特集
日本の文化やサブカルチャーを発信しているサイト「ダニーチュードットコム」にて、デジタルハリウッド大学の様子が紹介された。

2010-06-05

SankeiBiz(Web)

“デジハリ”の肖像 何でも応援 全力でエンターテインメント
「我武者羅應援團」は、主宰者の武藤貴宏氏(32)をはじめ、現在10人のメンバーによって構成。7月にフランスで開催される、欧州最大の日本文化を紹介するイベント「ジャパンエキスポ」にも参加。「全身全霊でエンターテインメントを行う」という大学の教えを忠実に守り、応援団という“日本文化”の発信を担う。
(Fuji Sankei Business i.にも同記事掲載)

2010-06-04

マイコミジャーナル(Web)

監督・プロデューサーが映画『のだめカンタービレ』にかけた想いとは
デジタルハリウッド大学は、映画『のだめカンタービレ最終楽章』の総監督・武内英樹氏とプロデューサー・若松央樹氏をゲストに迎え、公開セミナー「総監 督・プロデューサーが語る『のだめカンタービレ最終楽章』前編・後編ができるまで」を、秋葉原メインキャンパスにて開催した。公開後、武内監督が公の場で 話す機会は初とのことで、会場には多くのファンが詰めかけた。

2010-06-04

MySpaceFromJP. ReaL(雑誌)

「NTT DATA SPECIAL 未来がキミを待っている」
3月26日、RADIO×SPIDER初の公開収録が霞ヶ関ビル内にあるNTTデータのショールーム“INFORIUM”で行われた。独自の世界観でインターネット業界や人材に関してぶっちゃけた発言をしてくれた猪子さんと、未来を見据えて15年以上ネット業界に人財を輩出してきた杉山先生のトークは大盛り上がり。会場は感嘆と笑い声に包まれていた。

2010-06-04

マイコミジャーナル(Web)

監督・プロデューサーが映画『のだめカンタービレ』にかけた想いとは
デジタルハリウッド大学は、映画『のだめカンタービレ最終楽章』の総監督・武内英樹氏とプロデューサー・若松央樹氏をゲストに迎え、公開セミナー「総監 督・プロデューサーが語る『のだめカンタービレ最終楽章』前編・後編ができるまで」を、秋葉原メインキャンパスにて開催した。公開後、武内監督が公の場で 話す機会は初とのことで、会場には多くのファンが詰めかけた。
(メディアジャムにも同記事掲載)

2010-06-02

TEST104(Web)

日本IBM、デジハリのデジタルコンテンツ制作共有基盤をSystem xで構築
日本IBM(IBM)は6月1日、デジタルハリウッド大学大学院が事務局となる「コンテンツ制作共有基盤研究会」のデ ジタルコンテンツ制作基盤を、IBMのx86サーバ「IBM System x」で構築したことを発表した。

2010-06-02

テックターゲットジャパン(Web)

日本IBM、デジタルハリウッド大学大学院内のコンテンツ制作基盤を構築支援
日本IBMは6月1日、デジタルハリウッド大学大学院 産学官連携センターが事務局となる「コンテンツ制作共有基盤研究会」の高性能デジタルコンテンツ制作基盤を構築支援したことを発表した。デジタルハリウッド大学大学院は今後、この基盤を活用して適切な制作環境の研究を実務的に行い、コンピュータプログラムを用いて画像や映像、音声を生成するレンダリングなどに関して実証実験を行う。

2010-06-01

ZDNetJapan(Web)

日本IBM、デジハリのデジタルコンテンツ制作共有基盤をSystem xで構築
日本IBM(IBM)は6月1日、デジタルハリウッド大学大学院が事務局となる「コンテンツ制作共有基盤研究会」のデジタルコンテンツ制作基盤を、IBMのx86サーバ「IBM System x」で構築したことを発表した。

2010-06-01

マイコミジャーナル(Web)

次世代クリエイター‘s VOICE 「モバツイ」をひとりで制作した藤川真一とは
"普段の何気ないことを140文字以内でつぶやく"。このシンプルさなどから、今一番注目されているSNSコミュニティ「Twitter」。2010年6月1日現在で累計登録者数が73万人を越えている日本の携帯電話に特化したTwitterアクセスサービス「モバツイ」をひとりで立ち上げ、開発、運用を続けているのが、デジタルハリウッドの卒業生、藤川真一である。

2010-06-01

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、『コンテンツ制作共有基盤研究会』設置
デジタルハリウッド大学大学院は、「コンテンツの高品位化」、「クリエイターの国際競争力の向上」を通し、国内コンテンツ産業を支援することを目指す『コ ンテンツ制作共有基盤研究会』を設置すると発表した。

2010-06-01

賢者.tv(Web)

賢者紹介『デジタルハリウッド大学学長 杉山知之』
アジア最大級の社長動画サイトに、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之が紹介された。日本を背負う若者へ、「デジタルコミュニケーションというツールによって、新しい未来を構築して欲しい」と、メッセージを送っている。

2010-05-28

asahi.com(Web)

「2年で100億円」どこへ
ネット上の仮想空間を舞台にした「土地」投資話で、マルチ商法を展開していた「ビズインターナショナル」。不法に会員を集めた疑いがあるとして、県警は27日、同社や関係先の「フレパー・ネットワークス」などの一斉家宅捜索に乗り出した。この一件について「セカンドライフの歩き方」の著者があるデジタルハリウッド大学院の三淵啓自教授は、「仮想空間自体に価値が生まれる前から、利用者にリスクを求める運用はありえない」と指摘した。

2010-05-27

東京新聞(新聞)

新たな犯罪手口、仮想空間マルチ
インターネット上の仮想空間は新たなビジネスチャンスとして注目を集めるが、犯罪の手口に使われるケースも出ている。セカンドライフ(SL)に詳しいデジタルハリウッド大学院の三淵啓自教授は「SLで仮想空間ビジネスが成立したのは利用者が数百万を超えてから。公開前の利用者もいない段階で、土地に値段がつくことはありえない」と話す。

2010-05-27

マイコミジャーナル(Web)

粟津順監督が新時代特撮について語る -映画『プランゼット』特別イベント
デジタルハリウッドは、粟津順監督をゲストに迎え、映画『プランゼット』公開記念イベント「『進化する新時代特撮』映画公開までの道のり」を開催した。

2010-05-21

中部経済新聞(新聞)

ソーシャルメディア活用し販促を支援
22日午後2時から、名古屋市中区丸の内2の20の31の世界の山ちゃん・本丸ホールでUSTREAM活用セミナーが開催される。「USTREAM世界を変えるネット生中継」の著者があるデジタルハリウッド大学院教授の川井拓也氏が講師を務める。

2010-05-30

サンデー毎日(雑誌)

産業界からも教育界からも熱~い眼差し 英語検定の進化形TOEIC SWテスト
東京秋葉原にあるデジタルハリウッド大学は留学生も多く、英語は自身の作品を世界に向けて発信するための必須スキルとなっている。そんな同大学生の英語力向上を支援しているのがTOEIC SW(スピーキング・ライティング)テストだ。「自分のどういう点を伸ばせばよいのか具体的にわかり、学生のモチベーションの向上にも役立っています」と、教師にも学生にも好評だ。

2010-05-25

Yahoo!JAPAN(Web)

クールジャパンで、「国民総クリエーター」時代へ?!
5月21日、知的財産戦略本部(本部長・鳩山由紀夫首相)の会合が開かれ、「知的 財産推進計画2010」が決定。これに基づいて、「コンテンツ強化を核とした成長戦略」を推進するとのこと。コンテンツ強化専門調査会には、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之も名を連ねている。
http://opinions.news.yahoo.co.jp/op?a=1144910-nyna

2010-05-24

週刊シネママガジン(Web)

大ヒット映画『のだめカンタービレ』ができるまで
5月20日(木)、秋葉原のデジタルハリウッド大学にて、大ヒット映画『のだめカンタービレ最終楽章前・後編』の武内英樹総監督と若松央樹プロデューサーを迎えての公開講座が行われた。
http://cinema-magazine.com/news/2092
(livedoor にも同記事掲載)

2010-05-23

WalkerPlus(Web)

『のだめ』仕掛け人が語る「大ヒット映画の作り方」とは?
5月20日、デジタルハリウッド大学にて、映画『のだめカンタービレ最終楽章』前編・後編の総監督・武内英樹氏とプロデューサー・若松央樹氏が、「大ヒット映画の作り方」をテーマに公開講座を開催。
http://news.walkerplus.com/2010/0523/4/
(So-net、@nifty、livedoorにも同記事掲載)

2010-05-22

シネマトゥデイ(Web)

『のだめカンタービレ』監督が成功の秘密を明かす!「B級感を大切にした」
20日、秋葉原のデジタルハリウッド大学で公開講座が行われ、映画『のだめカンタービレ 最終楽章』前後編の武内英樹総監督と若松央樹プロデューサーが登場。90分に渡って、製作秘話、製作プロセス、作品の見どころなどをじっくりと語り尽くした。
http://www.cinematoday.jp/page/N0024514
(livedoor、Yahoo!JAPAN、@nifty、ANAP、exite.にも同記事掲載)

2010-05-22

goo(Web)

広瀬香美がUstreamにも進出、トーク番組を毎週金曜夜に配信
Twitter を通じた作曲活動で知られる歌手の広瀬香美が、Ustreamでトーク番組「SoftBank presents『Friday Kohmi』」を配信する。5月21日21時スタートで、以後、毎週金曜21時よりレギュラー配信する予定。
(INTERNET Watchにも同記事掲載)

2010-05-22

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、広瀬香美の「Kohmiプロジェクト」に協力
デジタルハリウッド大学大学院は、同校の「ヒットコンテンツ研究室」と「ユビキタスメディア研究室」が、シンガーソングライター・広瀬香美の「Kohmi プロジェクト」に協力すると発表した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/22/005/index.html

2010-05-22

SankeiBiz(Web)

”デジハリ”の肖像 がらくた使い社会に喜びリサイクル 人形アニメーション作家 澤田 裕太郎氏
国内外のコンテストで数多くの賞を獲得し、輝かしい経歴を残してきたデジタルハリウッド大学の1期生澤田裕太郎さん(24)。すでに人形アニメの世界では名が通っている。大学卒業作品「奴との遭遇」は、デジタルコンテンツ協会が主催する「デジタルクリエイターズコンペティション2009」で「銀の翼賞」を受賞。さらに、「東京国際アニメフェア 2010」のクリエイターズワールドにも参加。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100522/ecc1005220503016-n1.htm
(FujiSankei Business i. にも同記事掲載)

2010-05-21

マイコミジャーナル(Web)

「電子書籍を活用した教育スタイル創造研究会」、iPad/電子書籍の教育活用 目指し設立
デジタル・ナレッジ、デジタルハリウッド、ボーンデジタル、ワークスコーポレーションはiPadなどのメディア端末と電子書籍を教育現場で活用することを目的とした「電子書籍を活用した教育スタイル創造研究会」を発足させた。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/21/111/index.html?rt=na

2010-05-21

マイコミジャーナル(Web)

iPadを教育現場で!「電子書籍を活用した教育スタイル創造研究会」発足
デジタルハリウッド、デジタル・ナレッジ、ボーンデジタル、ワークスコーポレーションの4社は、「電子書籍を活用した教育スタイル創造 研究会」を発足した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/21/060/index.html?rt=na

2010-05-21

eiga.com(Web)

「のだめ」武内総監督、気圧と疲労で奥歯2本抜けた・・・
上野樹里の主演映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を大ヒットに導いた武内英樹総監督と若松央樹プロデューサーが5月20日。東京・秋葉原のデジタルハリウッド大学本校で公開講座を行った。
http://eiga.com/buzz/20100521/16/
(TSUTAYA ONLINE、日刊アメーバニュース、BIGLOBE、Yahoo!JAPANにも同記事掲載)

2010-05-21

BIGLOBE CINEMA SCRAMBLE(Web)

「のだめ」武内総監督、気合と疲労で奥歯2本抜けた・・・
上野樹里の主演映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を大ヒットに導いた武内英樹総監督と若松央樹プロデューサーが5月20日、東京・秋葉原のデジタルハリウッド大学本校で公開講座を行った。
http://cinesc.cplaza.ne.jp/news/100521/201005210016.html

2010-05-20

日経産業新聞(新聞)

角川映画のアニメ「いばらの王」
今月初めに劇場公開されたSFアニメ「いばらの王-King of Thorn-」。配給元の角川映画が従来にない販促手法を展開している。公開前に海外の映画祭に出品し、作品に”貫禄”を付ける形で宣伝を展開。情報を小刻みに出し、アニメファンの鑑賞欲をくすぐる戦略だ。さらに今回、デジタルハリウッドに在籍する学生に映画の素材を提供し、30秒の予告編を制作してもらった。その中から選んだ20作品をマイペース上で公開、一般投票による審査を実施した。”金の卵”たちに腕を見せる機会を提供しつつ、試み自体をサイトで告知して消費者の関心をひき付けるシナリオだ。アニメ市場が落ち込む中、大量宣伝だけに頼らない販促にこれからも取り組む意向だ。

2010-05-20

マイコミジャーナル(Web)

守屋監督「色褪せない人間物語を描きたい」-映画『シーサイドモーテル』
デジタルハリウッド大学は、守屋健太郎監督をゲストに迎え、同校の学生限定イベント「シーサイドモーテル 試写会&メイキングセミナー」を開催した。本作は、山奥のさびれたモーテル「シーサイド」に偶然集まった、インチキ美容クリームのセールスマン・亀田(生田斗真)やコールガール・キャンディ(麻生久美子) をはじめとする、一癖もふた癖もある男女11人の人生を賭けた騙しあいと運命の一夜を描いた作品となっている。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/05/20/seamoriya/index.html

2010-05-19

CINEMA TOPICS ONLINE(Web)

映画『シーサイドモーテル』試写会&守屋監督トークショー!!!
5月18日(火)アスミックエース試写室にて、デジタルハリウッド大学の生徒達限定の、映画『シーサイドモーテル』試写会と守屋監督が映画 『シーサイドモーテル』製作の秘密や、監督業の裏話をお話ししてくれた。映画ができる過程を細かく教え、何より学生に質問され、「面白かった!」と言われると、嬉しそうな笑顔を見せながら答える監督。更にトークショーが終わってもサインに気軽に応じてくれ、学生にとって思い出深いイベントとなったのではないでしょうか。
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=4897

2010-05-19

CS GYAO(Web)

守屋健太郎監督、生田斗真と麻生久美子を大絶賛!『シーサイドモーテル』試写会&メイキングセミナー
生田斗真、麻生久美子、山田孝之、玉山鉄二、成海璃子、古田新太などなど、超豪華かつ演技派の面々が結集し、人生を賭けた騙し合いを描く、この夏、最注目の映画『シーサイドモーテル』。本作は、初監督作『スクールデイズ』が海外でも高い評価を受けた俊英・守屋健太郎監督が贈る監督第2作で、エッジのきいたスタイリッシュな映像、音楽、緻密な構成があいまった独特の作品世界を作り出している。 今回、ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学で学ぶデジハリ生限定の試写会と監督によるメイキングセミナーが開催された。守屋監督が、映画『シーサイドモーテル』制作の秘密や、監督業の裏話を学生にレクチャーしました。セミナー後半では、学生から監督に「監督業としての心構え」から「細かい映画撮影の技法」など、多数意見・質問が飛び交い、活気のあるセミナーとなった。
http://eiganavi.csgyao.com/news/2010/05/post-cd80.html

2010-05-19

マイコミジャーナル(Web)

公開講座「インターネット選挙運動の解禁が参議院選挙に与える影響」開催
デジタルハリウッド大学大学院は、イメージコンサルティング研究室主催の公開講座「インターネット選挙運動の解禁が参議院選挙に与える影響」を開催する。開催日は5月28日。会場はデジタルハリウッド大学大学院 秋葉原セカンドキャンパス。本講座では、イメージ戦略や「インターネット選挙運動の解禁が参議院選挙に与える影響」について分析を行っていくとのこと。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/19/044/index.html

2010-05-18

THE SECOND TIMES(Web)

ソーシャル・アプリケーション・フォーラムとデジハリ、「Social Application Night」を共同開催
ソーシャル・アプリケーション・フォーラム(以下SAF)とデジタルハリウッド大学大学院が共同で、5月25日(火)20:00~21:30にソーシャルアプリに関する情報発信と人材交流を兼ねたイベント「Social Application Night」を開催する。
http://www.secondtimes.net/news/japan/20100518_san.html

2010-05-18

マイコミジャーナル(Web)

AKB48藤江れいな・近野莉菜、デジハリにて立体映像の仕組みを勉強
デジタルハリウッド大学大学院のストーリーマーケティング研究室は、デジタルハリウッド大学大学院・秋葉原セカンドキャンパスにて、プロジェクト3D立体 視作品『レッド&ブルー物語』DVD発売・レンタル開始記念トークイベント「教えて先生!イトーカンパニー新人女優たちと学ぶ立体視」を開催。同DVDで主演を務めた藤江れいなさん(AKB48)と近野莉菜さん(AKB48)、桐島里菜さん、坂田彩さんが参加した。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/05/18/deziakb/index.html

2010-05-17

マイコミジャーナル(Web)

AKB48藤江れいなを近野莉菜がイジメたおす!3Dドラマ『レッド&ブルー物語』
AKB48の藤江れいなと近野莉菜らが16日、東京・秋葉原のデジタルハリウッド大学で行われた、プロジェクト3D立体視作品『レッド&ブルー物 語』(発売中 3,990円 販売元:マジカル)DVD発売・レンタル開始記念トークイベント「教えて先生!イトーカンパニー新人女優たちと学ぶ立体視」に参加した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/17/001/index.html

Web De☆View(Web)

2010-05-17

美少女女優4人が「飛び出す」映像に興味津津
DVD映画『レッド&ブルー物語』に出演した、芸能プロ「イトーカンパニー」所属のフレッシュ女優がイベント「教えて先生!イトーカンパニー新人女優たちと学ぶ立体視」にゲスト出演。イベントは16日、秋葉原のデジタルハリウッド大学で行われた。
http://www.oricon.co.jp/news/deview/76306/

2010-5-15

Best Gear 2010.7月号(雑誌)

Pocket WiFi フル活用術
元々、アンビエントメディアの構築などについて研究するクリエイティブディレクターの川井拓也氏。「日々の手続きや作業が、少しでも楽になることを考えるのが好き」という考えに基づき、たどり着いた結果が、Pocket WiFiのフル活用術だった。
活用術①:iPod touchとクラウドサービスを連携!GmailやDropboxをフル活用
活用術②:USTREAMやTwitterでいつでもどこでも実況中継!
活用術③:デジカメやムービーで撮影したものをEye-Fiカード経由でWebへ転送
あらゆるモバイル機器を組み合わせて使うボクにとってPocket WiFi+iPodtouchの方がiPhoneより有効なんです!と、デジタルハリウッド大学院の専任教授で、ヒマナイヌ代表取締役の川井拓也氏は語った。

2010-05-13

日本流通産業新聞(新聞)

ネットショップ能力認定機構 EC運営の資格制度開始
WEBクリエイターを養成するデジタルハリウッドのメンバーが中心となり4月27日、ネットショップの実務能力を認定する一般財団法人ネットショップ能力認定機構を設立した。近年、企業の大小を問わずネットショップの運営能力を持った人材が求められている。認定資格を普及させることで、EC業界の人材育成を進め市場の発展につなげていく考えだ。

2010-05-11

東京IT新聞(新聞)

ネット選挙の行方にも影響が?!衆議院議員が語る「政治とメタバース」
近年、ネットを使った選挙活動について様々な議論が行われているのが、政治活動についてはすでに多くの事例が存在する。最近ではTwitterを情報発信や有権者とのコミュニケーションに活用する「Twitter議員」が話題になった。去る4月21日、現在は自らも衆議院議員となった高橋昭一氏による講演が秋葉原のデジタルハリウッド大学で行われ、Ustreamでも中継された。「政治とメタバース」と題された本講演の中で、高橋氏は政治においてメタバース、特に同氏がユーザーとしても長く関わるセカンドライフをどういった面で活用できるかについて自信の体験も交えながら語った。

2010-05-11

マイコミジャーナル(Web)

映画『いばらの王』片山監督とサンライズ・内田社長によるトークショー
デジタルハリウッドは、デジタルハリウッド東京本校にて、「劇場アニメのいばら道」と題し、劇場版アニメ『いばらの王-King of Thorn-』の片山一良監督とサンライズ・内田健二社長によるトークショーを行った。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/05/11/ibaradezi/?rt=na

2010-05-10

マイコミジャーナル(Web)

AKB48の藤江れいな・近野莉菜も登場、「レッド&ブルー物語」イベント開催
デジタルハリウッド大学大学院のストーリーマーケティング研究室は、イトーカンパニーとのコラボレーションし、制作したプロジェクト3D立体視作品「レッド&ブルー物語」のDVD発売記念トークイベント「教えて先生!イトーカンパニー新人女優たちと学ぶ立体視」を開催する。開催日は5月16日。会場はデジタルハリウッド大学 秋葉原セカンドキャンパス。なお、本イベントに参加するには、イベント当日、DVDを購入し、事前に参加登録をすることが必須となっている。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/10/052/index.html?rt=na

2010-05-09

マイコミジャーナル(Web)

日本の医療のパイオニア・広瀬拡史
もはや映像業界においては欠かせないCG技術を、医療や医学に活かそうと奮闘しているひとりのクリエイターがいる。それが今回登場する現役東大生CGクリエイター・瀬尾拡史氏だ。東京大学医学部に在籍しながら、デジタルハリウッドにも入学し、日本ではあまり知られていない医療CGを制作する瀬尾氏に話を伺った。
http://journal.mycom.co.jp/column/dezicreator/007/?rt=na

2010-05-07

日刊工業新聞(新聞)

錦市場などツイッター有効活用
インターネット上で個人の「つぶやき」を発信する「ツイッター」が、京の台所として知られている錦市場商店街(京都市中央区)など各地の商店街で、商店主と買い物客らの交流を図る有効なツールとして活用され始めている。140字以内の短文で、お買い得品などさまざまな情報がやりとりされており、手軽さが受けて幅広い層から人気を集めている。「手軽なハイテク」を活用した商店街活性化策の広がりについて、錦市場のHPを制作した「デジタルハリウッド大学院大阪キャンパス」広報担当の山本隆三さん(33)は「短文だと(日記形式の)ブログと違って、スキルに差が出ない。操作が簡単なことから、高齢者らにも重宝されている」と分析している。

2010-05-07

マイコミジャーナル(Web)

映画『いばらの王』予告映像コンテストの最優秀賞作品決定
デジタルハリ ウッドは、デジタルハリウッド東京本校にて、「劇場版アニメ『いばらの王-King of Thorn-』予告編映像制作コンペティション」の最終審査イベントを開催。最優秀作品を発表した。
森田監督からは「渡された素材だけでなく、オリジナルの素材を作った人がいるかどうかを評価の基準にしました。どの作品もプロ志向でまとまっていましたたが、学生らしく弾けた作品も見たかった」とのビデオコメントが届けられた。グランプリは、吉田優さんの作品「beginning」。吉田さんは「自分の作品が評価されることが初めてなので嬉しい。一見するとモンスターパニック作品にみえるが、原作には根底に姉妹の絆があると感じたので、そこをどう表現するかに気を使った」と語った。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/05/07/ibara/index.html?rt=na

2010-05-07

CNET Japan(Web)

デジタルハリウッド大学大学院が、ソーシャル・アプリケーション・フォーラムに参加
中長期的なソーシャルアプリケーション分野の発展のためには、事業家やクリエイターなどのコアな人材育成が必要不可欠であるという判断から、デジタルハリウッド大学大学院がngi groupとアドウェイズが幹事会社となって設立したSAFに参加を決定した。
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20413063,00.htm

2010-05-07

asahi.com(Web)

ソーシャル・アプリケーション・フォーラムに、デジタルハリウッド大学大学院が参加
ngi groupとアドウェイズが幹事会社となって設立した「ソーシャル・アプリケーション・フォーラム(SAP)」に、デジタルハリウッド大学大学院がエデュケーショナルパートナーとして参加した。今回、中長期的なソーシャルアプリケーション分野の発展のためには、事業家やクリエイターなどのコアな人材育成が必要不可欠であるという判断から、デジタルハリウッド大学大学院がSAFに参加を決定した。今後は、人材育成のためのイベントやコンテストの開催などを実施する予定だ。
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT201005070072.html

2010-05-07

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、映画『シーサイドモーテル』スペシャルセミナー開催
デジタルハリウッド大学大学院は、映画『シーサイドモーテル』の守屋健太郎監督を招いたスペシャルセミナーを開催する。開催日は5月14日の 17:30~18:15(開場17:00)。会場はデジタルハリウッド大学大学院 大阪キャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/07/020/index.html?rt=na

2010-05-07

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、映画『鉄男 THE BULLET MAN』スペシャルセミナー開催
デジタルハリウッド大学大学院は、サイキック・アクション・スリラー映画『鉄男 THE BULLET MAN』スペシャルセミナーを開催する。開催日は5月10日の17:30~18:15(開場17:00)。会場はデジタルハリウッド 大学大学院 大阪キャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/07/017/index.html?rt=na

2010-05-07

BIGLOBE(Web)

錦市場などツイッター有効活用 商店街に新たな風
錦市場商店街では昨年、ホームページ(HP)上 にツイッターを導入。世間話からタイムサービス情報まで、各店舗の「つぶやき」を掲載している。商品の入れ替えなどサイクルの短い情報を、携帯電話を通じてリアルタイムに伝えることができるようになった。「短文だと(日記形式の)ブログと違って、スキルに差が出ない。操作が簡単なことから、高齢者らにも重宝されている」と錦市場のHPを制作した「デジタルハリウッド大学院大阪キャンパス」広報担当の山本隆三さん(33)は分析している。
http://news.biglobe.ne.jp/social/095/san_100507_0954138161.html

2010-05-07

iza(Web)

新たな風が商店街に 錦市場などツイッターを有効活用開始
各地の商店街で、商店主と買い物客らの交流を図る有効なツールとして活用され始めている「ツイッター」。140字以内の短文で、お買い得品などさまざまな情報がやりとりされており、手軽さが受けて幅広い層から人気を 集めている。「短文だと(日記形式の)ブログと違って、スキルに差が出ない。操作が簡単なことから、高齢者らにも重宝されている」と 錦市場のHPを制作した「デジタルハリウッド大学院大阪キャンパス」広報担当の山本隆三さん(33)は分析している。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/388000/

2010-05-07

Yahoo!JAPAN(Web)

商店街に一役!錦市場などツイッター有効活用
京の台所として知られる錦市場商店街(京都市中京区)など各地の商店街で、インターネット上で個人の「つぶやき」を発信する「ツイッター」が商店主と買い物客らの交流を図る有効なツールとして活用され始めている。錦市場のHPを制作した「デジタルハリウッド大学院大阪キャンパス」広報担当の山本隆三さん(33)は「短文だと(日記形式の)ブログと違って、スキルに差が出ない。操作が簡単なことから、高齢者らにも重宝されている」と分析している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100507-00000502-san-soci

2010-05-07

産經関西(Web)

錦市場などツイッター有効活用 商店街に一役
錦市場商店街では昨年、ホームページ(HP)上にツイッターを導入。世間話からタイムサー ビス情報まで、各店舗の「つぶやき」を掲載している。商品の入れ 替えなどサイクルの短い情報を、携帯電話を通じてリアルタイムに伝えることができるようになった。「手軽なハイテク」を活 用した商店街活性化策の広がりについて、錦市場のHPを制作した「デジタルハリウッド大学院大阪キャンパス」広報担当の山本隆三さ ん(33)は「短文だと(日記形式の)ブログと違って、スキルに差が出ない。操作が簡単なことから、高齢者らにも重宝されている」と分析している。
http://www.sankei-kansai.com/2010/05/07/20100507-023575.php

2010-05-07

CNET Japan(Web)

ソーシャル・アプリケーション・フォーラムに、デジタルハリウッド大学大学院が参加
事業家やクリエイターなどのコアな人材育成が必要不可欠であるという判断から、デジタルハリウッド大学大学院が、エデュケーショナルパートナーとして、ngi groupとアドウェイズが幹事会社となって設立した「ソーシャル・アプリケーション・フォーラム(SAP)」に参加した。今後は、人材育成の ためのイベントやコンテストの開催などを実施する予定だ。
http://japan.cnet.com/venture/news/story/0,3800100086,20413063,00.htm

2010-05-07

日刊工業新聞(新聞)

アキバで産学官連携 車いすマップ技術
今年3月に上智大学の提案で手がけたのは、車いすに適した道を記すマップ作成を、車いす設置の振動センサーやユーザーの心拍センサーなどから行っていく技術だ。千代田区などの福祉協議会の協力でユーザー20人が参加した。デジタルハリウッド大学とデジタルハリウッド大学大学院は、秋葉原にキャンパスを置く。本社も同じ千代田区にあるが、秋葉原はゲームや映画のマニア・専門化が多い学生や実務家教員にとって、やはり特別な思いがあるという。

2010-05-06

msn(Web)

京都・錦市場などツイッター有効活用 商店街活性化に一役
インターネット上で個人の「つぶやき」を発信する「ツイッター」が、京の台所 として知られる錦市場商店街 (京都市中京区)など各地の商店街で、商店主と買い物客 らの交流を図る有効なツールとして活用され始めている。140字以内の短文で、お買い得品などさまざまな情報がやりとりされており、手 軽さが受けて幅広い 層から人気を集めている。「手軽なハイテク」を活用した商店街活性化策の広がりについて、錦市場のHPを制作した「デジタルハリ ウッド大学院大阪キャンパス」広報担当の山本隆三さん(33)は「短文だと(日記形式の)ブロ グと違って、スキルに差が出ない。操作が簡単なことから、高齢者らにも重宝されている」と分析している。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100506/trd1005062242006-n1.htm

2010-05-04

Yahoo!JAPAN(Web)

<いばらの王>片山監督「クリエーターは想像力を」 デジハリで劇場アニメ予告コンテスト
劇場版アニメ「いばらの王 -King of Thorn-」(片山一良監督)のオリジナル予告編コンテストの最終審査が28日、クリエータースクール「デジタルハリウッド東京本校」であり、片山監督とサンライズの内田健二社長らが参加。グランプリに、吉田優さんの「Beginning」が選ばれた。吉田さんは「Promise」で原作者賞も受賞し、「信じられなくて言葉がないです」と喜びを語った。

2010-05-03

animate.tv(Web)

”予告コンペ”で次世代の精鋭たちが競う!頭角を現したのは!?”いばらの王予告コンペ&監督トークイベン ト”をレポート
5月1日に公開となった劇場アニメ『いばらの王 -King of Thorn-』。次世代のクリエイター養成機関として名高いデジタルハリウッドは、本作のプロモーションとして、在校生(専門スクール、オンラインスクー ル、大学、大学院)が予告編映像制作に挑戦する“予告編コンペ”を開催。その表彰式が4月28日、同校で行われ、監督の片山一良氏、そして製作会社である 株式会社サンライズの代表取締役社長、内田健二氏が審査員として出席した。
http://www.animate.tv/news/details.php?id=1272823668&cp=rss

2010-05-01

SankeiBiz (Web)

【”デジハリ”の肖像】「シーグラフ」出品 独立の夢実現へ
2009年度に制作された約1000作品から最優秀作品を選ぶというデジタルハリウッドにとって最大イベント「DIGITAL FRONTIER  GRANDPRIX 2010」でグランプリを獲得した。4月4日の発表会に登壇した川田和賜さん(28)はトロフィー片手に、「徹底して作ったかいが あった」と素直に喜んだ。同時に「しかし、納得していない部分が少しあるので修正していく」と完璧(かんぺき)を期すクリエイターの顔ものぞかせた。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100501/ecc1005010505015-n1.htm

2010-05-01

FujiSankei Business i.(新聞)

【”デジハリ”の肖像】「シーグラフ」出品 独立の夢実現へ
クリエイティブ・ラボ在籍の川田和賜さんが、2009年度に制作された約1000作品から最優秀作品を選ぶというデジタルハリウッドにとって最大イベント「DIGITAL FRONTIER  GRANDPRIX 2010」でグランプリを獲得した。グランプリに輝いた作品は、CG「SAKURA」。去年5月から半年間、構想を練って企画・製作したという。

2010-05

ビデオa(雑誌)

3Dフォーラム第91回研究会開催
3D映像に関心の深いメンバー間で、相互研讚と情報交換の機会を提供するためにつくられた三次元映像のフォーラム(3Dフォーラム)の第91回研究会が、3月13日、東京秋葉原にあるデジタルハリウッド大学メインキャンパスセミナールームにて開催された。

2010-04-30

CINEMA TOPICS ONLINE(Web)

デジタルハリウッド× いばらの王 -King of Thorn-×MySpace 共同企画 学生オリジナル予告編コンテスト&トークショー開催
クリエイター養成スクール「デジタルハリウッド」と世界最大級のエンタメ系SNS「MySpace」とタッグを組み、デジタルハリウッド在学生による『いばらの王 -King of Thorn-』オリジナル予告編コンテストを実施し、吉田優さんがグランプリを授与した。また、お二人による製作秘話等を交えた「いばらの道」と題したトークショーも行われ、会場は大いに盛り上がりました。さらに、このイベントの模様は USTREAMを通じて全世界に生配信され、twitterによるコメントも活発に行われました。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=9827

2010-04-30

ANIMAX(Web)

デジタルハリウッド×いばらの王 -King of Thorn-×MySpace 共同企画 学生オリジナル予告編コンテスト
4/28(水) 『いばらの王 -King of Thorn-』はクリエイター養成スクール「デジタルハリウッド」と世界最大級のエンタメ系SNS「MySpace」とタッグを組み、デジタルハリウッド 在学生によるオリジナル予告編コンテストを実施、一般投票等、3次の審査を経て、グランプリ作品が決定いたしました。審査員として、本作品の監督である片山良一監督 とサンライズの内田健二社長が登壇し、各作品へのコメントと受賞者への賞品の授与、また、お二人による製作秘話等を交えた「いばらの道」と題したトークショーも行われ、会場は大いに盛り上がりました。さらに、このイベントの模様は USTREAMを通じて全世界に生配信され、twitterによるコメントも活発に行われました。
http://www.animax.co.jp/news/index.php?proc=detail&ID=5725&Offerer=

2010-04-29

アニメ!アニメ!(Web)

「いばらの王」学生オリジナル予告編コンテスト優勝決定
5月1日から映画『いばらの王 -King of Thorn-』が全国公開をスタートする。
新世代アニメーションと名を打った迫力の映像と心の奥深さに迫った人間ドラマが見どころの作品だ。この映像とドラマをどのように人々に届けるのか、『いばらの王 -King of Thorn-』の予告編をテーマに映像を学ぶ学生たちが挑戦したコンテストが、デジタルハリウッドとMySpaceの協力で実現した。
http://animeanime.jp/report/archives/2010/04/post_211.html

2010-04-27

中日新聞(新聞)

ツイッター使い無銭旅行
デジタルハリウッド大学2年の土井雪江さん(19)は、インターネットに140字以内の「つぶやき」を投稿できるツイッターを使い、人々と交流しながら無銭旅行で日本一週した。旅行中の土井さんは、沖縄と北海道への渡航費以外、所持金ゼロ。携帯電話から次のようなつぶやきを投稿し、宿泊や移動、食事などで支援を募った。旅の体験は『ツイッターで日本全国0円旅!』と題した本にまとめ、5月中旬に出版する。

2010-04-26

Best Gear(雑誌)

ズバリ、Xperiaのファーストインプレッション、いかがですか?
デジタルハリウッド大学 大学院教授 川井拓也さん

「ビジネスマン向けの究極のスマートフォンという感じ。画面はきれいだし、Timescapeは1人のアクティビティを横並びで見られて便利。POBox Touchの文字入力も魅力ですね!」と語る。

2010-04-26

マイコミジャーナル(Web)

監督とプロデューサーが語る、映画『ソラニン』ができるまで
デジタルハリウッドは、デジタルハリウッド大学秋葉原メインキャンパスにて、映画『ソラニン』の三木孝浩監督と同作品のプロデューサーを務めたアスミック・エースの今村景子氏を招き、特別講義「映画『ソラニン』ができるまで」を行った。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/04/26/soranin/index.html

2010-04-24

CINEMA TOPICS ONLINE(Web)

映画初監督作品が大ヒット中!映画『ソラニン』の製作秘話を語る公開講座を開催!
この度、初監督ながら、大ヒット記録中の本作品を生み出した三木孝浩監督が、明日のトップクリエイターの卵たちが通う「デジタルハリウッド大学」にて、本作のプロデューサーである今村景子とともに公開講座を開催しました。
http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=4859

2010-04-22

シネマトゥディ(Web)

宮崎あおい、『ソラニン』でのライブシーンは20テイク以上撮影されていた!
22日、大ヒット中の映画『ソラニン』の三木孝浩監督が、デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパスで公開講義を行い、本作の撮影秘話を語った。
http://www.cinematoday.jp/page/N0023872

2010-04-22

Yahoo!JAPAN(Web)

ライブシーンは20テイク以上!宮崎あおい主演、『ソラニン』
三木孝浩監督が22日、デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパスで、映像業界を志す学生たちを前に大ヒット中の映画『ソラニン』の公開講義を行い、本作の撮影秘話を語った。
http://movies.yahoo.co.jp/m2?ty=nd&id=20100422-00000018-flix-movi

2010-04-22

アキバ経済新聞(Web)

特別講義「Google AdSense から見たメディアの変化と展望~コンテンツ力を活かしたメディアの収益化を実現するために~」開催
4月24日、デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパスで、特別講義「Google AdSenseから見たメディアの変化と展望~コンテンツ力を活かしたメディアの収益化を実現するために~」が開催。講義の様子を Ustream(ユーストリーム)で生中継する。同校はグーグルアドセンスオンライン責任者の柳田晃嗣さんを講師に迎え特別講義を実施。当日は、広告ユニットをウェブ制作者やモバイルサイト運営者、iPhoneやアンドロイドなどのアプリケーション開発者に提供し収益を還元しているグーグル「AdSense」サービスを通して、変ぼうするメディアの世界を解説するという。併せて、コンテンツの力を利用したメディアの収益化にも触れる予定。
http://akiba.keizai.biz/headline/1919/

2010-04-22

Yahoo!JAPAN(Web)

特別講義「Google AdSense から見たメディアの変化と展望」生中継へ
デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパスで4月24日、特別講義「Google AdSenseから見たメディアの変化と展望~コンテンツ力を活かしたメディアの収益化を実現するために~」が開催。講義の様子を Ustream(ユーストリーム)で生中継する。(アキバ経済新聞)

2010-04-21

GIGAZINE(Web)

GIGAZINE10周年記念講演の舞台裏を大公開、当日はこんな感じでしたレポート
20日、デジタルハリウッド大学院大阪キャンパスにてGIGAZINE10周年記念講演「なぜあなたのサイトに人が来ないのか?」というのを行いました。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100421_gigazine_10th_anniversary_lecture_backstage/

2010-04-21

マイコミジャーナル(Web)

南雲治嘉氏が教える"根拠ある"配色術「先端配色&レイアウト講座」開講
デジタルハリウッドは、NPO日本カラーイメージ協会理事長で、同校の教員でもある南雲治嘉氏を講師に迎え、脳生理学と色彩心理学から導き出した「先端色彩学」をもとに、配色とレイアウトの基礎を学ぶ「先端配色&レイアウト講座」を開講する。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/21/034/index.html

2010-04-20

NewsAsiaBiz(Web)

スマートフォン/電子書籍時代の『手描きコンソーシアム』
ユニファイ・リサーチ(東京都渋谷区、コンソーシアム事務局)は、デジタル手描き入力技術を用いた新しいコンテンツ・サービスの開発と普及を目的とした団体『手描きコンソーシアム』を設立した。参加したのは、学研パブリッシング、シャープ、ゼンリン、デジタルハリウッド、日本テレビサービス、ロケーション、ウィルコム、ブイキューブ、グローバルエンジニアリング、BOOST、スマートジャパン、イートライジャパン、ユニファイ・リサーチ(コンソーシアム事務局)の民間企業、及び東京大学、早稲田大学の研究者ら。
http://asiabiz.jp/newsasiabiz/2010/04/post_9703.html

2010-04-20

YOMIURI ONLINE(Web)

東大・早大など「手描きコンソーシアム」設立
4月19日、タッチパネルによる手描き入力技術を用いた新しいコンテンツやサービスの開発・普及を目指す団体「手描きコンソーシアム」を、ユニファイ・リサーチなど13社と2大学の研究者が設立した。現在の会員は、民間企業は学研パブリッシング、シャープ、ゼンリン、デジタルハリウッド、日本テレビサービス、ロケーション、ウィルコム、ブイキューブ、グローバルエンジニアリング、 BOOST、スマートジャパン、イートライジャパン、ユニファイ・リサーチの13社。
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/bcn/20100420-OYT8T00918.htm

2010-04-20

asahi.com(Web)

ユニファイ・リサーチなど13社と東大・早大、手描きコンソーシアムを設立
ユニファイ・リサーチなど13社と2大学の研究者は、4月19日、タッチパネルによる手描き入力技術を用いた新しいコンテンツやサービスの開発・普及を目指す団体「手描きコンソーシアム」を設立した。 現在の会員は、民間企業は学研パブリッシング、シャープ、ゼンリン、デジタルハリウッド、日本テレビサービス、ロケーション、ウィルコム、ブイキューブ、グローバルエンジニアリング、BOOST、スマートジャパン、イートライジャパン、ユニファイ・リサーチの13 社で、1年後には会員を30-50社に拡大する予定。
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201004200011.html

2010-04-19

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、Dreamworks所属の卒業生を招いた特別トークイベント開催
デジタルハリウッドは、同校を卒業し、海外で活躍しているクリエイター・稲垣教範氏を招き、トークイベント「卒業生が語る! ~海外で就職するのはそんなに大変じゃない?!」を開催する。開催日は4月23日。会場はデジタルハリウッド東京本校。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/19/052/?rt=na

2010-04-16

日刊工業新聞(新聞)

同窓生の事業創出後押し デジタルハリウッドグループの校友会設立
デジタルハリウッドはデジタルハリウッド大学、デジタルハリウッド大学院など同社のスクール卒業生の交流組織「デジタルハリウッド校友会」を設立した。情報交換会やセミナーの実施だけでなく、卒業生同士がウェブ上で行えるビジネスマッチングの場も設備する。在学中に企業との連携や企業を手がける学生が多いだけに、同窓会が具体的な事業創出の場になる可能性が期待される。

2010-04-13

マイコミジャーナル(Web)

クリエイター業界最前線
今回は、デジタルハリウッド大学大学院・産学官連携センターの沖昇氏がメガネを使用しない3D立体映像の視聴方法について紹介していきます。
http://journal.mycom.co.jp/column/deziteacher/007/index.html

2010-04-17

Fuji Sankei Business i.(新聞)

”デジハリの肖像” ウェルツアニメーションスタジオ 平沼正樹社長
3Dがブームだ。映画で『アバター』に続き、『アリス・イン・ワンダーランド』が大ヒットし、エレクトロニクス業界からは3Dテレビが発売された。この3Dにいち早く注目したのベンチャーがいる。ウェルツアニメーションスタジオ平沼正樹社長だ。3Dの第一人者を目指していたわけではない。大学時代にはシナリオライター志望でコンテストに応募しても最終選考で落選という繰り返しだった。そんな時デジハリに通う同期から「コンピューターを使えば自分で映像が作れる」と聞き、忙しいダブルスクールをこなしながらCGを習得した。

2010-04-15

マイコミジャーナル(Web)

劇場アニメ『いばらの王- King of Thorn-』の予告編コンペティション開催
SNS「MySpace」を運営するマイスペースは、2010年5月1日(土)公開予定の劇場用アニメーション作品『いばらの王 -King of Thorn-』を目前に、オリジナル予告編応募作品の一般投票審査を特設ページにて開始する。特設ページで紹介されている作品は、クリエイター養成スクール「デジタルハリウッド」と、エンタメ系SNS「MySpace」がタッグを組み、デジタルハリウッドの在籍学生による、『いばらの王 -King of Thorn-』オリジナル予告編コンテストを開催(2月下旬~4月中旬)し、応募されたもの。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/15/081/?rt=na

2010-04-15

CINEMA TOPICS ONLINE(Web)

映画『いばらの王- King of Thorn-』予告編コンペティションを一般投票マイスペースで開催!
マイスペース株式会社は、『いばらの王- King of Thorn-』の2010年5月1日の全国劇場公開を目前に、オリジナル予告編応募作品の一般投票を、マイスペース上特設ページで、開始した。この応募作品は、次世代のクリエーターを生み出し続けるクリエーター養成スクール「デジタルハリウッド」と、「My Space」がタッグを組み、デジタルハリウッドの在籍学生による、オリジナル予告編コンテンストを開催し、応募されたものです。
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=9749

2010-04-15

毎日.jp(Web)

劇場アニメーション『いばらの王 -King of Thorn-』予告編コンペティション一般投票をマイスペースで開催!
SNS「MySpace」を運営するマイスペース株式会社(東京都渋谷区)は、角川映画の配給する次世代アニメーション作品『いばらの王 -King of Thorn-』の2010年5月1日の全国劇場公開を目前に、オリジナル予告編応募作品の一般投票審査を、マイスペース上の特設ページで、明日4月16日(金)正午~26日(月)正午まで開始します。この応募作品は、次世代のクリエイターを生み出し続けるクリエイター養成スクール「デジタルハリウッド」と、エンタメ系SNS「MySpace」とタッグを組み、デジタルハリウッドの在籍学生による、『いばらの王 -King of Thorn-』オリジナル予告編コンテストを開催(2月下旬~4月中旬)し、応募されたものです。
http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2010/04/15/000000040.000001780.html

2010-04-15

コミックナタリー(Web)

劇場版「いばらの王」公開間近!冒頭約12分を無料配信
デジタルハリウッド、MySpaceとの共同企画として、デジタルハリウッド在学生の制作したオリジナル予告編のコンテストも開催。 4月16日12時から4月26日12時までの間、MySpace特設ページにて公開される20作品を視聴し、投票する仕組みだ。投票者の中から抽選で5人に「いばらの王」単行本6巻セットがプレゼントされる。
http://natalie.mu/comic/news/30591

2010-04-13

週刊アスキー 4/20合併号(雑誌)

ショートムービーコンテスト表彰式
第8回ショートムービーコンテスト表彰式が3月21日に開催され、グランプリ1名と部門賞2名、優秀賞2名が表彰された。デジタルハリウッド大学・大学院学長杉山知之も名前を連ねている。

2010-04-10

gooニュース(Web)

“生中継”動画配信サイト 「Ustream」は何がスゴい?
1月末にソフトバンクが約18億円の出資を発表し、2月にはタイガー・ウッズが不倫謝罪会見に利用するなど、最近何かと注目を集めているUstream。YouTubeやニコニコ動画と同じく、誰かがアップした動画をみんなで楽しむ動画共有サイトの一種だそうですが、果たして従来のサイトとは何が違うのか?
デジタルハリウッド大学院で教鞭を執り、現在はストリームディレクターを標榜する川井拓也さんに伺いました。「昨年から Twitterも利用できるチャット欄も登場したんです。つまり生中継を観ている人が感想をつぶやくと、その人をフォローしている人がリンクをたどって中継を観に来る。この仕組みがあるからこそ、視聴者ゼロからの生中継にもかかわらず、一気に多くの人を集めることができるんです。例えば、深夜の四畳半の部屋でDJプレイをしている様子を何千人もの人が観に来たなんて“祭り”もありましたね」
http://news.goo.ne.jp/article/r25/entertainment/r25-20100401-00001919.html

2010-04-09

マイコミジャーナル(Web)

南雲治嘉の公開セミナー「人の心を動かす配色術」、オンライン参加者募集
デジタルハリウッドは、NPO日本カラーイメージ協会理事長でデジタルハリウッドの教員でもある南雲治嘉氏の公開セミナー「人の心を動かす配色術」を開催する。会場はデジタルハリウッド東京本校。開催日は4月14日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/09/079/index.html?rt=na

2010-04-07

News week(雑誌)

ビジネス英語は「発信型」の時代へ
開校6年目を迎えるデジタルハリウッド大学は、「判断力」、「コミュニケーション能力」の向上に重点を置き、クリエイティブな専門性を身につける教育カリキュラムを展開。デジタルハリウッド大学松崎教授は、TOEIC SWテストの認知度の向上に伴って、自分の英語力を知りたい受検者や、大学・企業の活用も増しているとみている。

2010-04-07

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、「DF2010」にて2009年度の最優秀作品発表
デジタルハリウッドは、2009年度に同校全ての教育機関の生徒が制作した作品(約1,000点)のなかから最優秀作品を発表する、同校最大のイベント「DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2010」(DF2010)を開催した。グランプリを獲得したのは、デジタルハリウッド・クリエイティブ・ラボ所属の川田和賜さんの作品『SAKURA』。CG・映像部門でベストキャラクター賞も受賞したCGアニメーション作品だ。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/04/07/df2010/

2010-04-03

SankeiBiz(Web)

【“デジハリ”の肖像】目指すは世界初「医師兼科学CGクリエーター」
2009年度の「総長大賞」に選ばれた。裁判員裁判用第1号事件に証拠として使用された3DCG画像の制作が評価され、「東大生にとって最も名誉な賞」を受賞した。授賞式にはデジタルハリウッドの古賀鉄也社長も駆けつけた。裁判用CGを日本で唯一描いたのが瀬尾拡史(ひろふみ)氏(24)。サイエンスCGクリエーターの第一人者として東奔西走、海外も飛び回る。目指すは同クリエーターの地位向上だ。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100403/ecc1004030506014-n1.htm

2010-04-03

日経TREND 5月号(雑誌)

誰でも動画生中継は普及するか
ネットを通じて、誰でも手軽に動画を生中継できる「ユーストリーム」が注目を集めている。米国を中心に月間5000万以上の動画視聴率があるサービスだが、日本では1月にソフトバンクが出資を行ったことで知名度が高まった。デジタルハリウッド大学院の専任教授、川井拓也氏も「ユーストリームには、楽屋トークの楽しさがある」と期待を寄せる。

2010-04-03

日経エンターテインメント!(雑誌)

デジタルサイネージの普及が新たな短編動画ビジネスを生む
電通で映画プロデュースなどを手がけるかたわら、デジタルハリウッド大学大学院でも教える亀田卓氏。FROGMAN(『秘密結社鷹の爪』ほか)や真島理一郎(『スキージャンプ・ペア』ほか)ら、短編映像がきっかけで世に出たクリエイターと組んで、映像制作、キャラクタービジネスなど様々なプロジェクトを発信してきた。

2010-04-03

Fuji Sankei Business i.(新聞)

”デジハリ”の肖像 東大医学部6年 瀬尾拡史氏
裁判用CGを日本で唯一描いたのが瀬尾拡史氏(24)。サイエンスCGクリエーターの第一人者として東奔西走、海外も飛び回る。目指すは同クリエーターの地位向上だ。東大医学部1年の冬、ゲームや映画の世界に数多くのクリエーターを排出しCGの業界標準ソフト「マヤ」で学べるデジハリに通うことを決めた。

2010-04-01

R25(雑誌)

”生中継”動画配信サイト「Ustream」
1月末にソフトバンクが約18億円の出資を発表し、2月にはタイガー・ウッズが不倫謝罪会見に利用するなど、最近何かと注目を集めているUstream。YouTubeやニコニコ動画と同じく、誰かがアップした動画をみんなで楽しむ動画共有サイトの一種だそうですが、果たして従来のサイトとは何が違うのか?
デジタルハリウッド大学院で教鞭を執り、現在はストリームディレクターを標榜する川井拓也さんに伺いました。「Ustreamは、基本的に生中継に特化した動画共有サイトです。ネットに接続されたカメラや iPhoneがあれば誰でも配信できます。生中継なのでYouTubeやニコ動にある『早送り』などはなく、Ustreamには『再生』しかありません。つまり、YouTubeは評判の動画がいつでも見られるのが人気の理由ですが、Ustream は今中継されている映像がこの後どうなるかわからない予測不可能な面白さがある。そこにみんながハマっているんですよ」と語る。

2010-04-01

マイコミジャーナル(Web)

吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
デジタルハリウッド大学大学院教授、ヒットコンテンツ研究所の吉田就彦です。このコラム「吉田就彦の『ヒットの裏には「人」がいる』」では、さまざまなヒットの裏にいるビジネス・プロデューサーなどの「人」に注目して、ビジネスの仕掛け方やアイデア、発想の仕方などを通じて、現代のヒット事例を分析していくコラムです。
http://journal.mycom.co.jp/column/hit/005/index.html

2010-03-31

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、南雲治嘉氏による公開セミナー「人の心を動かす配色術」開催
デジタルハリウッドは、同校の教員で、NPO日本カラーイメージ協会理事長である南雲治嘉氏の公開セミナー「人の心を動かす配色術」を開催する。開催日は4月14日、会場はデジタルハリウッド東京本校。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/31/074/index.html?rt=na

2010-03-29

THE SECOND TIMES(Web)

3D仮想空間が記憶に及ぼす効果とは?「メタバースフォーラム第4回研究会」開催
3月13日、東京・秋葉原のデジタルハリウッド大学メインキャンパスにて「メタバースフォーラム第4回研究会」が開催された。
http://www.secondtimes.net/column/editor/20100329_itnp.html

2010-03-26

秋田魁新報(新聞)

ツイッター使って0円旅行
土井さんは今年1月31日から、0円で全国47都道府県を巡る旅をスタートした。ツイッター上で移動や宿泊などの協力者を募り、これまで40都府県を回った。本県で土井さんの協力呼びかけに応じたのが、湯沢市役所の職員有志。土井さんは訪れた土地で地元の人にインタビューを行い、その様子をインターネットで配信している。

2010-03-24

日経マーケティングジャーナル(新聞)

三淵啓自のECの波頭
来年7月のデジタル放送完全移行は、コンテンツ産業にも変化をもたらしそうだ。デジタル放送はメディアとコンテンツを分化し、コンテンツ流通を一段と促進する。さらに、インターネットを通じたコンテンツ流通の拡大を滞らせていた小額決済インフラ未整備も、解決に進み始めそうだ。とデジタルハリウッド大学院、三淵啓自は語る。

2010-03-24

ASCII.jp(Web)

週アス”ショートムービーコンテスト表彰式”が開催!
週刊アスキーは21日、2003年より毎年開催している動画コンテスト「ショートムービーコンテスト」の表彰式をビジョン秋葉原にて開催した。審査員としてデジタルハリウッド大学学長杉山知之氏が参加している。
http://ascii.jp/elem/000/000/508/508262/

2010-03-23

東京IT新聞(新聞)

ベンチャーからNTTグループ会社役員に抜擢 NTTナレッジ・スクウェア 取締役・青木 秀
学生ベンチャーの経営参画に始まりベンチャー畑を歩き続けてきた青木秀氏は、7年に渡るデジタルハリウッド在籍時にオンライン教育で成功を収め、その後、NTTグループの新中期経営戦略「サービス創造グループを目指して」に基いて設立された新会社の役員として異例の抜擢。

2010-03-23

マイコミジャーナル(Web)

3部門14作品の最優秀作品を発表-「DIGITAL HOLLYWOOD WORKS 2010」開催
デジタルハリウッドは、専門スクール・4年制大学・大学院の卒業制作や研究成果を一堂に集めた2009年度・卒業制作展/DCM研究発表会「DIGITAL HOLLYWOOD WORKS 2010」を、秋葉原コンベションホールおよびデジタルハリウッド大学 秋葉原メインキャンパスにて開催した。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/03/23/dh2010/index.html

2010-03-23

Gigazine(Web)

GIGAZINE10周年記念講演
「なぜあなたのサイトに人が来ないのか?」の追加受付を開始いたしました

募集開始から1日も経過せずに満員となってしまったインターネットマーケティング研究室×GIGAZINEの特別セミナー「なぜあなたのサイトに人が来ないのか?集客力を飛躍的に向上させるGIGAZINE10年間のノウハウをついに初公開!」について、本日から追加受付を開始することにしました。前回は定員100名でしたが、さらに200名追加して定員を300名にしました。まずGIGAZINEで告知記事を掲載して、それから週明けあたりに会場となる「デジタルハリウッド大学大学院 大阪キャンパス」からリリースを出す予定だったのですが、あっという間に定員一杯にまで申込が殺到したため、なんと肝心のデジハリの学生がほとんど申し込めていないという非常事態になったり、こちらの想定を大きく覆す事態になったためです。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100323_gigazine_10th_anniversary_lecture_02/

2010-03-20

西日本新聞(Web)

卒業生の作品50点展示 デジタルハリウッド校
デジタルクリエーターの養成に取り組む「デジタルハリウッド福岡校」は21日午後1―同8時と、22日午前11時―午後8時に、福岡市・天神のイムズ11階の同校で「2010年卒業制作展」を開く。コンピューターグラフィックなどの作品約50点を展示する。21日はグラフィック制作ソフトを使った体験講座、22日午後3時―同4時半に作品講評会を開催する。入場無料。
http://qkeizai.nishinippon.co.jp/infonet/item/50953

2010-03-20

天神サイト(Web)

デジタルハリウッド福岡校「卒業制作展2010~○○のかたち~」開催!
2010年3月21日(日)、22日(祝)、イムズ11階のデジタルハリウッド福岡校にて、「卒業制作展2010~○○のかたち~」を開催。デジタルハリウッドと言えば、Web、グラフィック、CG、映像、VFXと、多岐にわたる業界に受講生を送り出してきたクリエティブスクール。
http://tenjinsite.jp/hayamimi/detail.php?hid=24295

2010-03-20

Sankei Biz(Web)

”デジハリの肖像” コスモボックス社長 古新舜氏
今年の米アカデミー賞は、戦争映画「ハート・ロッカー」が6冠に輝き、3D大作「アバター」に圧勝した。日本映画は無縁だったが、「2年後に賞を取る。短編映画実写部門受賞を狙う」と言い切る頼もしい映画監督が出てきた。映画の世界に入ったのは大学院に進んだ23歳のとき。映像制作研究室に第1期生として入り、デジハリ(専門スクール)でVFX(視覚効果)を勉強した。デジハリ大学院ではビジネスを前提に凝縮した授業を受けるとともに、それを実践する場として映画制作会社コスモボックスを設立した。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100320/ecc1003200505008-n1.htm

2010-03-19

ASCII.jp(Web)

JWDA第5回WEBデザインアワード 2009年のベストWebデザイン、「NAVER」に決定
2009年のベストWebサイトは「NAVER」――。日本WEBデザイナーズ協会(JWDA)は、3月18日、「第5回WEBデザインアワード」の審査結果を発表した。審査委員にはデジタルハリウッド大学杉山知之学長も名を連ねた。
http://ascii.jp/elem/000/000/507/507626/

2010-03-18

Web Desiging(雑誌)

デジタルハリウッド大学大学院 全国でWeb関係者イベント開催
デジタルハリウッド大学大学院の客員教授・塩見政春氏が主催するWeb関係者のためのセミナーイベント「IT-CIRCUS 2010」が、全国で順次開催されている。

2010-03-18

オトナの会社設立(Web)

個人中小企業にソーシャルアプリ開発資金を提供
教育系IT企業のフューチャーインスティテュート(株)は15日、日本が世界に遅れを取っていると言われるソーシャルアプリの開発を促進するため、アイデアがありながら資金不足で開発ができずにいる個人・中小企業に対し、開発資金を提供する「フューチャー・ソーシャルアプリ・イニシャチブ(FSI)」を発表した。鶴谷社長がセコム・デジタルハリウッドらの支援により設立した教育系ITベンチャーで、キッズ向け「Practica」のフランチャイズ事業も展開する。
http://www.otonano-kaisha.com/news_hWlO6nZVW.html

2010-03-17

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、「デザインビジネスを切り口とした2010年動向予測発表会」開催
デジタルハリウッド大学大学院は、本校のデザインビジネス開発ゼミ主催による発表会「デザインビジネスを切り口とした2010年動向予測発表会~文化から経済まで2010年を勝ち抜くためのキーワード~」を開催する。開催日は3月24日。会場はデジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/17/081/index.html

2010-03-16

さきがけ on the Web(Web)

0円で日本一周中 東京の女性が湯沢市へ
インターネットの交流サイト「Twitter(ツイッター)」を使って協力者を募り、0円で日本一周に挑戦している土井雪江さん(19)=東京都、デジタルハリウッド大1年=が14、15の両日、湯沢市に滞在した。15日には市役所で齊藤光喜市長にインタビューを行った。
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20100316f

2010-03-16

文化通信.com(Web)

知財本部コ調、20年海外収入2・5兆など
政府の知的財産戦略本部「コンテンツ強化専門調査会」は、3月12日夕の第4回会合から「知的財産推進計画(仮称)」に盛り込む骨子案の検討に入った。この議論は、骨子の柱である「人材育成」が発端。まず、デジタルハリウッド大学杉山知之学長が「デジタルハリウッドは進路指導で猛反対を受ける。(コンテンツ産業は)頭が良くて、もの作りのできる人がリーダーシップを発揮するので、親御さんや先生への啓蒙が必要だ」と訴えた。
http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=38815

2010-03-15

宣伝会議(雑誌)

私はこう見る!クリエーターの「モバイル活用アイデア」
モバイルの未来を予測するキーワードとして「アンビエントメディア」を挙げるのは、「ミクシィ年賀状」をはじめとするコミュニケーションプランニングを手掛けてきたヒマナイヌ・代表取締役ディレクターの川井拓也氏だ。「きっとさらに進化すると、知りたい事をわざわざキーボードで入力しないで、欲しい情報をつぶやくだけで好ましいデバイスで受信できる時代が来ると思っています。と川井氏は語る。

2010-03-15

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ年間最大イベント、2009年度最優秀作品発表会「DF2010」開催
デジタルハリウッドは、2009年度の優秀作品発表会「DIGITAL FRONTIER GRAND PRIX 2010」(DF2010)を開催する。開催日は4月4日。会場はよみうりホール。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/15/040/index.html

2010-03-15

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、2009年度の卒業制作「DIGITAL HOLLYWOOD WORKS 2010」開催
デジタルハリウッドは、2009年度の卒業制作展であり、デジハリ大学院生が研究発表を行うイベント「DIGITAL HOLLYWOOD WORKS 2010」(DH Works 2010)を開催する。開催日は3月19日、3月20日の2日間。会場は秋葉原コンベションホールおよびデジタルハリウッド大学 秋葉原メインキャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/15/036/index.html

2010-03-12

ハリウッドチャンネル(Web)

目指せ予告編の達人! 「いばらの王-King of Thorn-」予告編コンペティション
11日、クリエーター養成スクール・デジタルハリウッドの学生を対象とした、劇場アニメーション「いばらの王-King of Thorn-」の予告編コンペティションが開催、予告編製作会社ガル・エンタープライズの福永大輔ディレクターを招いたクリエイターズセミナーが行われた。
http://www.hollywood-ch.com/news/10031203.html

2010-03-11

テレビドガッチ(Web)

『FREEDOM』森田監督が学生にエール 『いばらの王~King of Thorn』クリエーターズセミナー
スチームボーイ』『FREEDOM』のチームが仕掛けるアニメーション映画『いばらの王~King of Thorn』は、クリエイター養成スクール「デジタルハリウッド」と世界最大級のSNSサイト「MySpace」とタッグを組み、デジタルハリウッド在籍学生による本作オリジナル予告編コンテストを行う事を発表。公募に先駆け、多くの予告編制作を手がける「ガル・エンタープライズ」の福永大輔氏と『FREEDOM』の監督を務めた森田修平氏を招き11日、学生向けにクリエイターズレクチャーを行った。
http://dogatch.jp/blog/news/tx/1011039004.html

2010-03-11

WORK MASTER(Web)

Adobe Photoshopによる写真加工の無料学習講座ーデジハリが提供
IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール「デジタルハリウッド」は、最新版Adobe Photoshop CS4の基本操作から写真合成までが、自宅で学べる「できるフォトショップ講座」を3月26日までの間、期間限定で無償提供している。IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール「デジタルハリウッド」は、最新版Adobe Photoshop CS4の基本操作から写真合成までが、自宅で学べる「できるフォトショップ講座」を3月26日までの間、期間限定で無償提供している。
http://www.work-master.net/news_hlq6hyijL.html?right

2010-03-10

nikkei BP net(Web)

Twitterで「芸人」は売れるのか?デジタルハリウッド大学院と松竹芸能が実験
デジタルハリウッド大学院は2010年3月9日、松竹芸能と共同で、ソーシャルメディアを使ってお笑い芸人を売り出す実証実験を始めたと発表した。松竹芸能に所属するタレントがミニブログ「Twitter」に設けた公式アカウントで、お笑い芸人としての活動内容を報告する。また動画共有サイト「YouTube」にこれらの活動に関する動画を投稿し、そのページビュー(PV)をもとに、各若手芸人のイベント開催の有無を判断する。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20100310/214852/

2010-03-09

SANKEI EXPRESS(新聞)

さらに進化 「実写ドラマ」も
アニメーションの常識を覆してきたフジテレビの深夜枠「ノイタミナ」が、さらに革新的な挑戦に出る。4月から時間枠を倍の1時間に拡大し、ベストセラー小説や話題の漫画を次々にアニメ化。果ては人気漫画の実写ドラマ化も行ったりと、アニメの概念すら超えた番組作りで、テレビ離れがいわれる若者たちの目を引き付ける。挑戦しているのはノイタミナだけではない。デジタルハリウッド大学で2月18日に開催された「アニメ・ビジネス・フォーラム+2010」では、CS向けアニメ専門チャンネルやテレビ局のアニメ部門を率いる人たちから、アニメ視聴者拡大のために取り組んでいる施策が明かされた。

2010-03-09

iza(Web)

[サブカルちゃんねる]革新的「深夜のアニメ枠」 ノイタミナ さらに進化「実写ドラマ」も
アニメーション(animation)の常識を覆してきたフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ(noitamina)」が、さらに革新的な挑戦に出る。4月から時間枠を倍の1時間に拡大し、ベストセラー小説や話題の漫画を次々にアニメ化。果ては人気漫画の実写ドラマ化も行ったりと、アニメの概念すら越えた番組作りで、テレビ離れがいわれる若者たちの目を引きつける。挑戦しているのは「ノイタミナ」だけではない。デジタルハリウッド大学で2月18日に開催された「アニメ・ビジネス・フォーラム+2010」では、CS向けアニメ専門チャンネルやテレビ局のアニメ部門を率いる人たちから、アニメ視聴者拡大のために取り組んでいる施策が明かされた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/comic/366723/

2010-03-09

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ『クチコミで芸人は売れるのか?』実証実験開始
デジタルハリウッド大学大学院大阪キャンパスでは、本学客員教授である塩見政春氏が代表を務めるインターネットマーケティング研究室と松竹芸能との産学連携によるプロジェクトを開始した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/09/057/index.html

2010-03-08

マイコミジャーナル(Web)

現役学生制作の「楽しぃんやさかい大和川 水辺の楽校」公式Webサイト公開
デジタルハリウッドでは、OJTの一環として、国交省プロジェクト「水辺の楽校」内で実施されている「楽しぃんやさかい大和川水辺の楽校」の公式Webサイトを制作した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/08/030/index.html

2010-03-06

毎日新聞(新聞)

就職難 支援会社頼み
学生に面接の受け方などを指導する就職支援会社が注目されている。就職への不安が広がる中、ある程度の出費はやむを得ないと考える学生も多い。大学と専門学校などに通う「ダブルスクール」生も増えている。映像技術を教えるデジタルハリウッドはが今年4月に「Wスクール」コースを新設するなど、大学生をターゲットにするスクールが増えている。

2010-03-06

Fuji Sankei Business i.(新聞)

ネット上に社交場 世界共通の文化に
”デジハリ”の肖像” メルティンドッツ社長 浅枝大志氏

2006年11月に、仮想世界でコンテンツ製作などを手掛けるメルティンドッグ社を設立。「次の時代」を肌で感じ取る嗅覚はデジハリで磨きをかけた。博士課程修了までの貴重な経験は中身の濃いインターン活動の役目を果たし、それだけ早く事業を軌道に乗せる事が出来た。「事業を成功させ恩返ししたい。デジハリのブランド作りに貢献したい」と浅枝氏は語る。

2010-03-06

Sankei Biz(Web)

【“デジハリ”の肖像】メルティングドッツ社長 浅枝大志氏
アバターに魅せられた男がいる。映画史を塗り替える世界的大ヒットとなった3D映画「アバター」ではなく、インターネット上の仮想世界「セカンドライフ」で自分の代わりに動き回るアバターだ。デジハリには大学院1期生として入った。「大学3年生のとき、就職して働いている自分がイメージできず起業を意識」。そのとき大学院開設を知った。講師が専門分野の第一線で活躍する現役社長という授業に加え、英語とITを重視する教育方針に魅力を感じた。もともと起業を視野に入れていたので豪華講師陣はもちろん、大学院1期生として一緒に学ぶ同期だが先輩(平均年齢30歳)とのコネクション・ネットワークづくりに励んだ。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100306/ecc1003060503007-n1.htm

2010-03-06

東京新聞(新聞)

当世学生 二足のわらじ
就職氷河期になると脚光を浴びる大学生らの「ダブルスクール現象」に、新たな動きが広がっている。CGや映像をのクリエーターを養成する「デジタルハリウッド」でも、主に社会人が対象の夜間クラスの受講生のうち三割がダブルスクール族という盛況ぶり。主流は美大生だが、法学部や文学部、医学部の学生も増えた。ニーズの高まりを受け、四月にダブルスクール専門クラスを新設する。「CGや映像の技術は、住宅、自動車、医療、司法など各分野で活躍されていく。働く場が広がると考えて学生が集まるようです。」と広報担当の川村めぐみさんは話している。

2010-03-06

東京新聞 Tokyo Web(Web)

共演 ダダ漏れで人気の名物広報さんが初公演で恥ずかしエピソードを披露!?
最近は、専攻とは畑違いの服飾デザインや、コンピューターグラフィックス(CG)技術を身に付けたいと通うケースが、目立つという。CGや映像のクリエーターを養成する「デジタルハリウッド」(千代田区)でも、主に社会人が対象の夜間クラスの受講生のうち三割がダブルスクール族という盛況ぶり。主流は美大生だが、法学部や文学部、医学部の学生も増えた。ニーズの高まりを受け、四月にダブルスクール専用クラスを新設する。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010030602000210.html

2010-03-05

GIGAZINE(Web)

GIGAZINE10周年記念講演「なぜあなたのサイトに人が来ないのか」
2010年4月1日でGIGAZINEは運営開始してから10周年となるわけですが、それを記念して2010年4月20日(火)に特別セミナーを開催することになりました。なぜあなたのサイトに人が来ないのか?GIGAZINE10年間のノウハウをついに初公開!デジタルハリウッド大学院
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100305_gigazine_10th_anniversary_lecture/

2010-03-02

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、小学生対象のロジカルシンキング活用産学共同プログラム開始
デジタルハリウッド大学大学院の研究室「こどもラボ」は、ロジムの門前仲町教室にて、小学4~5年生を中心に、地元ケーキ店の広告ポスター制作のワークショップを開催する。開催日は3月14日、21日(2週連続講座、どちらかの日程のみの受講は不可)。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/05/053/index.html

2010-03-02

週刊アスキー(雑誌)

共演 ダダ漏れで人気の名物広報さんが初公演で恥ずかしエピソードを披露!?
”決断ポトフ”でダダ漏れップリが話題のそらちゃんことソラノート広報の佐藤綾香氏が、ビデオジャーナリストの神田敏晶氏と共同で2月24日、『USTREAMビジネスセミナー』をデジハリにて行った。

2010-03-01

MdN DESIGN INTERACTIVE(Web)

デジハリ、「Photoshop CS4」を無料学習できるオンラインスクール公開中
デジタルハリウッド(株)は、「Adobe Photoshop CS4」を自宅で学べる「できるフォトショップ講座」を無料公開中。動画形式でソフトを操作しながら講師が解説を行い、基本操作から写真合成までの応用技術を学びたい人に最適。3日間の講座となっている。提供期間は2010年3月26日まで。
http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/12392/

2010-03-01

マイコミジャーナル(Web)

次世代クリエーター's VOICE
このWeb制作会社の戦国時代ともいえる時代に、どのようにすれば勝ち残ることができるのか、ソニーやTSUTAYAといった大企業のWebサイトを数多く手がけているWeb制作会社「スクラッチ」の代表取締役・細川智則氏、ディレクター・齊藤功志氏に話しを訊いた。細川氏、齋藤氏共にデジタルハリウッド卒業生。
http://journal.mycom.co.jp/column/dezicreator/005/?rt=na

2010-02-27

朝日新聞(新聞)

ツイッターで無銭日本一周 人の優しさ実感中
交通費ゼロ。宿泊費ゼロ。インターネットの情報通信サービス「ツイッター」への書き込みで協力者を探し、日本一周の無銭旅行を試みる女子大生がいる。デジタルハリウッド大学土井雪江さん。目的は「人の優しさにふれること」。ネットと現実をつなげながら、旅は今も続いている。

2010-02-27

asahi.com(Web)

ツイッターで無銭旅行、18歳女子が日本一周挑戦中
交通費ゼロ。宿泊費ゼロ。インターネットの情報交換サービス「ツイッター」への書き込みで協力者を探し、日本一周の無銭旅行を試みる女子大生がいる。目的は、「人の優しさにふれること」。ネットと現実をつなげながら、旅は今も続いている。旅人の名は土井雪江さん(18)。東京・秋葉原にあるデジタルハリウッド大の1年生だ。
http://www.asahi.com/digital/internet/SEB201002270006.html

2010-02-26

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ「Photoshop CS4」が試せるオンラインスクール期間限定無償公開
デジタルハリウッドは、「Adobe Photoshop CS4」の基本操作から写真合成まで、自宅で学べる「できるフォトショップ講座」を期間限定で無償公開する。提供期間は2月26日~3月26日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/26/052/index.html?rt=na

2010-02-23

文化通信.com(Web)

サンライズ宮河常務ガンダム30周年戦略を語る 実物大の立像に600万人来場
サンライズの宮河恭夫常務取締役は、先週18日のデジタルハリウッド大学の「アニメ・ビジネス・フォーラム」で、“ガンダム30周年に見る ビジネス戦略”を語った。
http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=38127

2010-02-23

月刊タウンマガジンあわわ(雑誌) 三月号

Twitterで日本一周中の女子大生あわわに参上!!
東京を出発し、日本一周に挑戦中の土井雪江さんが『あわわ』登場!彼女はTwitterとブログを駆使して所持金0円で旅をしている。Twitterで現在の情報を発信し、次の目的地まで連れて行ってくれる人や、泊めてくれる人を探している。

2010-02-22

マイコミジャーナル(Web)

デジハリにて”アナログ効果音”に関するシンポジウム開催
駿河台大学は、駿河台大研究グループによるシンポジウム「デジタル映像時代に再評価されるアナログ効果音~ドラマや芝居の臨場感を演出する音の技法をいかに残すか~」をデジタルハリウッド大学大学院・秋葉原キャンパスにて開催する。開催日は2月25日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/22/011/index.html

2010-02-20

Fuji Sankei Businessi(新聞)

デジハリの肖像 「まだ遅くない」会社辞め 夢に挑戦
松田圭太監督「エレクトロニックガール」

松田さんは大学卒業後、ソフトウェア会社に就職。CGの仕事に就きたいと思っていたが、美大生でもない自分には現実的に無理とあきらめていた。しかし、ある時目に留った雑誌のデジハリの記事を読んで、まだ遅くないデジハリに行こうと一念発起。2年間務めていた会社を辞めて入学、半年間CGを学んだ。

2010-02-20

SankeiBiz(Web)

デジハリの肖像 松田圭太監督
一度は断念した道

ジャケットに「ココロヲ オシエテクレテ アリガトウ」とあるように、温暖化で荒廃した55年を舞台に、アイドルとして生み出されたアンドロイドが一人の青年との出会いを通して人間らしさを見つけるSFラブストーリー。「エレクトロニックガール」、この映画で監督デビュー。CGを駆使した映像が見た者を圧倒する。少ない予算と短い撮影時間を逆手に取り「(得意の)CGをガンガン入れた」ことが劇場公開につながった。“デジハリ卒”の面目躍如だ。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100220/ecc1002200502006-n1.htm

2010-02-20

SankeiBiz(Web)

”デジハリの肖像”「まだ遅くない」会社辞め 夢に挑戦 松田圭太監督
「デジハリ卒業生の記事が載っていて、CGとは関係ない会社に就職したが、デジハリでCGを勉強し、卒業後はCGの仕事に就いたとあった。まだ遅くない、デジハリに行こう」と一念発起。2年勤めた会社を辞めて入学、半年間CGを学んだ。
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100220/ecc1002200502006-n1.htm

2010-02-19

マイコミジャーナル(Web)

トップクリエーターが多数出席!! デジハリ15周年にして初の大同窓会
デジタルハリウッドは、設立15周年を記念して大同窓会「Digital Hollywood Reunion」を、赤坂BLITZにて行った。当時のクラスメイトや学校長・講師との交流に加え、参加者同士がビジネスパートナーなどを探せるよう工夫されたデジタルハリウッド初の大同窓会。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/19/013/index.html?rt=na

2010-02-19

文化通信(Web)

デジハリ大学国際アニメ研フォーラム開催/AT‐X岩田氏はアニマックスと競合ない
デジタルハリウッド大学(学長・杉山知之)・国際アニメ研究所は18日、アニメーション・マーケットの最前線で活躍するキーパーソン計6名を講師に招き、「アニメ・ビジネス・フォーラム+(プラス)2010」を同大学秋葉原メインキャンパスで開催した。 第一線で活躍するプロが、現状のアニメ市場分析と今後の動向を予測する内容ということで注目度が高く、数多くの聴講者が参集して行われた。去年に続いて2回目の開催。
http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin/article.php?storyid=38046

2010-02-18

マイコミジャーナル(Web)

”ダダ漏れ”で有名な@ksorannoさんも登場「Ustreamビジネスセミナー」開催
デジタルハリウッド大学大学院は、KandaNewsNetwork,Inc.代表取締役・神田敏晶氏とソラノート広報・佐藤綾香氏を招き、「Ustreamビジネスセミナー
~リアルタイムウェブ時代のライブ映像コミュニケーション~」を開催する。開催日は2月24日。会場はデジタルハリウッド大学大学院・秋葉原メインキャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/18/048/index.html?rt=na

2010-02-18

赤坂経済新聞(Web)

デジタルハリウッドが15周年 赤坂BLITZに大同窓会に750人集まる
赤坂BLITZ(港区赤坂5)で2月17日、デジタルハリウッド15周年を記念した大同窓会「Digital Hollywood Reunion」が開催された。
http://akasaka.keizai.biz/headline/485/

2010-02-16

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、現役大学院生考案のビジネスプランを発表
デジタルハリウッド大学大学院は、2009年度デジタルハリウッド大学大学院「特ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催する。開催日は2月20日。会場は富士ソフト・アキバプラザ5F・アキバホール。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/16/023/index.html?rt=na

2010-02-16

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、現役大学院生考案のビジネスプランを発表
デジタルハリウッド大学大学院は、2009年度デジタルハリウッド大学大学院「特ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催する。開催日は2月20日。会場は富士ソフト・アキバプラザ5F・アキバホール。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/16/023/index.html?rt=na

2010-02-14

iza(Web)

3Dテレビ本番間近 BS,CS先行カメラワークや編集に工夫
「今回の3Dブームは本物です」と期待を寄せるのは、BS放送「BS11」を運営する日本BS放送だ。同局は平成19年の開局以来、スポーツやアニメ、映画の予告VTRなどで、3Dテレビ対応の番組を毎日試験的に放送してきた。デジタルハリウッド大学大学院で昨年末に始まった、3D映像の制作スタッフの人材育成プロジェクトの様子を掲載。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/357551/

2010-02-14

読売新聞(新聞)

鉄砲の雑賀衆「孫市」映画に
映画監督山口雅和さんは大阪市北区浮田町で築100年の町家を改装した骨董カフェを営む傍ら、映画制作を続けている。2011年春に公開予定「SAIKA-雑賀の孫市」の監督でもある。今回のCGによる視覚効果は、山口さんが通っている、デジタルハリウッド大学院大阪サテライトキャンパスの栩木教授の研究室が担当する。

2010-02-14

YOMIURI ONLINE(Web)

鉄砲の雑賀衆「孫市」映画に、大阪の山口監督が制作
鋲(びょう)が飛び出た異形の兜(かぶと)。織田信長の天下統一に、最新兵器だった鉄砲を駆使して立ちはだかった雑賀(さいか)衆のものと伝わる。その兜に魅せられた映画監督、山口雅和さん(32)(大阪市北区)が、雑賀衆の実像に迫る作品「SAIKA―雑賀の孫市」(仮題)を制作している。5月にも撮影を始め、2011年春に公開予定。CGによる視覚効果は、山口さんが通っている、デジタルハリウッド大学院大阪サテライトキャンパス(大阪市北区)の栩木(とちき)雅典教授(52)の研究室が担当。
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100214-OYO1T00434.htm

2010-02-10

マイコミジャーナル(Web)

Wiiの「みんなのシアターWii」にて、デジハリ生のCG作品配信開始
デジタルハリウッドは、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」のWiiウェア向けVODサービス「みんなのシアターWii」にて、同校の学生制作のCG映像作品を配信すると発表した。配信開始日は2月12日。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/10/081/index.html

2010-02-10

Japan Design Net(Web)

「Yahoo! JAPAN インターネットクリエイティブアワード」 作品公表セミナー
インターネットクリエイティブの最前線で活躍するかたわら、Yahoo! JAPANインターネットクリエイティブアワードの審査員を務める遠崎寿義氏(ザ・ストリッパーズ株式会社)&鎌田貴史氏(spfdesignInc.)によるクリエイティブセミナー。
http://event.japandesign.ne.jp/news/19799100209/

2010-02-09

マイコミジャーナル(Web)

曽利文彦と名越稔洋が未来のクリエーターに伝えたい事とは
世界レベルのクリエイターを養成するデジタルハリウッド・東京本校にて、映画、『APPLESEED』や『ピンポン』、『ICHI』などの監督として知られる曽利文彦と、大ヒットゲーム『龍が如く』シリーズの総合監督・名越稔洋氏の特別対談が行われた。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/02/09/dezitaidan/index.html

2010-02-08

マイコミジャーナル(Web)

播磨社会復帰促進センター、「CGマルチメディアクリエーター科」開講
デジタルハリウッドは、官民協働で運営するPFI(Private Finance Initiative)方式の刑務所「播磨社会復帰促進センター」にて、「CGマルチメディアクリエイター科」を開講。同センターと職業訓練指導に関する業務委託契約を結んだ。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/08/048/index.html

2010-02-08

マイコミジャーナル(Web)

『龍が如く』の監督・名越稔洋が語る、CG表現に大切な物とは
大ヒットゲーム『龍が如く』シリーズの総合監督・名越稔洋氏は、デジタルハリウッド・東京本校にて、自身のゲーム制作に対する考えを語った。同講義は、名越氏と映画『APPLESEED』や『ピンポン』、『ICHI』などの監督として知られる曽利文彦氏の特別イベント内で行われたもの。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/02/08/dezinagoshi/index.html

2010-02-08

マイコミジャーナル(Web)

グラフィックコンテンツArchive
デジタルハリウッドに在籍、もしくは卒業した優秀なクリエイターの作品を紹介していく本コラム。今回は、東京本校 本科CG・映像クリエイター専攻を卒業した鈴木勝之の卒業制作作品『近未来ロボ ヘルパー』を紹介します。
http://journal.mycom.co.jp/column/deziworks/009/index.html

2010-02-06

iza(Web)

携帯に「着ネタ」で笑いをお届け メディアブレスト・宮谷大社長インタビュー
【“デジハリ”の肖像】メディアブレスト・宮谷大社長。ほかでは見られないネタばかり! こんなキャッチフレーズでお笑い芸人のネタをインターネットで配信している「Owarai.tv」。現在、配信しているネタは約680と日本最大級。運営するメディアブレストの宮谷大社長(30)は「毎月約100ネタをハイビジョンで収録している」と話す。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/other/354530/

2010-02-05

毎日jp(Web)

高校生1万人署名活動:米国の高校へ今日出発「核兵器」考え方を学ぶ/長崎
核兵器廃絶を訴える長崎市の「高校生1万人署名活動」は今月メンバーら3人を米国に派遣し、現地の高校生らと交流することとなり、訪米前にメンバーの1人、成瀬杏実さん(18)=長崎西高3年=がこのほど会見した。1万人署名活動としては初めて米国での署名活動もする予定で、成瀬さんは「核兵器に対する考え方を学びたい」と意気込みを語った。
訪米するのは成瀬さんのほか、高校生平和大使の福田綾子さん=久留米大付設高2年と、同OBの米田伊織さん=デジタルハリウッド大3年。長崎を5日に出発し、6~13日に、米カリフォルニア州サンタバーバラのダン高校で原爆写真展や被爆証言DVDの上映会、署名活動などをする。また、ロサンゼルスでも在米被爆者との面会や街頭署名も予定している。
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20100205ddlk42040572000c.html

2010-02-05

マイコミジャーナル(Web)

Web業界関係者を対象としたセミナーイベント「IT-CIRCUS2010」開催
デジタルハリウッド大学大学院の客員教授・塩見政春氏が代表を務めるIT-Circus2010実行委員会(デジタルハリウッド大学大学院/CSS Nite in OSAKA/特定非営利活動法人日本ウェブ協会)は、Web業界関係者を対象としたセミナーイベント「IT-CIRCUS2010」を全国6カ所で開催する。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/05/042/index.html

2010-02-05

マイコミジャーナル(Web)

吉田就彦の「ヒットの裏には『人』がいる」
デジタルハリウッド大学院教授、吉田就彦先生のコラムが掲載されました。プロフィール:ヒットコンテンツ研究所代表取締役社長。ポニーキャニオンにて、音楽、映画、ビデオ、ゲーム、マルチメディアなどの制作、宣伝業務に20年間従事。「チェッカーズ」や「だんご3兄弟」のヒットを生む。退職後ネットベンチャーのデジタルガレージ取締役副社長に転職。現在はデジタル関連のコンサルティングを行なっているかたわら、デジタルハリウッド大学大学院教授として人材教育にも携わっている。
http://journal.mycom.co.jp/column/hit/001/index.html

2010-02-05

マイコミジャーナル(Web)

デジハリ、3D立体映像制作スキルが学べる夜間クラス開講
デジタルハリウッドは、ゲーム・映像業界の制作職への新卒採用を目指す大学生・大学院生向け1年制・選抜制コース『本科』にて、夕方17時から講義は始まる「Wスクール(夜間)クラス」を開講する。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/05/014/index.html

2010-02-03

cybozu.net(Web)

"京の台所"をもっと身近に感じよう!「錦市場」がTwitter開始
今月1日に公開されたばかりのこちらのサイトは、デジタルハリウッド大阪校・大学院の学生によって制作されたもの。錦市場の歴史や、実際に市場の中を歩いているような気分になれる「錦市場歩きマップ」といったコンテンツのほか、「店舗のつぶやき一覧」のページでは、錦市場内の各店舗がそれぞれ開設しているTwitterアカウントから、最新のつぶやきを一覧で見ることができます。2月3日の午後14時現在、23店舗が参加しており、新商品のお知らせやお得情報、普段なかなか聞けないお店の裏側まで、錦市場をもっと身近に感じられる情報が随時更新される形になっています。
http://news.cybozu.net/pleasure/hatena/000459566.html

2010-02-03

ANIMAX(Web)

『TO』曽利文彦監督と『龍が如く』シリーズ名越稔彦監督が未来のエンタテイメントを大胆予測!?
トップクリエーター対談レポート!

2010年1月29日、デジタルハリウッド東京本校にて、映像業界とゲーム業界のTOPクリエイター2人を招いての特別講義とクリエイター対談が行われ、映像業界からは3Dライブアニメの第一人者であり、2009年には『TO 楕円軌道/共生惑星』を生み出した曽利文彦監督、ゲーム業界からは2010年3月18日に最新作『龍が如く4』の発売を控える名越稔洋総合監督が登壇した。
http://www.animax.co.jp/news/index.php?proc=detail&ID=4506&Offerer=

2010-02-03

マイコミジャーナル(Web)

現役学生がTV番組『地球号食堂』の番組ポスターを制作
同企画では、まずデジタルハリウッドの専門スクール・大学・大学院の全学生を対象に、「エコめし宣言」を掲げ、地球や環境、人にも優しくなれるオリジナルメニューを展開する料理店『地球号食堂』をイメージしたデザインを募集。その後、集まった95作品のなかから、デジタルハリウッド大学2年後藤貴司さんの作品を番組ポスターに採用した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/03/031/index.html

2010-02-02

マイコミジャーナル(Web)

次世代クリエイター's VOICE
2008年に国内初となる3D(立体)専用オリジナルアニメーション作品「アルトとふしぎな海の森 ~TestDrive~」を発表したWelz Animation Studios(ウェルツアニメーションスタジオ)の代表取締役社長・平沼正樹氏に話しを訊いた。
――早い時期から3D映像の研究を行ってきた平沼さんにとって、3D映像の魅力とはなんでしょうか。平沼「3D映像は、見た瞬間に『面白い!』となるじゃないですか。言葉や理屈で面白いのではなく、感覚で楽しめることが魅力ですね」同社には平沼氏を筆頭に、多くのデジタルハリウッドの卒業生が所属している。
http://journal.mycom.co.jp/column/dezicreator/004/index.html

2010-02-02

マイコミジャーナル(Web)

『APPLESEED』、『ピンポン』の曽利監督が語る、日本人ならではの3DCG表現
映画『APPLESEED』や『ピンポン』、『ICHI』などの監督として知られる曽利文彦氏は、世界レベルのクリエイターを養成するデジタルハリウッド・東京本校にて、曽利監督自身の映像制作に対する考え方を語った。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/02/02/tosori/index.html

2010-02-01

マイコミジャーナル(Web)

現役学生がTwitterを有効活用した、京都「錦市場」公式Webサイトを制作
デジタルハリウッド大阪校およびデジタルハリウッド大学院大阪キャンパスの受講生有志メンバーは、京の台所とも称される商店街「錦市場」の公式Webサイトを制作した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/01/035/index.html

2010-02-01

マイコミジャーナル(Web)

現役学生がTwitterを有効活用した、京都「錦市場」公式Webサイトを制作
デジタルハリウッド大阪校およびデジタルハリウッド大学院大阪キャンパスの受講生有志メンバーは、京の台所とも称される商店街「錦市場」の公式Webサイトを制作した。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/01/035/index.html

2010-02-01

mu-mo(Web)

映像業界ゲーム業界TOPクリエイター夢の対談! 未来のエンタメを大胆予測!!
1月29日(金)、デジタルハリウッド東京本校にて、映像業界とゲーム業界のTOPクリエイターふたりの夢の対談が行われた。今回のイベントでは、映像業界から『TO 楕円軌道/共生惑星』曽利文彦監督、ゲーム業界からは『龍が如く』シリーズの名越稔洋総合監督が、未来のクリエイターを目指す方々へ向けて特別講義と、おふたりによる対談という内容。
http://news.mu-mo.net/view/6983

2010-02-01

4gamer.net(Web)

3DCGのトップクリエイター二人が若きクリエイター達に向けて熱弁を奮った! 「曽利文彦×名越稔洋 トップクリエイター対談」レポート
1月29日、東京・お茶の水にあるクリエイター養成スクール,デジタルハリウッド東京本校にて,「曽利文彦×名越稔洋トップクリエイター対談」が開催された。このイベントは,同校の1年制/選抜制「本科」コースの特別授業として開催された。
http://www.4gamer.net/games/094/G009425/20100201016/

2010-01-30

アニメ!アニメ!(Web)

「TO」曽利文彦×「龍が如く」名越稔様 映像とゲームのトップがトーク
1月30日、デジタルハリウッド東京校で、映像とゲームのトップクリエイター2人が、エンタテイメントの未来について語った。
http://animeanime.jp/report/archives/2010/01/post_201.html

2010-01-29

CGWORLD 3月号

デジタルハリウッド15年の歩みと未来
コンテンツビジネスを支えたデジハリノ15年
デジタルハリウッドが開校したのは94年10月の事。それから今年で15年を向える。94年の開校当時はMac25台を使って、1台は講師が使い、24人のクラスを2つ作ってイラストレーター、フォトショップ、ディレクターを用いたデジタルコンテンツ制作教育から始まりましたと。と杉山学長は語る。15年の歴史を振り返るインタビューです。

2010-01-27

excite.ニュース(Web)

勝ち続けるモバイルビジネスとは――デジハリ大学院の特別講座
デジタルハリウッド大学大学院は1月26日、「勝ち続けるWeb・モバイルビジネスとは?」と題した特別講座を2月6日に開催すると発表した。開催日時は2月6日14時から15時30分まで、開催場所はデジタルハリウッド大学大学院秋葉原メインキャンパス。参加費は無料で定員は50人となる。生中継のアカウントは、当日同大学院のTwitterで告知する。
http://www.excite.co.jp/News/it/20100127/Itmedia_mobile_20100127081.html

2010-01-27

yahoo!ニュース(Web)

勝ち続けるモバイルビジネスとは――デジハリ大学院の特別講座
デジタルハリウッド大学大学院は1月26日、「勝ち続けるWeb・モバイルビジネスとは?」と題した特別講座を2月6日に開催すると発表した。この講座は、オプト取締役会長で同大学院教授の海老根智仁氏の著作「eコマースプランニング入門講座」と「モバイルマーケティングコンサルタント養成講座」の刊行を記念し、共著者を迎えて実施するもの。当日はUstreamを活用した特別講義の生中継も実施する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000081-zdn_m-mobi

2010-01-27

IT media プロモバ(Web)

勝ち続けるモバイルビジネスとは――デジハリ大学院の特別講座
デジタルハリウッド大学大学院が「勝ち続けるWeb・モバイルビジネスとは?」と題した特別講座を開催。Ustreamによる中継も行う。デジタルハリウッド大学大学院は1月26日、「勝ち続けるWeb・モバイルビジネスとは?」と題した特別講座を2月6日に開催すると発表した。
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1001/27/news064.html

2010-01-27

BIGLOBEニュース(Web)

2010/01/23 漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす
安藤社長は大学卒業後、外資系企業を経て、大手総合商社に入社。その傍ら、中国で製造したデザインスニーカーの販売を始めた。「スニーカーの販売は友人と2人で副業で始めた。そこそこ売れていたので商社を退職して05年に起業したが、起業してからは全く売れなくなった」このため、スニーカーの販売に代わる新しいビジネスプランを模索しているときに、デジタルハリウッド大学を知り、06年4月にデジタルハリウッド大学院に入学した。
http://news.biglobe.ne.jp/social/101/san_100123_1018065309.html

2010-01-27

マイコミジャーナル(Web)

勝ち続けるWeb・モバイルビジネスとは?-デジタルハリウッド大学院特別講座開催
デジタルハリウッド大学大学院は、オプトの取締役会長であり、本大学院教授の海老根智仁氏の著作「eコマースプランニング入門講座」と「モバイルマーケティングコンサルタント養成講座」の刊行を記念し、特別講座「勝ち続けるWeb・モバイルビジネスとは?」を開催する。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/27/017/index.html?rt=na

2010-01-26

週刊アスキー

ネットの力でどこまで行けるか!?女子大生がゼロ円で日本一周の旅
「インターネットの可能性に期待している」と語る大学一年生土井雪江さんが、ツイッターやブログを利用して、無賃で日本一周の一人旅に出る。

2010-01-25

My Space From JP.(Web)

InterFACE interVIEW for DIGITAL NATIVE
2010年1月1日、J-WAVEEでオンエアされた「RADIO×SPIDER」は新春特別バージョン!デジタルジェネレーションを代表&象徴するスペシャリストが3名とMySpaceのゲスト・フレンド5名が登場して「2010年代ネット・コミュニケーション」について語り合った。
デジタルハリウッド学長・杉山知之、twitter佐々木副社長、マイスペース株式会社代表取締役社長の大蘿さん。という顔ぶれ。
http://blogs.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendId=1004318479&blogId=524995348

2010-01-25

ガジェット通信(Web)

所持金ゼロ円で日本を一周する女子大生に独占インタビュー! 「切っ掛けは世界旅行」
デジタルハリウッド大学に通う女子大生、土井雪江さんがその方だ。ガジェット通信で記事公開後もかなりの反響があったらしく『Twitter』のフォローが急増したという。そんな雪江さんに今回は取材を試みることが出来たので、ゼロ円日本一周についての心境を伺ってみたぞ。
http://getnews.jp/archives/45330

2010-01-25

マイコミジャーナル(Web)

「Adobe クリエイティブコンテスト」アートワーク部門受賞作を立体化!
昨年行われた「Adobe クリエイティブコンテスト」。「アートワーク部門」と「フォトアイディア部門」の2部門で審査が行われ、結果が発表されたのは記憶に新しい。デジタルハリウッド賞を受賞した「才能の種」、また、学生の部で最優秀賞を受賞した「A FLASH」の3作品を、実際の立体パッケージとして制作したので、その模様をお伝えしたい。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/01/25/picpack/index.html

2010-01-23

Fuji Sankei Bussiness i.

デジハリの肖像 漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす「TORICO」安藤拓郎社長
安藤社長は大学卒業後、外資系企業を経て、大手総合商社に入社。その傍ら中国で製造したデザインスニーカーの販売を始めた。スニーカーの販売は友人と二人で始めた。そこそこ売れていたが、商社を退職して05年に起業したが、起業してからは全く売れなくなった。このため、スニーカーの販売に代わる新しいビジネスプランを模索していた時に、デジタルハリウッド大学を知り、06年4月にデジタルハリウッド大学院に入学した。

2010-01-23

Yahooニュース(Web)

漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす 安藤拓郎社長
今、世界中で注目されている日本の文化「漫画」。その漫画を全巻セットで販売する世界初のインターネットサイト「漫画全巻ドットコム」が2006年8月に立ち上がった。ヒットしたドラマや映画の中には、コミックを原作としたものも多く、同サイトを運営するTORICOの安藤拓郎社長は「現在の月間アクセス数は250万件で、ドラマや映画を見た人が当サイトを通じて購入するケースも多い」と、好調な業績に相好を崩す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100123-00000509-san-soci

2010-01-22

マイコミジャーナル(Web)

デジタルハリウッド大学院、イメージコンサルティングに関する特別講座開催
情報ネットワーク社会におけるイメージ戦略の調査研究を行っている、デジタルハリウッド大学大学院イメージコンサルティング研究室は、オープン講座「広報活動へのイメージコンサルティングの応用」を開催する。開催日は26日。会場はデジタルハリウッド大学大学院・秋葉原メインキャンパス。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/22/023/index.html

2010-01-18

京橋経済新聞(Web)

よみがえる石山本願寺ー大阪城の原点見つめる映画、CG制作開始
大阪城が豊臣秀吉によって作られる前、そこには石山本願寺とその寺内町が広がりにぎわいをみせていた。その様子をCG(コンピューターグラフィックス)で再現するという試みが現在、大阪のクリエーターらによって進められている。制作の中心となっているのはデジタルハリウッド大学大学院教授の栩木(とちき)雅典さん。栩木さんは以前、京都の街並みを再現するCGを作成した実績を持つ。今回は同大卒業生に呼びかけて「雑賀VFXチーム」を結成し制作に取り組んでいる。メンバーたちは日々古い図表や文献を探り、さらに今に残る本願寺やその周辺の寺院を回って石山本願寺のデータを収集。
http://kyobashi.keizai.biz/headline/673/

2010-01-14

excite.ニュース、livedoorニュース(Web)

女子大生が所持金ゼロ円で全都道府県をまわる企画!
ウェブデザインやCGなどを学習する事ができるデジタルハリウッド大学。そこに通う1年生の女の子、土井雪江さんが所持金0円で全都道府県を移動するという企画を始めるという。この企画は2010年1月31日開始予定で、移動中はコミュニケーションサービス『Twitter』や『Ustream』で状況を配信する予定だという。
http://www.excite.co.jp/News/column/20100114233500/Getnews_44317.html

2010-01-12

経済界

女性であり、個人事業主であり、ハーレー乗りであり!平野順子さん
短期留学を経て、大学を卒業。その頃並行して美容の専門学校にも通い、美容師の資格も取得。将来性を見て、IT会社に就職そして同時にデジタルハリウッドにへ通い、ウェブデザインやシステム概要を学びました。

2010-01-07

読売新聞

「短編アニメ大賞」創設 フジ才能発掘、発表の場に
フジテレビが短編アニメ大賞」創設した。デジタルハリウッド大学杉山知之学長は「継続的に良作を作れる人材を発掘しようとする姿勢は高く評価できる」と述べた。

2010-01-07

YOMIURI ONLINE(Web)

「短編アニメ大賞」創設
フジテレビが「短編アニメ大賞」を設立した。第1回は募集締め切りの12日を前に、273件(6日現在)の応募が寄せられた。同局の売れっ子プロデューサーらが審査に当たり、大賞作品はテレビで放送されるなど、新たな才能への手厚いバックアップが特徴だ。デジタルハリウッド大学(東京・千代田区)の杉山知之学長は、「継続的に良作を作れる人を発掘しようという姿勢は高く評価できる。これまで、何らかの賞をもらっても、その後の活動の場がない学生が多かった。それだけに、発表の場を持つテレビ局が企画したことは意味がある」と話す。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20100107-OYT8T00892.htm

2010-01-04

マイコミジャーナル(Web)

次世代クリエーター's Voice
近年、一過性のブームから我々の生活に欠かす事のできない必需コンテンツに変化しつつある"お笑い"。その波はテレビ、ラジオといった従来のメディアに留まらず、「お笑い動画」といった形でWebの世界にも進出してきている。今回紹介するのは、YoutubeやYahoo動画よりも早い時期にお笑い動画に着目し、Web上でお笑い動画を配信するWebサイト「Owarai.TV」を立ち上げたデジタルハリウッド卒業生、メディアブレストの代表取締役・宮谷大氏。
http://journal.mycom.co.jp/column/dezicreator/003/?rt=na

このページの先頭へ