プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2008年の中のプレスリリース詳細


プレスリリース詳細

2008/03/19

デジタルハリウッド大学大学院文部科学省科学技術振興調整費   
【次世代超高精細度映像のためのCG映像制作環境の研究】
<最終研究成果報告会 開催>4Kデジタルシネマ「関ヶ原の合戦」映像上映(約3分)
群集映像制作ツールのデモ など   
開催日時:2008年3月28日(金)14:30~17:00(於SKIPシティ)

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東 京都千代田区 学長 杉山知之 以下大学院)は、平成17年7月より株式会社NTTデータ、株式会社フジヤマと共同で行っている、文部科学省科学技術振興調整費重要課題 解決型研究等の推進「次世代超高精細度映像のためのCG映像制作環境の研究」(以下、本プロジェクト)の最終研究成果報告会を3月28日(金)に開催しま す。 

本プロジェクトは、4K(*1)デジタルシネマ(*2)の普及を見据えて、現状のCG映像制作現場が抱える課題の解決を目的として、現状の制作環境下に も無理なく導入できる群集シミュレーション(*3)ツールの開発(デジタルハリウッド大学大学院)や4K対応のフォトリアリスティックなCGのレンダリン グ(*5)を可能にする、分散コンピューティング(*4)対応、分散レンダリング(*5)ソフトウェアの開発」(株式会社NTTデータ)など、これらを活 用し、現状では類例を見ない実写画像と3DCG画像および群集シミュレーションツールを活用した3DCG画像を融合させた4Kデジタルシネマ標準対応の映 像、「関ヶ原の合戦(約3分)」を制作しました。

また、今後デジタルシネマ応用にも期待するべく、グローバルにより多くの方に鑑賞していただく為のインターネットを利用した字幕制作システムおよび多言語配信システムの研究開発にも取り組みました。(株式会社フジヤマ) 
最終研究成果報告会では、最高クラスの4Kデジタルシネマプロジェクターを備えた「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ・映像ホール」にて、本プロ ジェクトにて制作した4Kデジタルシネマ対応の「関ヶ原の合戦」(約3分)の映像上映や研究開発したソフトウェア、システムの研究成果報告およびデモンス トレーションなどを行ないます。  

参加ご希望の方はEメールにてお申し込みください。
press@dhw.co.jp
申し込み締め切り:3月27日(木)まで

【語句説明】
*1 4K次世代のデジタルシネマ標準フォーマットとされている仕様は、“4Kデジタルシネマ”と呼ばれ、ハイビジョンの約4倍、解像度約800万画素に相当する。

*2 デジタルシネマフィルムを使用しない映画の配給・上映システム。

*3 群集シミュレーションCGによる大量のデジタルアクター(キャラクター)を制御し、群集シーンを作成するためのプログラム。

*4 分散コンピューティング膨大な設備投資を行いハイスペックなコンピュータを利用するのではなく、既存のコンピュータを多数集めることで、一つ一つの計算量は小さいながらも全体としては大規模な計算処理を可能にする技術。

*5 レンダリング、分散レンダリング3DCG制作ツールで作成したデータを、モデル、質感、ライト、カメラなどさまざまな設定をもとに最終的に画像にするため の、CG映像制作には欠かせない計算処理工程。本研究では分散コンピューティング技術を応用して分散レンダリングを実現する。

【研究成果報告会概要】
文部科学省科学技術振興調整費重要課題解決型研究等の推進
「次世代超高精細度映像のためのCG映像制作環境の研究」成果報告会
日時:2008年3月28日(金) 14:30~17:00 (14:00開場)
場所:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ・映像ホール (JR京浜東北線 西川口駅よりバス)
住所:埼玉県川口市上青木3-12-63
http://www.skipcity.jp/visualplaza/hall/index.html

内容:【成果報告内容(予定)】
14:30~14:35 開会のご挨拶14:35~14:50 研究概要説明
14:50~15:10 4K映像「The War of SEKIGAHARA」(約3分強)の上映および「関ヶ原の合戦」デジタルシネマ制作について
15:10~15:20 歓談タイム(休憩、質疑応答を含む)
15:20~15:40 群集シミュレーションツールの開発について
15:40~15:55 フォトリアリスティックなCGを分散コンピューティングで実現するレンダリングソフトウェア・プラグインに研究について
15:55~16:05 休憩(質疑応答を含む)
16:05~16:20 インターネット動画配信における多言語化に関する研究について
16:20~16:25 閉会のご挨拶
16:25~17:00 4K映像「The War of SEKIGAHARA」(約3分)ループ上映、交流タイム
その他、群集シミュレーションツールのデモンストレーションインターネットを利用した
字幕制作システムおよび映像配信システムのデモンストレーション

本プロジェクトの関連ウェブサイト
【関ヶ原の合戦 映像制作プロジェクト】
文部科学省科学技術振興調整費 重要課題解決型研究等の推進
「次世代超高精細度映像のためのCG映像制作環境の研究」最終成果報告会

【次世代超高精細度映像のためのCG映像制作環境の研究】

本プロジェクトの協力・協賛企業
機材協力:株式会社計測技術研究所
メディア協賛/協力:日立マクセル株式会社

【当プレスリリースに関する問い合わせ先】
デジタルハリウッド株式会社
広報戦略部 広報PRグループ担当:滝村・川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5281-9248  FAX:03-3292-2233

このページの先頭へ