プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2009年のプレスリリースの中のプレスリリース詳細


プレスリリース詳細

2009/08/28

デジタルハリウッド東京本校
世界で活躍中の海外クリエイター、 デジタルハリウッド卒業生の清水雄太氏が語る
海外CGプロダクションの最新ワークフローや就職事情
開催日時:2009年9月5日(土)19:00~21:00

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド](運営会社:デジタルハリウッド株式会社、本社/本校:東京都千代田区、代表取締役社長:古賀鉄也、学校長:杉山知之)では、デジタルハリウッドの卒業生で、海外で活躍しているクリエイター・清水雄太氏をお招きしてトークイベントを開催いたします。
デジタルハリウッドが設立されて15年。
これまでに多くの卒業生が海を渡り、世界各国でクリエイターとして活躍しています。
そこで今回デジタルハリウッドでは、アメリカ・カナダ・イギリスなど世界各国でクリエイターとしての実績を積み、現在はドイツのCGプロダクションで活躍している卒業生の清水氏をお招きし、デジタルハリウッドを卒業してからどのようにして海外に渡ったか、クリエイターとして仕事をするに至るまでの経緯、言葉の壁を乗り越える方法、海外で働く上での心構えなど、「日本人が海外でクリエイターとして働くということ」について、自身の経験を踏まえてお話いただきます。 また実際に関わった映画・CM案件のCGメイキングを通し、海外のCGプロダクションの最新事情もじっくり解説いただきます。 海外で仕事をすることに興味を持っているものの不安があるという方、海外のCG制作現場について詳しく知りたいという方、クリエイターとしての視野をもっと広げたいという方、ぜひイベントにご参加ください!

【セミナー概要】

http://school.dhw.co.jp/c/cg_creator/
日程 :2009年9月5日(土)18:45開場、19:00開始、21:00終了予定
費用 :無料
対象 :一般の方およびデジタルハリウッドスクール在・卒業生、デジタルハリウッド大学在・卒業生
場所 :デジタルハリウッド東京本校 1階セミナールーム
「JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口」・「丸ノ内線/御茶ノ水駅」・「千代田線/新御茶ノ水駅」から徒歩2分。
(地図)http://dhw.weblogs.jp/
問い合わせ :デジタルハリウッド東京本校 TEL 0120-386-810 E-mail tokyo@dhw.co.jp
(※マスコミの皆様は上記フォームよりお申し込みされませんようご注意ください)

【ゲストプロフィール】

清水雄太 氏
http://www.dutchtilt.com/ys.htm
1982年10月12日、滋賀県生まれ。 05年、京都産業大学とデジタルハリウッド京都校を同時に卒業。 同年カナダのバンクーバーへ留学。 06年に留学先のVancouver Film Schoolを卒業し、イギリスのロンドンにて、TVコマーシャル製作プロダクションFinish(www.finish.tv)へ入社。
数ヶ月後、ドイツのVFXプロダクションBlackMountain(www.blackmountain.de)へ移り、3Dアーティストとして、数多くのTVコマーシャル製作に携わった後、社内のレンダリングR&Dチームに移り、レンダーマンベースのレンダリングを研究。 07年、アメリカのロスアンジェルスのLogan(www.hellologan.com)からフリーランスの依頼を受け、メタルギアソリッド4のオープニングシークエンスの製作を担当。 08年、カナダのバンクーバーへ戻り、Zoic studios(www.zoicstudios.com)にてVFXアーティストとしてハリウッド映画やアメリカのテレビシリーズの製作を担当し、現在ドイツのBlackMountainへ戻り、リードアーティストとして活躍中。 また、Vancouver Film School時代の友人と立ち上げたVFXプロダクションDutchtilt(www.dutchtilt.com)にて、CGスーパーバイザーとして半年に1本のペースでプロジェクトをこなしている。

【当プレスリリースに関するお問い合わせ、取材お申込み】

デジタルハリウッド株式会社 広報戦略部 パブリックリレーションズグループ:川村
Mail : press@dhw.co.jp
TEL : 03-5281-9248

当イベントの取材ご希望の皆様は下記フォームにご記入の上、9月4日(金)までにEメールにてお申込みください。

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)

  • 取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
  • 入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺で結構です)
  • 駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<海外CGクリエイター トークイベント 取材申し込みフォーム>

  • 貴社名 :
  • 貴社媒体名:
  • お名前 :
  • 電話番号 :
  • メールアドレス :
  • 取材形式(該当を全て記載) : スチール / TVカメラ / ペン

→ メール返送先 : press@dhw.co.jp
(件名:「トークイベント」取材希望)

このページの先頭へ