プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2009年のプレスリリースの中のプレスリリース詳細


プレスリリース詳細

2009/09/10

デジタルハリウッド大学 特別講義
フジテレビ 開局50周年記念作品
映画「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」
日本発フルCGアニメーションの挑戦
日時:10月1日(木)20:00~
会場:デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパス

ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学(メインキャンパス:東京都千代田区、秋葉原 学長 杉山知之)では、映画『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』のプロデューサー森下勝司氏と、演出を担当された塩谷直義氏をお招きし、10月1日に特別公開授業を開催いたします。
今夏より、公開中の映画『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』。
フジテレビとアニメ制作会社プロダクション I.Gがタッグを組み、日本発のフルCG長編アニメとして話題を集めています。
高校生・一般の方も参加可能となっております。ぜひ奮ってご参加ください。
つきましては、お忙しい中誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、特別講義を取材いただけますようお願い申し上げます。
取材ご希望の方はE-mailにてお申込みください。(Mail:press@dhw.co.jp

【特別講義 概要】

http://www.dhw.ac.jp/c/hottarake/

日時:2009年10月1日(木)20:00~21:30、19:45開場
場所:デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパス
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階
http://www.dhw.ac.jp/access/index.html
(交通アクセス)
JR、日比谷線「秋葉原」駅徒歩1分、
銀座線「末広町」駅徒歩5分、
つくばエキスプレス「秋葉原」駅徒歩3分
定員:150名(先着申込み順)

【講師紹介】

森下勝司 (プロデューサー)
1972年10月9日生まれ。
和歌山県出身。主な作品は、映画「キル・ビル」のアニメーションパート、TV「xxxHOLiC」「BLOOD+」「戦国BASARA」「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」にプロデューサーとして参加。
カンヌ国際映画祭にノミネートされた「イノセンス」では、アソシエイトプロデューサーとしてクレジットされている。
現在、TVシリーズ「君に届け」(10月~放送開始予定)他に携わっている。

塩谷直義 (演出)
専門学校卒業後プロダクションI.Gに入社。『BLOOD+』第3期オープニングの絵コンテ・演出・作画監督で注目を集める。『東京マーブルチョコレート』で初監督を務め、SICAF 2008正式コンペティション長編部門にてグランプリを受賞。
本作には企画当初から関わり、監督とともに世界観を構築、多数のイメージボードを描いた。
絵 コンテ・演出を担当する傍ら、コットンなど一部メインキャラクターのデザインも担当している。

モデレーター
高橋光輝 (デジタルハリウッド大学 学長補佐)

【作品紹介】

■スタッフ・キャスト
監督:佐藤信介
声の出演:綾瀬はるか、戸田菜穂、大森南朋、谷村美月 ほか
■公式サイト
http://www.hottarake.jp/

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
※【20:00】にビル正面入り口が閉まりますのでご注意ください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺でも結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報戦略部 パブリックリレーションズグループ:川村
(Mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5281-9248

<取材お申し込み方法>
取材ご希望の方は下記フォームにご記入の上、9月30日(水)までにメールにてお申し込みください。

<<映画「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」特別講義 取材申し込みフォーム>>

(コピー&ペーストをしてご使用ください)

・ 貴社名:
・ 貴社媒体名:
・ お名前:
・ 電話番号:
・ メールアドレス:
・ 取材形式(該当全てに○囲み): スチール/TVカメラ/ペン
---------------------------------------------------------------------

→ メール返送先:press@dhw.co.jp (件名: 「ホッタラケの島 特別講義」 取材希望)

このページの先頭へ