プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2009年のプレスリリースの中のプレスリリース詳細


プレスリリース詳細

2009/09/30

デジタルハリウッド
フジテレビ 開局50周年記念作品 映画「ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~」
デジタルハリウッド卒業生でCG監督を務めたポリゴン・ピクチュアズの長崎高士氏、来校!
エンドクレジットを読み解く~CGアニメーション映画に必要な制作布陣~について語る
日時:10月8日(木)19:00~ 会場:デジタルハリウッド東京本校 1階セミナールーム

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド](運営会社:デジタルハリウッド株式会社、本校/本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古賀鉄也、学校長:杉山知之)では、現在公開中のフルCG映画「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」のCG監督を務めた、デジタルハリウッド卒業生である株式会社ポリゴン・ピクチュアズの長崎高士氏を迎え、「エンドクレジットを読み解く~CGアニメーション映画に必要な製作布陣~」と題して、製作の舞台裏をご講演いただくスペシャルセミナーを10月8日に開催いたします。

(詳細はこちら:http://school.dhw.co.jp/c/hottarake/

今夏より、公開中の映画『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』。 フジテレビとアニメ制作会社プロダクション I.Gがタッグを組み、日本発のフルCG長編アニメとして話題を集めています。
国内有数のCGプロダクションがその枠を越えて製作に参加し、デジタルハリウッド卒業生も数多く映画製作に携わっております。
日本でかつてない規模で展開した複数社による「協業体制」の中、各プロダクションやセクションがどのように連携し合って一本の映画を完成させるに至ったのか、貴重なお話を聞けるチャンスです!

つきましては、お忙しい中誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、本セミナーを取材いただけますようお願い申し上げます。 取材ご希望の方はE-mailにてお申込みください。
(E-mail:press@dhw.co.jp

【セミナー 概要】

サイト:http://school.dhw.co.jp/c/hottarake/
日時:2009年10月8日(木)19:00~20:30
場所:デジタルハリウッド東京本校1Fセミナールーム
「JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口」・「丸ノ内線/御茶ノ水駅」・「千代田線/新御茶ノ水駅」から徒歩2分。
費用:無料・要予約
定員:80名

★在校生・卒業生のご予約はこちら
>>> http://dhtokyo.heteml.jp/event/hottarake/

★一般の方のご予約はこちら
>>> https://www.dhw.co.jp/school/event/event_form1.php?event_id=1880

【講師紹介】

長崎高士 プロフィール
(デジタルハリウッド卒 株式会社ポリゴン・ピクチュアズ 映画「ホッタラケの島」CG監督)1999年、ポリゴン・ピクチュアズ入社。アニメーター、TDを経てCGディレクターに。
代表作『デジタル所さん』『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』

【作品紹介】

「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」

■スタッフ・キャスト
監督:佐藤信介
声の出演:綾瀬はるか、戸田菜穂、大森南朋、谷村美月 ほか

■公式サイト
http://www.hottarake.jp/

【本件に関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報戦略部 パブリックリレーションズグループ:川村
(Mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5281-9248

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺でも結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<取材お申し込み方法>
取材ご希望の方は下記フォームにご記入の上、10月7日(水)までにメールにてお申し込みください。

<<映画「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」スペシャルセミナー 取材申し込みフォーム>>
(コピー&ペーストをしてご使用ください)
・貴社名:
・貴社媒体名:
・お名前:
・電話番号:
・メールアドレス:
・取材形式(該当全てに○囲み): スチール/TVカメラ/ペン
---------------------------------------------------------------------
→ メール返送先:press@dhw.co.jp (件名: 「ホッタラケの島 SPセミナー」 取材希望)

このページの先頭へ