プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2009年の中のプレスリリース詳細


プレスリリース詳細

2009/10/16

デジタルハリウッド
「+DESIGNING」で連載コラム『色の力』を執筆中、南雲治嘉氏が語る!
「使える色の力」公開セミナーを開催!
日時:10月24日(土)19:30~
会場:デジタルハリウッド東京本校 1階セミナールーム

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド](運営会社:デジタルハリウッド株式会社、本校/本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古賀鉄也、学校長:杉山知之)では、NPO日本カラーイメージ協会理事長、南雲治嘉氏を講師としてお招きし公開セミナー「使える色の力」を10 月24 日(土)、デジタルハリウッド東京本校にて開催します。
このイベントは、南雲治嘉氏がデザイン専門誌「+DESIGNING」にて連載中のコラムに基づき、誰もが一度は判断に迷ったり、疑問に感じたりすることがある“配色”を、科学的根拠に基づき解き明かしていく内容となります。
例えば、「赤はアドレナリンの分泌を促し、人を情熱的にさせる」「緑は人のストレスを解消させるホルモンの分泌を促す」など、最先端の色彩学では、科学的根拠に基づいた研究が進み、これからのデザインの大きな武器になることは間違いありません。
提案力に優れたクリエイターの求人ニーズは高く、最新の色彩学の習得は、即戦力として採用側企業に絶大な人気を誇っています。
現役のデザイナーのみならず、今からデザイナーを目指す方から、ものづくりに興味のある方まで楽しんで頂ける実践セミナーとなっております。
つきましては、お忙しい中誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、本セミナーを取材いただけますようお願い申し上げます。
取材ご希望の方はe-mailにてお申込みください。
(Mail:press@dhw.co.jp

【セミナー 概要】

http://school.dhw.co.jp/c/color/

日時:2009年10月24日(土)19:30~21:00
場所:デジタルハリウッド東京本校1Fセミナールーム
「JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口」・「丸ノ内線/御茶ノ水駅」・
「千代田線/新御茶ノ水駅」から徒歩2分。
費用:無料・要予約
定員:100名

【講師紹介】

・南雲治嘉(なぐも・はるよし)氏
デジタルハリウッド大学 教授
デジタルハリウッド(専門スクール)講師
NPO 日本カラーイメージ協会理事長
グラフィックデザイナー・アートディレクター

1944 年東京都生まれ。金沢美術工芸大学産業美術学科卒業。
1968 年よりフリーグラフィックデザイナー。色彩の研究に着手。
1990 年株式会社ハルメージを設立。
1999 年デジタルハリウッド講師。
2005 年デジタルハリウッド大学教授に就任。
デジタルハリウッド大学先端色彩研究室室長。
東京都専門学校映像フェスティバル委員長。
公共の色彩を考える会審査委員。
大学での担当は、デザイン概論、発想論、色彩論、グラフィックゼミなど。
デザイナーとして仕事をするかたわら、ベーシックデザインと色彩に関する研究を進める。
常用デザインと色彩生理学を提唱している。
著書は多岐にわたるが、『視覚表現』『常用デザイン』『チラシデザイン』『色彩戦略』『カラーイメージチャート』『色彩デザイン』『和風カラーチャート』(以上グラフィック社)『100の悩みに100 のデザイン』(光文社) 。
2008年6月に発行した『色の新しい捉え方』(光文社)は、色彩の新しい時代の到来を解説する書として注目を集めている。
また、2008年8月に「日本カラーイメージ協会」を設立、「デジタル色彩検定」を立ち上げ同年11月に第1回検定を実施するなど、色彩に関して精力的に研究・活動している。

【本件に関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報戦略部 パブリックリレーションズグループ:川村
(Mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5281-9248  

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・取材の方は開始10分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺でも結構です)
・駐車場の用意はございませんので、各社でご手配願います。

<取材お申し込み方法>
取材ご希望の方は下記フォームにご記入の上、10月23日(金)までにメールにてお申し込みください。

<<「使える色の力」スペシャルセミナー 取材申し込みフォーム>>
(コピー&ペーストをしてご使用ください)

・貴社名:
・貴社媒体名:
・お名前:
・電話番号:
・メールアドレス:
・取材形式(該当全てに○囲み): スチール/TVカメラ/ペン
---------------------------------------------------------------------
→ メール返送先:press@dhw.co.jp (件名: 「使える色の力 SPセミナー」 取材希望)

このページの先頭へ