プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2010年の中のプレスリリース詳細


プレスリリース詳細

2010-09-02

デジタルハリウッド、TOKYO FM主催
『MULTIMEDIA CONTENTS AWARDS 2010』開催

~マルチメディア放送時代のコンテンツクリエイターを発掘・育成を目指す~

作品締切:9月25日(土) 当日消印有効
授賞式:10月9日(土) 「CEATEC JAPAN 2010」会場にて(予定)

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリ ウッド株式会社(本校/本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:古賀鉄也、 学長:杉山知之)と株式会社エフエム東京(本社:東京都千代田区、代表取締役:冨木田道臣 以下TOKYOFM)は、このたびマルチメディア放送時代のコンテンツクリエイターを発掘・育成 する為に、「MULTIMEDIA CONTENTS AWARDS 2010」の開催を決定しました。

※告知サイト:http://www.dhw.co.jp/mmcawards2010/

アナログTVの電波跡地で2013年から開始予定のマルチメディア放送は、TVでもラジオでもない、 デジタル技術の特徴を最大限に生かしたサービスが期待される放送です。
そこでデジタルハリウッドとTOKYO FMは、次世代の放送を担う、今までにない表現手法や番組 企画をクリエイトしてくれる才能を募集します。
今回のコンテストは、下記の3部門の募集を行います。

1. 【作品制作部門】マルチメディア放送の主要受信端末「デジタルフォトフレーム」部門
2. 【企画部門】マルチメディア放送サービス企画部門
3. 【企画部門】ラジオ連動アプリ部門

新しい放送であるマルチメディア放送に、新しい息吹を吹き込みましょう。未来有望な放送クリエイターからの応募をお待ちしています。今までの放送に限界を感じ、楽しくないと思っていませんか?未来の放送をもっと楽しくするのは、このアワードに応募する意志のある「アナタ」です!!

■日程
 作品〆切 2010年9月25日(土)消印有効

■賞
 ・最優秀賞(1作品)賞金30万円+記念品
 ・部門別優秀賞(3作品)賞金10万円+記念品
 ・協賛企業賞(5賞予定・協賛企業から副賞)

■授賞式
 2010年10月9日(土)「CEATEC JAPAN 2010」会場にて(予定)

■審査員
 ・黒坂 修(エフエム東京 常務取締役)
 ・杉山知之(デジタルハリウッド 学長)
 ・中村伊知哉(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)
 ・やまだひさし(ラジオパーソナリティ)
 ・甲賀 武(クワトロメディア 代表取締役社長)
 ・仁平成彦(ジグノシステムジャパン 常務取締役)

■参加資格
 ・年齢・性別・国籍不問
 ・プロ・アマ不問
 ・応募者は応募作品の著作権を有すること(作品中の使用楽曲は、自作または著作権フリー)
 ・複数作品応募可能

■著作権の扱い
 応募作品の著作権は作者に帰属します。

■アワード告知サイト
 http://www.dhw.co.jp/mmcawards2010/

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報室:川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5281-9248
-----------------------------------------------------------------
デジタルハリウッド公式サイト :http://www.dhw.co.jp/
学長ブログ「スギヤマスタイル」:http://www.facebook.com/SugiyamaStyle
過去のプレスリリース:http://www.dhw.co.jp/grand/pressroom/release/2011/
-----------------------------------------------------------------

このページの先頭へ