プレスルーム

デジタルハリウッドトップの中のプレスルームの中の2010年の中のプレスリリース詳細


プレスリリース詳細

2010-09-13

デジタルハリウッド大学大学院4期生 古新舜氏監督作品
「幸せ物語・前編」、7月29日DVDリリース
<DVDリリースイベント第2弾>
「ソーシャルメディアを活用する地域発信型映画の将来」
~コストを抑え効果を高める持続可能な映画製作手法~

2010年9月25日(土)14:00~16:30
デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス
パネラー:吉田就彦専任教授、荻野健一客員教授

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東京都千代田区 学長 杉山知之 以下本大学院)の4期生で映画作家の古新舜氏監督作品、 「幸せ物語・前編」のDVDが7月29日(木)にリリースされました。
そのDVDリリースの記念イベント第2弾として、『「ソーシャルメディアを活用する地域発信型映画の将来」~コストを抑え効果を高める持続可能な映画製作手法~』が開催されます。

現在、全国的に地域連動型の映画製作が増加し、メディアを通じ一般にも広く話題となっています。映画撮影誘致によるロケ地としての地域PRのみならず、商品やサービスの登 場によるブランディングや町興しイベントのコンテンツとしても利活用され、経済的にも効果が期待できるからです。
一方で、制作体制と地域事情との意識の相違、想定以上の予算超過、作品完成後のウインド展開の難しさなど、映画や制作への想いが空回りし持続的な展開が難しくなり、理想に程遠い結果に終わってしまう作品が多いことも現実です。

本イベントでは、インディペンデントやショートフィルムの持つ魅力やポテンシャルを追求している映画作家・古新舜氏の最新作「幸せ物語」の製作過程を通じて、多角的な映画の宣伝手法の可能性について、本大学院の吉田就彦専任教授と荻野健一客員教授も業界最前線のパネラーとして参加し、共に議論をしていきます。

【DVDのご紹介】

●タイトル:「幸せ物語」
●発売日:2010年7月29日(土)
●価格:980円
●出演:佐藤勇真、中村梨香、中村美香
●監督:古新 舜
●原作:清史弘
●時間:75分
●形式:Color
●販売元:ヴィジョネア株式会社
●作品公式サイト:http://happystory.jp/

【イベント概要】

幸せ物語DVDリリースイベント第2弾
『「ソーシャルメディアを活用する地域発信型映画の将来」
~コストを抑え効果を高める持続可能な映画製作手法~』

■日時: 2010年9月25日(土)14:00~16:30/懇親会16:45~17:45(開場:13:30)
■会場: デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス
      101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階
      (アクセス)JR「秋葉原駅」電気街口徒歩1分
      日比谷線「秋葉原駅」徒歩5分
      銀座線 「末広町駅」徒歩5分
      つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩3分
■定員: 80名
■会費:1,500円(懇親会費込み)
■パネラー:
・吉田就彦氏
(株)ヒットコンテンツ研究所代表取締役社長/デジタルハリウッド大学大学院 専任教授
・荻野健一氏
メディアプロデューサー/デジタルハリウッド大学大学院 客員教授
・谷國大輔氏
(株)ジムービー 代表取締役/地域プランナー(一級建築士)・プロデューサー
・古新舜氏(映画作家/デジタルハリウッド大学大学院4期生)
■お申し込み:http://cosmobox.jp/contact.html

イベント詳細はこちら:http://gs.dhw.ac.jp/event/20100925/

【パネラープロフィール】

■吉田就彦氏
(株)ヒットコンテンツ研究所 代表取締役社長 /デジタルハリウッド大学大学院専任教授
キャニオンレコード(現〈株〉ポニーキャニオン)で、音楽・映像・マルチメディアの制作・宣伝業務に20年間従事。制作ディレクターや宣伝プロデューサーとして「チェッカーズ」「お ニャン子クラブ」「中島みゆき」「だんご3兄弟」など数々のヒットを手がける。映画プロデューサーとして「教祖誕生」「KAMIKAZETAXI」なども制作。デジタルガレージに転職後、EC 事業立ち上げ、コンテンツビジネスのコンサルティングなどを行う。現在は、ヒットコンテンツ研究所代表取締役社長としてコンテンツビジネスコンサルと人材教育を手がけている。 著書「ヒット学―コンテンツ・ビジネスに学ぶ6つのヒット法則」。

■荻野健一氏
メディアプロデューサー/デジタルハリウッド大学院 客員教授
80年代に、CI計画ディレクターを経て、食品メーカーでの商品開発・宣伝販促を担当した後に独立。90年代に、大手広告代理店でプランニングを手がけ、シンクタンクではユビキタスメデ ィアについて研究、開発を行う。1998年より、テレビ局においてクロスメディアの研究とビジネスモデル構築を手がける。2006年より、デジタルハリウッド大学大学院にて放送と通信の 融合とクロスメディアの研究を行う。2007年に客員教授に就任し、現在に至る。

■谷國大輔氏
(株)ジムービー 代表取締役/地域プランナー(一級建築士)・プロデューサー
1 1963年東京都生まれ。早稲田大学高等学院、早稲田大学理工学部卒業。ゼネコンで実務経験し最年少で一級建築士を取得後、同大学院修了。(株)電通入社、政府系シンクタンクを経て会社設立。それまでの経歴を活かし、国交省地域振興アドバイザーや、映画等による観光、イベント、博覧会、まちづくり、離島振興などに関わる各種委員・プロデューサー等を歴任。日本国内のミレニアム・世紀越え・2000年イベント関連事業の仕掛け人(ピース2000倶楽部主宰)。映画学校のOBで、映画の企画・制作も精力的に行っている。著書に、「映画にしくまれたカミの見えざる手 ニッポンの未来ぢから」など。

■古新舜氏
デジタルハリウッド大学大学院4期生/映画作家
早稲田大学大学院時代、初監督した短編映画『サクラ、アンブレラ』が米国アカデミー賞認定映画祭SSFF&A2007ジャパン部門入選、TSSショートムービーフェスティバル4「グランプリ」、第4回山形国際ムービーフェスティバルにてW受賞など国内の映画祭で多数受賞。短編2作目『ほわいと。ポーズ』にて、二年連続のSSFF入選の快挙を果たす。NHK「ウェルかめ」主演・倉科カナ、仮面ライダー剣ギャレン役・天野浩成W 主演の短編3作目『koganeyuki』にて海外映画祭での招待上映を果たす。最新作は人気ハウスユニットSweet Vacationを主題歌アーティストに迎えたシリーズショートフィルム『幸せ物語』。現在、デジタルハリウッド大学大学院在籍、原作本を題材にした初の長編映画を企画開発中。

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報室:川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5281-9248
-----------------------------------------------------------------
デジタルハリウッド公式サイト :http://www.dhw.co.jp/
学長ブログ「スギヤマスタイル」:http://www.facebook.com/SugiyamaStyle
過去のプレスリリース:http://www.dhw.co.jp/grand/pressroom/release/2011/
-----------------------------------------------------------------

このページの先頭へ