採用情報

社員インタビュー

“クリエイティブ”な仕事を通じて現在成長実感中

大学院の広報・募集業務を担当しています。大学院サイトやパンフレットの企画、広報イベントの運営、入学検討者の方からのご相談対応など、仕事内容は多岐にわたります。
もともとWebやグラフィックなどのクリエイティブな分野にとても関心がありました。デジタルハリウッド大学大学院は、『クリエイティブ』だけでなく、『ビジネス』『ICT』を融合できる次世代プロデュース人材の育成を行う場所。大学院という組織そのものや、この魅力ある大学院の良さを深く理解し、自分の言葉で、あるいはデザインでどう表現してまわりの方々に伝えていくか。この一連の作業自体がとてもクリエイティブだと感じています。さまざまな業務を通じて視野がひろがり自分自身の成長も実感できる、とても面白い仕事ですよ。

『人を大切にするアットホームな職場』で今、私ができること

職場の雰囲気は自由で穏やか。上司もいい意味で上司という感じがしません。いろいろな経歴をもつ個性的なスタッフが集まっていますが、皆に共通するのは『院生を大切に思う気持ち』です。院生から相談を受けたりすると、話に夢中になり食事をするのを忘れることも。入社前は“とがっているクリエイター集団”というイメージがありましたが、入社してみると思いのほかアットホームな会社でした。「この人たちと一緒に働きたい」と思える場に出会うのはなかなか難しいと思いますが、私はデジタルハリウッドに出会えて本当によかった。まだまだ力不足ですが、大学院のスタッフとして、これからも院生一人ひとりの夢をひたすら応援していきたい。そして、この大学院で学んだ方々がデジタルコミュニケーションやクリエイティブを駆使して社会問題を解決したり、新しい価値を生み出したりするための一助となれるよう頑張っていきたいです。

インタビューTOP
  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所