プレスルーム

2016年06月08日(水)

米子・山陰コンテンツビジネスパーク協議会 和風キャラクター制作へ
山陰中央新報(松江)(新聞)

米子市を拠点にマンガ・アニメのポップカルチャー発信に取り組む山陰コンテンツビジネスパーク協議会はひらがなを和風のキャラクターに擬人化した「まもりがな」制作に乗り出した。日本の漫画・アニメが好きな海外のファンに日本語独特の文字・ひらがなを売り込む。
まもりがなは現在、広島ITコーディネータ協同組合メンバーのデジタルハリウッドSTUDIO米子のイラスト制作指導講師が「あ行」の5体を創作した。「あ」は赤子、「い」は医師、「う」は占い師、「え」は絵師、「お」は「花魁」をそれぞれ題材にした和風のキャラクター。濁点、半濁点を加えた全48体の考案を目指す。
  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所