プレスルーム

2016年07月16日(土)

ピクサー流ものづくり
DIME(雑誌)

心を動かすヒット作品を生み出す「世界で一番働きたい会社」と言われるピクサー社の「ものづくり」の秘密に迫る!
1986年にCGアニメーションスタジオとして設立したピクサー社は、常に大ヒット作品を世に送り出している。その秘密は働きやすい環境と、素晴らしいマネジメント、最大限の力を発揮する社員たちにある。
日本人クリエイターの原島朋幸さんは「ピクサーに入れたことが、ここで一番うれしかったことです(笑)。環境もですが、クリエイティブへのこだわりがすごい。皆が良い作品を作るために全力で切磋琢磨しています。あと、ピクサー・ユニバーシティという勉強会があり、ドローイングのクラスを受けられたり、講演会の開催もありますよ」
アニメーター 原島朋幸さん
デジタルハリウッド、ドリームワークスを経て2015年ピクサー入社。『ファインディング・ドリー』でも魚の動きを担当。
  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所