プレスルーム

2016年08月16日(火)

プログラミング女性の輝き増す 子育て中 学べるコースも
日本経済新聞(東京)夕刊(新聞)

プログラミングを学んで仕事や転職に生かす女性が増えている。企業がIT投資を強化する中、専門性を生かし柔軟な働き方が選択しやすい点が魅力になっている。大手の教室で女性の受講者が増えており、女性専用コースを解説する動きも活発になっている。
IT教育を手がけるdivが東京・大阪・福岡で運営する教室「テックキャンプ」ではウェブアプリ開発を学ぶ標準コースのうち、女性受講者が2~3割を占める。半年前は1割程度だったが、2倍以上に増えた。「ITエンジニアは売り手市場で給与水準が高い」ため、受託開発に興味を持つ人が増えている。
需要増を受けて人材紹介会社などとの連携も進む。デジタルハリウッドは主婦を中心とした人材サービスのビースタイルと7月に受講者への職業紹介で提携。受講者の一層の増加を目指す。
(日本経済新聞夕刊 大阪版、名古屋版、福岡版にて同記事掲載)
 
  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所