プレスルーム

2017年09月01日(金)

クール・ジャパン海外へ
向学新聞(新聞)

デジタルハリウッド大学大学院では2017年度から、留学生が日本のIP(知的財産)である小説や漫画の原作を発掘し、母国や世界各国でのライセンス販売にチャレンジする「日本IPグローバルチャレンジ・プログラム」を実施している。コンテンツのグローバル流通のノウハウを体験的に身につけるための加害プログラムで、作品は最終的に映画やTVドラマ化、ゲーム化、翻訳出版することを目指している。指導教員は、アカデミー賞受賞作品の買付け等を手がけ、海外とのライセンスビジネスにも携わる実務家教員の吉村毅教授だ。同氏にプログラム立ち上げの背景や進捗状況を伺った。
  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所