プレスルーム

2018年02月27日(火)

八王子市とデジハリが協定、市職員をドローン操縦士に育成
日刊工業新聞(Webサイト)

東京都八王子市は4月以降、市職員による飛行ロボット(ドローン)の操縦士の育成に乗り出す。資格を持つ職員を育てドローンチームを組織し、職員自らが防災やインフラ管理、農林などさまざまな分野で活動できる態勢を整える。
日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールのデジタルハリウッドと「ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定」を結んだ。ドローンの教育をテーマに自治体と教育機関が協定を結ぶのは初めてで、市職員を直接教育する試みは全国的にも珍しいという。
(日刊工業新聞 東京版、大阪版にて同記事掲載)
 
  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所