プレスルーム

2011年01月18日(火)

デジタルハリウッド大学 国際アニメ研究所主催
『アニメ・ビジネス・フォーラム+(プラス)2011』開催
~アニメ・ビジネスの再構築、各社の戦略を斬る~


開催日時:2011年2月3日(木)10:00~16:10
会場:デジタルハリウッド大学 秋葉原メインキャンパス

ITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学(メインキャンパス:東京都千代田区、秋葉原 学長:杉山知之)では、 アニメーション・マーケットの最前線について第一線で活躍するキーパーソンをお招きし、『アニメ・ビジネス・フォーラム+(プラス)2011』を開催いたします。
近年の日本では、アニメ製作費の減少、衛星専門チャンネルの拡大、DVD販売の激減、オリジナル作品への挑戦など、既存のアニメビジネスが新たな胎動を活発化しています。当フォーラムでは、アニメーション・マーケットの最前線を第一線で活躍するキーパーソンが生の声で解説します。
今後のアニメビジネスはどのような展開を見せていくのか。
アニメ市場の現状と今後の動向を予測する必見のフォーラムとなっております。

■アニメ・ビジネス・フォーラム+2011
http://www.dhw.ac.jp/e/anime_business2011/

■プログラム
9:30~10:00
開場

10:00~10:10
「本日のイントロダクション」
デジタルハリウッド大学 国際アニメ研究所 高橋光輝氏

10:10~11:10
「『原点回帰』がアニメの救世主になった」
(株)エー・ティー・エックス 代表取締役社長 岩田圭介氏
プロフィール:
1979年に東京12チャンネル(現テレビ東京)入社、営業~編成~報道を経て1993年から編成局で数多くのアニメ番組をプロデュース。その後コンテンツ事業局でアニメ事業を担当、現在に至る。
「新世紀エヴァンゲリオン」「「ポケットモンスター」「NARUTO」「遊戯王デュエルモンスターズ」「ケロロ軍曹」「ヒカルの碁」「テニスの王子様」など多くのヒット作品を手がけ、現在まで関わったテレビアニメは数百本にのぼる。

11:15~12:15
「コミック出版社にとってのアニメ化効果」
(株)スクウェア・エニックス クロスメディア事業部クロスメディア部
ジェネラルマネージャー兼プロデューサー 倉重宣之氏
プロフィール:
自社雑誌連載のコミックのアニメ化を中心とするメディアミックス担当部門に勤務。
近年手掛けた作品:鋼の錬金術師』少年ガンガン連載→MBS系テレビアニメ化『荒川アンダーザブリッジ』ヤングガンガン連載→テレビ東京系アニメ化『黒執事』Gファンタジー連載→MBS系テレビアニメ化など。

12:15~13:00  休憩

13:00~14:00
「ガンダムUCにおけるウインド戦略」
(株)サンライズ 常務取締役 宮河恭夫氏
プロフィール:
1981年バンダイ入社。1999年よりサンライズへ。現在、株式会社サンライズ常務取締役。
キャラクターワークス事業部、ガンダム事業部を担当。『機動戦士ガンダムSEED』シリーズのプロデューサー、『機動戦士ガンダム00』のエグゼクティブプロデューサーを務める。

14:05~15:05
「これからを切り開くビジネス戦略」
(株)プロダクション・アイジー代表取締役社長 石川光久氏
プロフィール:
1958年10月東京都生まれ。Production I.G.,LLC(米国)の代表取締役を兼務。
大学卒業後、竜の子プロダクションに入社。1987年、同社より独立し創業。
プロデューサーとして数多くのアニメーション映画、ゲーム制作などを手がける。
主なプロデュース作品として、劇場「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」('95)、劇場「BLOOD THE LAST VAMPIRE」('00)、等がある。
2004年より 東京大学特任教授就任。2005年、ジャスダック証券取引所に上場。2007年に持株会社体制へ移行

15:10~16:10
「YouTube 2011年 ビジネスプロデューサの時代」
グーグル(株)YouTubeコンテンツパートナーシップ統括部長 水野有平氏
プロフィール:
作詞作曲家、CMプランナーを経て、会社を創業。その後、ヤフー株式会社
を経て、グーグル株式会社入社。現在は、YouTubeのコンテンツパートナーシップの総責任者

(講師、講演内容は予定です。都合により変更することがございます。)

■開催概要
名称 :「アニメ・ビジネス・フォーラム+2011」
開催日:2010年2月3日(木)10:00~16:10(開場9:30)
会 場:デジタルハリウッド大学 秋葉原メインキャンパス(秋葉原ダイビル)
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階
(交通アクセス)
JR「秋葉原駅」電気街口徒歩1分、日比谷線「秋葉原駅」徒歩5分、
銀座線 「末広町駅」徒歩5分、つくばエクスプレス「秋葉原駅」徒歩3分

受講料:5,000円(テキスト代込み・税込み)
※昼食はついておりません。
※受講料は当日受付にてお支払い下さい。

定 員:50名(定員になり次第、受付を締め切らせていただきます)

申込期限:2011年2月1日(火)迄

主 催:デジタルハリウッド大学 国際アニメ研究所

【当イベントに関するお問い合わせ先】
デジタルハリウッド大学
TEL.03-3526-5785 (平日10:00~17:00)

つきましては、マスコミの皆様におかれましてはご多忙の中誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせのうえ、当イベントをご取材いただけますようお願い申し上げます。
ご希望の方はEメールにてお申込みください。
(press@dhw.co.jp:デジタルハリウッド広報宛)

<取材お申し込み方法>
取材ご希望の方は下記フォームにご記入の上、2月2日(水)迄にお申し込みください。

■取材に関する留意事項(※必ずご一読ください)
・取材の方は、各プログラムの開始5分前までに会場へお越しください。
・入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。
(名刺でも結構です)
・駐車場はございませんので、各社でご手配願います。

*今回のセミナーは有料となりますが、マスコミの皆様は無料とさせていただきます。

<<「アニメ・ビジネス・フォーラム+(プラス)2011」取材申し込みフォーム>>
---------------------------------------------------------------------
貴社名 :
貴社媒体名:
お名前 :
電話番号 :
メールアドレス :
取材形式(該当を全て記載) : スチール / TVカメラ / ペン
---------------------------------------------------------------------
→ 申し込みメールアドレス:press@dhw.co.jp
(件名:アニメ・ビジネス・フォーラム 取材希望)

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報室:川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5289-9241
-----------------------------------------------------------------
デジタルハリウッド公式サイト :http://www.dhw.co.jp/
学長ブログ「スギヤマスタイル」:http://www.facebook.com/SugiyamaStyle
過去のプレスリリース:http://www.dhw.co.jp/pr/release/
-----------------------------------------------------------------

  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所