プレスルーム

2011年04月25日(月)

デジタルハリウッド大学大学院
高橋光輝准教授編著「アニメ学」 2011年4月22日より全国書店で発売中

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院の准教授である高橋光輝氏編著『アニメ学』が、2011年4月22日(金)NTT出版より発行、全国の書店にて発売中です。 アニメの制作、製作の実際からビジネス、法律、教育まで、日本の「アニメ」を学問する。
『アニメ学』は、アニメを体系的に学べるよう教科書として作成したアニメ教科書です。
これまでのような古典フィルムの研究や専門家のための技法書ではなく、現代日本の「アニメ」に的を絞り、様々なアプローチから現代日本における映像文化の現状を記載してあります。
日本のアニメが世界中で評価を得る一方で、アニメ分野の国内教育はまだまだ発展途上であり、そのような現状に対して教育の体系化を試みたのが本書です。
大学や専門学校で教科書として使われるよう幅広い内容で網羅しております。

●書籍名:「アニメ学」 ●発売日:2011年4月22日
●著、編集: 高橋 光輝/津堅 信之
●定価: 2,940円(本体2,800円 + 税5%)
●ISBN: 978-4-7571-4720-1
●サイズ:A5版(148 × 210 × 17mm)
●総頁数:326ページ
●発行・発売:NTT出版

■内容と執筆者 第一部:アニメとは何か?(津堅信之/京都精華大学)
第二部:アニメの制作(高橋良輔/大阪芸術大学 三上浩司/東京工科大学)
第三部:アニメビジネス(木村誠/長野大学 片岡義朗/ドワンゴ 松本悟/バンダイチャンネル)
第四部:アニメの法律と制作(牛木理一/牛木内外特許事務所 内山隆/青山学院大学)
第五部:アニメ教育と学術(高橋光輝/デジタルハリウッド大学・大学院 村澤昌崇/広島大学)

■著者/編者プロフィール ○高橋光輝 (デジタルハリウッド大学大学院 准教授)
映像製作会社にてCM、PV、TVなどの製作に従事しつつ、教員業を兼務。
また、大学院ではメディア・コンテンツ人材育成の研究を行う。
その後、教育機関にてデジタルクリエイターの育成に邁進、統括業務を行う。
同時に大学及び研究所にてメディア・コンテンツ分野の研究員として活動。
ぴあ総合研究所 客員研究員、中国浙江大学コンテンツビジネス研究所 客員教授、中国アモイ大学藝術学院 客員研究員。

○津堅信之(京都精華大学 准教授) 1968年兵庫県生。近畿大学農学部卒業。大阪芸術大学講師、学習院大学大学院講師等を経て、現職。専門領域は日本アニメーション史。主な著書に、『日本アニメーションの力』『アニメ作家としての手塚治虫』(以上NTT出版)、『アニメーション学入門』(平凡社新書)、『日本初のアニメーション作家北山清太郎』(臨川書店)などがある。

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報室:川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5289-9241
-----------------------------------------------------------------
デジタルハリウッド公式サイト :http://www.dhw.co.jp/
学長ブログ「スギヤマスタイル」:http://www.facebook.com/SugiyamaStyle
過去のプレスリリース:http://www.dhw.co.jp/pr/release/
-----------------------------------------------------------------

  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所