プレスルーム

2011年08月05日(金)

デジタルハリウッドに新講座登場、8月20日開講
「電子書籍&エディトリアルデザイントレーニング講座」

~新講座 開講記念~
売れる電子書籍のつくり方教えます!
InDesignでつくる電子書籍・制作体験セミナーを開催

日時:2011年8月12日(金)
会場:デジタルハリウッド東京本校

ph-110805.jpg

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]は、新講座『電子書籍&エディトリアルデザイントレーニング講座』の開講を記念して、講座の内容がいち早く体験できる制作体験セミナーを8月12日に開催します。

今回は実際の講義内容が体験できるセミナーですので「電子書籍の作り方について本気で学びたい」「電子書籍で自費出版してみたい」「新しいビジネスの可能性を見つけたい」など、そのような方におすすめの内容となっております。

体験セミナーではさまざまな作品事例に触れつつ、「売れる電子書籍のつくり方」をレクチャーします。

今注目の電子書籍産業では、iPadやAndroid端末が普及してきており、いよいよ日本でも電子書籍の販売が本格化します。
そんななか、「ADPS」(Adobe Digital Publishing Suite)サービスの提供、縦書きやルビといった日本語に対応する「EPUB 3」の仕様が標準化されるなど、実用的な電子書籍制作のスキルが求められています。

今回の新講座では、注目されているADPSとEPUB3の2つのワークフローを学び、あらゆるデバイスで対応できる電子書籍コンテンツの制作を学習していただきます。

【InDesignでつくる電子書籍・制作体験セミナー 開催概要】
日時:2011年8月12日(金)19:00~21:00
場所:デジタルハリウッド東京本校 1Fセミナールーム
   JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口・丸ノ内線/御茶ノ水駅・
   千代田線/新御茶ノ水駅から徒歩2分。
   地図はこちら→ http://school.dhw.co.jp/about/access.html
定員:20名
   ※参加予約が定員に達した場合は、先着順とさせていただきます。
参加費:5,000円

◆申込フォーム:http://blog.dhw.co.jp/tokyo_event/2011/07/812-6435.html

◆セミナー内容:
・ADPSとEPUB3に対応「InDesign CS5.5をつかった電子書籍のワークフローとそのつくり方」のポイント解説
・基礎からできるエディトリアルデザインのワークフローから最新の技術まで、ヒット事例を踏まえた作品解説。
・3ヶ月でマスターできる「電子書籍&エディトリアルデザイントレーニング講座」のコース説明

【講師プロフィール】
樋口泰行氏
有限会社樋口デザイン事務所代表。
大阪芸術大学グラフィックデザイン科卒業。
海外向け広告代理店でのディクレクターを経て、グラフィックデザイナーとして独立。イラスト、広告、DTP、デザイン、プレゼンテーション制作をメインに活動。
またクリイエティブ関係のテクニカルライティング取材執筆、講師も行う。
主な著書に『いちばんわかりやすいPhotoshop 』『だれでもレイアウトデザインができる本』『Adobe InDesign文字組みの基本と実践』『ADPS & EPUBがやってくる InDesignで作る電子書籍 』などがある。

【ADPS(Adobe Digital Publishing Suite)とは】
タブレット機器向けデジタルマガジンの作成、配布、収益化、最適化をサポートする、メディアおよびビジネス出版社に適した包括的なソリューションである。

【EPUB とは】
電子書籍の規格の1つである。米国の電子書籍の標準化団体の1つであるInternational Digital Publishing Forum(IDPF、国際電子出版フォーラム)が普及促進している公開された仕様の電子書籍用ファイル・フォーマット規格である。「EPUB」は"Electronic Publication"の意味を持ち「epub」「ePub」などと表記される場合もある。そのオープン性と単純さから、対応する電子書籍のハードウェアやアプリケーションソフトウェアは多く、英語圏での標準規格となりつつある。

【新講座:電子書籍&エディトリアルデザイントレーニング講座 概要】

・InDesignをベースとした実務で活かせる!電子書籍制作のワークフローと具体的なオペレーション方法が学べる
・ADPSを活用し、電子書籍を出版するまでのワークフローを実現できる
・市場拡大の可能性に備えて今がチャンス!フォーマット「EPUB3.0」対応講座

≪初心者の方向け:おすすめ3ヶ月でじっくり学ぶコース≫
対  象:・仕事の幅を広げたいと考えている現役のWebオペレーターや、デザイナー
     ・インターネット業界で働くことを目指している初心者の方
     ・働きながら休日を活用して個人のスキル向上を目指したい方
     ※初心者は併設コースとの組み合わせでさらに充実いただけます。
到達目標:「Adobe Digital Publishing Suite」をベースに電子書籍の具体的なエディトリアルのオペレーション方法および電子書籍に対応したアウトプットの方法を学ぶ

開講日 :8月20(土) 毎週15:00~17:00 イントロダクション含めて全11回
申込定員:20名
開講校舎:デジタルハリウッド東京本校(御茶ノ水)

≪法人の方向け:おすすめ2日間で完全マスター速習コース≫
対  象:これから電子書籍産業に参入、ビジネス展開を考えている法人の方。
      自社の書籍をこれから電子書籍化しようと考えている方など。 到達目標:「Adobe Digital Publishing Suite」をベースに電子書籍の具体的なエディトリアルのオペレーション方法および電子書籍に対応したアウトプットの方法を学ぶ
開講日 :8月25日(木)・26日(金)2日間 10:00~17:00 各6時間 計12時間
申込定員:20名
開講校舎:デジタルハリウッド渋谷校

≪講座カリキュラム≫
STEP.1 イントロダクション
・印刷の役割におけるInDesign のオペレーションポイント
・電子書籍フォーマットの現在
・電子書籍端末の動向
STEP.2 CS5/CS5.5 で可能になった電子メディア制作
・目的により選択するInDesign からの書き出しフォーマット
・ADPS、EPUB、HTML.FLASH、印刷用途PDF
STEP.3 InDesign で行うメディアオーサリングの基礎・演習
・ページの作成、印刷、スタイルの作成など InDesign を使う上での基礎
STEP.4 AdobeDigitalPublishingSuiteによる電子メディアの概要
・ADPSの特性、利用方法
1.ADPSの事例紹介
2.印刷向けページとの違い、ワークフロー
3.価格体系とサービス内容
STEP.5 InDesignでのDPS 向け電子メディア制作(制作演習)
・InDesign演習
1.ドキュメントの設定
2.縦横ページの作成
3.インタラクティブコンテンツの設定
STEP.6 EPUB を使った電子メディアの概要
・HTML とCSSの基礎操作 ( 電子書籍対応)
・EPUB の概要と日本語対応バージョン3の機能
STEP.7 EPUB を使った電子メディア制作(制作演習)
・実際の制作方法
1.ドキュメントの作成、
2.文字の割付、
3.画像の挿入、
4.書き出し、
5.書き出し後のHTMLCSS加工

※初心者の方 おすすめ3ヶ月でじっくり学ぶコースはテーマ制作が追加されます。
※現在時点の内容です。開催日程と市場に合わせて一部最新の内容に変更する場合がございます。
※法人おすすめ2日間で完全マスター速習コースについては上記のカリキュラムの一部を法人様向の内容に変更する場合がございます。

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報室:川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5289-9241
-----------------------------------------------------------------
デジタルハリウッド公式サイト :http://www.dhw.co.jp/
学長ブログ「スギヤマスタイル」:http://www.facebook.com/SugiyamaStyle
過去のプレスリリース:http://www.dhw.co.jp/pr/release/
-----------------------------------------------------------------

  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所