プレスルーム

2011年12月19日(月)

デジタルハリウッド卒業生・松田圭太監督 最新作

映画『RONIN POP』(主演 ZE:A)
待望のDVD(特別版、通常版)が発売

IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]では、デジタルハリウッド(専門スクール)の卒業生で、2009年に映画監督デビューを果たした松田圭太監督の最新作映画『RONIN POP』の支援をおこなっています。そしてこのたび、『RONIN POP』のDVDが12月7日に発売されました。

アジアで大人気のKPOPと世界的に多くのファンを持つジャパニーズCGアクションが合流した魅力的な作品となっており、DVDでは未公開映像やプレゼント応募券などの特典も盛りだくさんです。

【DVD情報】
ph-111219.jpg現在、アジアで大人気のKPOPと世界的に多くのファンを持つジャパニーズCGアクションがついに合流、今まで見たことのない迫力と映像美がここに完成した。主演はアジアで人気沸騰中のZE:A。言葉も習慣も違う撮影現場で、多くの困難と向き合った彼ら。幾たびのリハーサルや訓練を積んで、できあがったアクションは美しく、そして、初挑戦とは思えない渾身の演技に魅了される。「RONIN POP」は彼らの熱い意気込みがたっぷり詰まった作品となった。

●特別版:¥4,725(税込)
・特典ディスク
(プレミアム上映イベント映像<大阪1回&2回・東京1回&2回・ハイタッチ会・ティーザー集・トレーラー>)
・豪華ブックレット(初回封入特典)
※豪華ブックレットは初回分がなくなり次第、通常版の4ページブックレットになります。
・プレゼントキャンペーン応募券(初回封入特典)

●通常版:¥3,990(税込)
・4ページブックレット
・ポストカード5枚セット(初回封入特典)
・プレゼントキャンペーン応募券(初回封入特典)

●仕様:
通常版:本編75分 特別版本編75分+特典映像)/カラー/ 16:9/片面・一層/リージョンコード 2/日本市場向け/MPEG-2/DOLBY DIGITAL/音声 1. オリジナル音声 ステレオ(韓国語)/日本語字幕/ 複製不能

【『RONIN POP』作品紹介】
ph-111219-2.jpghttp://www.roninpop.com/
主演:ZE:A
ストーリー:
近未来。核戦争によって地球は壊滅し、人口は激減していた。
その後の10年で人類は文明を再構築していく一方で、秩序は失われたまま暴力で権力を争う弱肉強食の時代へと突入していた。少女・アニタの住む街も 例外ではなかった。盲目のチャンが率いるマッドドラゴンが街を支配していたが、最近、女妖術使いシダが率いるフライングスネークとの対立が激化し始め、兄であるリーや親友のジャッキーもその争いの中に巻き込まれていた。

そんなある日、アニタはトニーと名乗る流れ者と出会うのであった。
アニタはトニーの剣の実力を知り、リーやジャッキーを助けて欲しいとトニーに頼む のであった。だが、トニーは全くそのことに関心が無く、旨い物がある所にふらふらと出かけていくのであった。そうしているうちに、マッドドラゴンとフライ ングスネークの争いがついに頂点に達するのであった。

【ZE:A】
2010年1月、電撃的なデビューを果たしたZE:A(ゼア)。
Mnetの人気番組'帝国の子供達'に出演、50回を越えるゲリラコンサートを全国各地で開催し、デビュー前から1万名を超えるファンを獲得し大きな話題を呼んだ。今年1月の本格デビューと同時に1stシングルミニアルバム<NATIVITY>を発表、音楽番組・バラエティ番組への出演や広告CMモデルなど、活発な活動を行い、若い女性を中心に爆発的な人気を得ている。
2010年3月には五反田ゆうぽうとホールにて日本初公演となる「SEOUL TRAIN」に出演、初来日にも関わらず1500席を満席にし、関係者を驚かせた。同月25日に2ndシングルミニアルバムを発表、更に成長した姿を見せ話題に。4月にはTV東京のバラエティ番組『火曜エンタテイメント』に出演、放送翌日には Yahoo検索ワードランキングでTOPに選ばれるなど、その注目度の高さは若手スターの中でも群を抜いている。
6月に横浜BLITZ&NHK大阪ホールで行われる公演チケットはあっという間にソールドアウトとなり、急遽追加公演が決定されたほど。平均年齢20歳のフレッシュさと、明るくポジティブなステージパフォーマンスにノックアウトされる ファンが急増中だ。溢れる個性と確かな実力を併せ持つ彼らの今後の活躍から目が離せない!

日本公式サイト http://www.zea-japan.com/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/zea-japan/

【監督】
松田圭太(まつだ・けいた)
1974年生まれ。
大学卒業後、2年間勤めたソフトウェア開発会社を退職し、デジタルハリウッドにてCGを学ぶ。
その後CGデザイナーとして「ロング・ラブレター ~漂流教室~」(フジテレビ)を始め数多くのテレビドラマに参加。
2002年、CG・映像制作会社・有限会社ライスフィールドを設立。
その後、「愛するために愛されたい」(TBS)、「奥さまは魔女 - Bewitched in Tokyo」(TBS)、「絶対彼氏」、「すぽると!」、「M-1グランプリ 2006~2008」、「暴れん坊ママ」、「ファースト・キス」、「オトメン」、(社)日本民間放送連盟 TVCM、「ヤマサキパン」 、「世界バレー」、「爆笑大日本アカン警察」など等に参加。

公式サイト:http://www.ricefield.co.jp/

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報室:川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5289-9241
-----------------------------------------------------------------
デジタルハリウッド公式サイト :http://www.dhw.co.jp/
学長ブログ「スギヤマスタイル」:http://www.facebook.com/SugiyamaStyle
過去のプレスリリース:http://www.dhw.co.jp/pr/release/
-----------------------------------------------------------------

  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所