プレスルーム

2012年05月29日(火)

デジタルハリウッド大学
外国人向け「サマープログラム2012」開催
~日本のポップカルチャー&伝統文化を、"本場・ニッポン"で体感!~

福岡俊弘教授(週刊アスキー総編集長)による『初音ミクの現在』講義、
「攻殻機動隊」「スカイ・クロラ」など多数のヒットアニメーションを製作する
プロダクションI.G.訪問、等様々なプログラムをご用意

開催期間:7月23日(月)~8月3日(金)

ph-120529.jpgITビジネス・英語/留学・クリエイティブを学ぶ、デジタルハリウッド大学では、日本のポップカルチャーに興味を持つ外国人を対象に、本場・日本で、アニメ・漫画・ゲームなどの"ポップカルチャー"や、日本画・和服といった日本のコンテンツの元祖となる"伝統文化"について、アカデミックな観点から体験し・学んでもらう「サマープログラム」を、7月23日より開催いたします。

諸外国では、日本から発信されるポップカルチャーが非常に注目を集めており、"クールジャパン"と呼ばれるほど、特に海外の若者を中心にブームとなっております。

日本のポップカルチャーの中でも、特に外国人を熱狂させているのは、日本のマンガやアニメ、ゲームなどのコンテンツです。

2005年に開学したデジタルハリウッド大学は、日本ポップカルチャーの聖地・秋葉原に位置しており、日本のポップカルチャーに興味を抱き、コンテンツ業界で働くことを夢見る留学生の入学も年々増加傾向にあります。

上記のような背景を踏まえ、デジタルハリウッド大学では、日本のポップカルチャーに深く興味のある外国人を対象に、本場・日本で、ポップカルチャーや日本の伝統文化に直に触れていただき、アカデミックな観点から体験し、学んでいただく短期コース「サマープログラム」を2009年より開催しています。

今年は、株式会社アスキー・メディアワークス、週刊アスキー総編集長の福岡俊弘教授によるレクチャー『初音ミクの現在』をはじめ、第一線で活躍する講師や有識者らによる講義や、数々のヒット作品を生み出している「プロダクションI.G.」のスタジオ見学、毎回好評をいただいているアキバツアーやコスプレ体験など、内容の濃いプログラムとなっております。

本プログラムの開催により、「日本のポップカルチャーについて学べる大学」「クールジャパンな大学」というブランドの浸透と、海外協定校、日本語学校への本学の認知向上、また、プログラム修了者が帰国後、口コミ等によるバイラル効果や今後の留学生の入学増を期待しています。

ph-120529_2.jpg【サマープログラム2012】
http://www.dhw.ac.jp/summer-program2012/
●概要
主旨:
アメリカ、イギリスなど英語圏で日本のポップカルチャーに興味のある学生に対し、「クールジャパン」とよばれる(アニメ、マンガ、ファッション、J-POP、etc)を大学における講義と現場見学で学習し、体感していただく。

期間:
2012年7月23日(月)~8月3日(金)

会場:
デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパス、セカンドキャンパス
http://www.dhw.ac.jp/access/index.html

※デジタルハリウッド大学は主に集合場所、オリエンテーション、講義などの会場となります。

費用:授業料120,000円 滞在費 105,000円 合計 225,000円

※食費・交通費は含まれていません。

●行動日程
秋葉原をメインに日本のポップカルチャーや伝統文化を体感できるプログラムを予定。
http://www.dhw.ac.jp/summer-program2012/schedule.html

・アキバツアー
・コスプレ体験
・「クールジャパン」コンテンツの講義(アニメ、マンガ、ファッション、J-POP、ゲーム、etc)
・日本の伝統的な名所などを散策(庭園、観光名所などを予定)

*内容については現在調整中の為、予告なく変更となる可能性があります。

*参考:前回のサマープログラム(2010年)
http://www.dhw.ac.jp/summer-program2010/report.html

マスコミの皆様におかれましてはご多忙の中誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、是非「サマープログラム」の様子をご取材いただけますようお願い申し上げます。

取材は、開催期間中の全日程でも1日のみ、ご興味のあるプログラムのみでも構いません。
取材ご希望の方は広報室宛にEメールにてお申込みください。

<取材お申し込み方法>
取材ご希望の方は下記フォームにご記入の上、7月20日(金)までにメールにてお申し込みください。

<<取材申し込みフォーム>>
・貴社名:
・貴社媒体名:
・お名前:
・電話番号:
・メールアドレス:
・取材形式(該当全てに○囲み): スチール/TVカメラ/ペン
・取材希望日、内容など(                  )
---------------------------------------------------------------------
→ メール返送先:press@dhw.co.jp
  (件名:サマープログラム2012 取材希望)

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報室:川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5289-9241
-----------------------------------------------------------------
デジタルハリウッド公式サイト :http://www.dhw.co.jp/
学長ブログ「スギヤマスタイル」:http://www.facebook.com/SugiyamaStyle
過去のプレスリリース:http://www.dhw.co.jp/pr/release/
-----------------------------------------------------------------

  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所