プレスルーム

2013年02月18日(月)

今話題のプロジェクションマッピングを学ぶ季節が到来!
~光をクリエイティブする~
<第1弾>
プロジェクションマッピングセミナー
日時:2月22日(金) 19:30~21:00 参加無料
会場:デジタルハリウッド東京本校 1階セミナールーム
<第2弾>
プロジェクションマッピングクリエイティブキャンプ-BASIC-
日時:3月2日(土)、3(日)13:00~19:00 ※全2日間、有料
会場:デジタルハリウッド東京本校 PCルーム及びセミナールーム
<詳細>http://bit.ly/PJM_DHW

 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]では、今もっとも注目を集めている「プロジェクションマッピング」のセミナーと、クリエイティブキャンプ(全2日間、有料)を開催いたします。

 広告の世界をはじめ、空間演出の新しい手法として今注目を集めている『プロジェクションマッピング』を実践的に学ぶ授業をデジタルコミュニケーションアーティスト専攻(本科)のカリキュラム内にてプロジェクションマッピング協会ご協力のもと、一般への認知が広まる前からいち早く取り入れています。

 昨年開催された、東京駅丸の内駅舎保存・復原 完成記念イベント 「TOKYO STATION VISION-トウキョウステーションビジョン-」を皮切りに、さっぽろ雪まつりやJR浜松駅前など、全国各地で見られる機会が増えてきました。

 また、屋外だけに留まらず、屋内のイベントや舞台などでもプロジェクションマッピングが使用される事が多くなってきています。

 広告の世界をはじめ、空間演出の新しい手法として今注目を集めている「プロジェクションマッピング」は建物や空間に投影した映像が変化し、幻想的な世界を浮かべるさまは、見る人の目を魅了させ続けています。

 2月22日に開催するセミナーでは、「プロジェクションマッピング」のこれまでの歴史と、これからの展望について、一般財団法人プロジェクションマッピング協会代表理事の石多氏をお迎えし、事例をもとに解説いただきます。
 「プロジェクションマッピング」について理解を深め、今後手がけてみたい方には必見の内容となっております。
是非この機会にご参加ください。

 また、3/2(土)、3(日)の2日間、「プロジェクションマッピングクリエイティブキャンプ-BASIC-」と題して、全2日間のワークショップを開催いたします。(詳細は2/22(金)のセミナーで紹介予定)

【開催概要】
第1弾  プロジェクションマッピングセミナー
[日時] 2013年2月22日(金) 19:30~21:00 19:15開場
[会場]デジタルハリウッド東京本校 1階セミナールーム
    「JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口」・「丸ノ内線/御茶ノ水駅」・
    「千代田線/新御茶ノ水駅」から徒歩2分。
    東京本校の地図はこちら→ http://school.dhw.co.jp/access/
[参加]無料・要予約
[申込]下記ご予約フォームよりお申込ください。
    http://bit.ly/PJM_DHW
    Facebookでのお申込はこちら
    https://www.facebook.com/events/147556582069659/
[定員]100名
[内容]
・プロジェクションマッピングとは何か?
・事例紹介(屋外、屋内)
・プロジェクションマッピングのこれからの展望について
・プロジェクションマッピングを始める方へ
※当日変更になる可能性がございます。

[登壇者]
michi / 石多 未知行(イシタ ミチユキ)
一般財団法人プロジェクションマッピング協会 代表理事
<プロフィール>
主に映像演出による表現活動を軸に、音楽・メディアアート・写真・彫刻との共演や、バレエ、コンテンポラリーダンス、能との作品制作、オペラの舞台演出等も多数手掛ける。ヨーロッパやアジアを中心に海外での活動も多く、ロンドンの現代美術館「ICA」、フランスのメディアアート美術館「LeCUBE」での講演やパフォーマンス、グッゲンハイム美術館での演出等、高い評価を得ている。
近年では国内でのプロジェクションマッピングという映像手法の普及啓発活動を精力的に進め、一般財団法人プロジェクションマッピング協会を設立、代表理事を務める。神奈川県の逗子市において、プロジェクションマッピングやメディアアートによる「ZushiMedia Art Festiva」を企画・総合プロデュースするなど、新たなアート手法による地域活性や観光産業開発、そして、クリエイターの活躍フィールドを広げている。
michi ホームページ: http://michiyuki.net/
プロジェクションマッピング協会 ホームページ:http://www.projection-mapping.jp/

[主催]プロジェクションマッピング協会、
     デジタルハリウッド・本科デジタルコミュニケーションアーティスト専攻

==================================

【開催概要】
第2弾 プロジェクションマッピングクリエイティブキャンプ-BASIC-
[日時]全2日間
    2013年3月2日(土)13:00~19:00(休憩1H含)
    2013年3月3日(日)13:00~19:00(休憩1H含)
[会場]デジタルハリウッド東京本校
    「JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口」・「丸ノ内線/御茶ノ水駅」・
    「千代田線/新御茶ノ水駅」から徒歩2分。
    東京本校の地図はこちら→ http://school.dhw.co.jp/access/
[受講料]
     一般(初回特別価格)          38,000円
     デジタルハリウッド在校生・卒業生    20,000円
     プロジェクションマッピング協会会員   20,000円
     ※上記は全2日間の金額となります。

[申込]下記URLのご予約フォームから申込ください。
    http://bit.ly/PJM_DHW
    ※在校生、卒業生及び、協会会員様につきましては、申込フォームの備考欄に
    必ず在籍の有無をご記入ください。

[定員]15名(最小開講人数8名)
    ※応募者多数の場合は抽選となります。

[持物]ノートPC(WIN/MACどちらでも可)
    ※必須ではありませんが、ご持参されることをお勧めいたします。

[講義内容]
短期集中プロジェクションマッピング講座で、プロジェクションマッピングの考え方、映像コンテンツの作り方、空間演出や美術のプランニング、 その応用する幅も学びます。
プロジェクションマッピングが出来るソフトウェアにも触れながら、講座内で参加者は1つのプロジェクションマッピング作品を制作するワーク ショップ授業です。
プロジェクションマッピングに興味は有ったが難しそうで手が出なかった方、今後本格的にプロジェクションマッピングを学びたい方、映像制作の 幅を広げたい方にも実りある講座です。

※ワークショップの模様
DCA授業風景その1
http://blog.dhw.co.jp/tokyo/2012/11/1-92c8.html
DCA授業風景その2
http://blog.dhw.co.jp/tokyo/2012/12/1-92c8.html

[使用ソフト]
Resolume(プロジェクションマッピングソフトウェア)
After Effects(動画作成ソフト)
※Illustrator、Photoshop(描画ソフト)も一部使用予定です。
[対象者】
BASICとなっているとおり、クリエイティブ経験が無い方でも参加可能です。
※参加者のスキル状況によっては、グループワークを行なう可能性もございます。

[このような方にオススメ]
・映像制作に興味がある方
・インタラクティブデザインに興味ある方
・プロジェクションマッピングを商用で活用されたい方

[講師]
michi / 石多 未知行(イシタ ミチユキ)
一般財団法人プロジェクションマッピング協会 代表理事

■デジタルコミュニケーションアーティスト(DCA)専攻とは
ソーシャルメディアの普及とWeb技術の発展は、あらゆるメディアを旧来の枠から解き放ちました。
PC上のWebだけでなく、スマートフォンやARアプリ、映像、デジタルサイネージなど、技術の進歩で生活者の周りには 情報があふれ、企業からのメッセージは今までの方法では届かなくなっています。
そんな環境の中、広告やCMは、新しいカタチへ生まれ変わろうとしています。
「どんな技術を」「どう組み合わせて」 生活者との新しいコミュニケーションをデザインするのか、次世代の広告デザイナーには『クロスメディア』で提案する力が求められています。
今、国内で最も実践的なコミュニケーションデザインを学ぶコースです。

デジタルコミュニケーションアーティスト専攻
 http://school.dhw.co.jp/course/design/dca/

デジタルコミュニケーションアーティスト専攻2011年度活動報告
 http://blog.dhw.co.jp/tokyo/2012/07/2011-1975.html

<取材お申し込み方法>
セミナー取材ご希望の方は下記フォームにご記入の上、2月21日(木)迄にお申し込みください。
ワークショップ取材ご希望の方は下記フォームにご記入の上、2月28日(木)迄にお申し込みください。

■取材に関する留意事項
・ 取材の方は、開始10分前までに会場へお越しください。
・ 入場の際は受付にて身分の確認できるものをご提示願います。(名刺でも結構です)
・ 駐車場はございませんので、各社でご手配願います。

<<取材申し込みフォーム>>
(コピー&ペーストをしてご使用ください)
・貴社名:
・貴社媒体名:
・お名前:
・電話番号:
・メールアドレス:
・取材形式(該当全てに○囲み): スチール / TVカメラ /ペン
---------------------------------------------------------------------
→ メール返送先:press@dhw.co.jp
(件名:2/22(金)プロジェクションマッピングセミナー 取材希望)
(件名:3/2(土)プロジェクションマッピングクリエイティブキャンプ-BASIC- 取材希望)

【当プレスリリースに関するお問い合わせ】

デジタルハリウッド株式会社 広報室:川村
mail:press@dhw.co.jp
TEL:03-5289-9241
-----------------------------------------------------------------
デジタルハリウッド公式サイト :http://www.dhw.co.jp/
学長ブログ「スギヤマスタイル」:http://www.facebook.com/SugiyamaStyle
過去のプレスリリース:http://www.dhw.co.jp/pr/release/
-----------------------------------------------------------------

  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所