小林幸平氏ドローン専攻 修了生
2016年3月入学

自己紹介をお願い致します。

小林幸平と申します。弁護士として法律事務所に勤務しており、ベンチャー企業等のビジネスのサポートをしています。また、新しいことが好きで、起業家の支援や、ドローンやロボットなどのテクノロジーの支援に力を入れています。

ドローンに興味を持ったきっかけはどんなものだったんですか?

ドローンは、今まで活用されることのなかった空を利用するもので、今後どのように産業が発展していくか関心を持っていました。そのような中で、YouTubeでレース用ドローンの映像を観て、自分でもドローンを飛ばしてみたいと思うようになり、ビジネスサイドとエンタメサイド両面からドローンに強い興味を持ちました。

ドローンスクールが増えてきている中で、デジタルハリウッドロボティクスアカデミーを選んだ理由はなんですか?

デジタルハリウッドロボティクスアカデミーは、日本で一番初めにできたJUIDA認定スクールで、かつ、御茶ノ水にあり立地が良いことから、説明会に参加しました。説明会で、ドローン利活用のアクセルとブレーキのバランス感覚を持ったプロフェッショナルを育成するという教育理念に共感し、受講を決意しました。

ロボティクスアカデミーのドローン専攻を受けてみていかがでしたか?

受講時の講師であった株式会社ORSO様や高橋伸太郎先生等から、ドローン利活用のアクセルとブレーキについて学べたことは本当に良かったです。実技試験の緊張感が凄く修了するのが大変でしたが、その分、ドローン事業者に要求される安全な飛行というものを理解することができました。また、同じコースで出会った同期の仲間や講師の方々との繋がりはかけがえのないものです。

修了後、JUIDA操縦技能者証明証と安全運航管理者証明証の両方を取得されましたが、その後お仕事に変化等ありましたか?

ドローンビジネスや、航空法、小型無人機等飛行禁止法、道路交通法、電波法等のドローンの法規制についてセミナーや講義をする機会が増えました。ロボティクスアカデミーのドローン専攻で伺ったドローンビジネスの現場のお話や、実習や実技試験で実際にPhantomを飛ばした経験は、セミナーや講義をする上で役立っています。

今後どんどん進化し、活躍の幅も広がると思われるドローンについてどんな未来を期待されますか?

ドローンが急激なスピードで成長し、色々な場で活躍することは間違いないと思います。そのような中で、国産ドローンや国内ドローンスタートアップが活躍する未来を期待しています。

今後の目標を教えてください。

国産ドローンや国内ドローンスタートアップが活躍する未来を実現するため、ドローンの実情を理解した弁護士として、ドローンスタートアップの支援をしていくことができればと思います。

受講を検討されている方々へなにかアドバイスやメッセージなどありましたらお願いいたします。

私の受講時と講師陣やカリキュラムは変わっていますが、ドローンを利活用されている講師からエッセンスを短期間で学ぶことができることにロボティクスアカデミードローン専攻で学ぶ価値はあると思います。加えてドローンの利活用について同じ想いを持つ同期や講師の方々と出会うために、ドローン専攻を受講する価値はあるのではないでしょうか。

小林様、ありがとうございました!

Robotics Academy

まずはお問い合わせしてみよう!

お問い合わせはこちら

go top