【エントリープログラム授業レポート】ドローン実習を実施しました!

【エントリープログラム授業レポート】ドローン実習

これまで御茶ノ水でミニドローン(Predator)を使って行っていましたが、今回は八王子でPhantom(ファントム、DJI社が出しているドローン)を使って行いました!

まずは、田口先生からPhantomについての説明です。 ミニドローンと比べると、かなり大きい印象ですが、操作方法は基本的に、ミニドローンと同じです。ただ操作にアプリを使う点や、カメラでドローンからの映像を確認出来る点など、ミニドローンと異なる点も多いです。

またPhantomの安全面について、電波の状態を確認する点や、バッテリーの温度を確認する点など、安全に飛ばすために気を付けることが複数あります。

 

Phantom4
写真の真ん中にあるのが、Phantomです。(離陸前の点検を行っています。)

 

事前の説明を終えた後は、早速Phantomを飛ばしてもらいました!

Phantomはミニドローンに比べると、飛ばしやすい部分があるとはいえ、大きい分安全に注意を払わなければいけません。そのため事務局としても、安全対策により注意を払っております。

ただ安全に飛ばすことができれば、ミニドローンでは味わうことができない迫力を感じ、多くの方が「飛ばしているとき、緊張感はあったけども、楽しかった!」とおっしゃっていました。

 

また、上の写真は、受講生の方に補助として入って頂いている場面です。 ドローンはパイロット(操作者)に加え、補助者の役割がとても大事になってきます。

飛ばしているパイロットからすると、見えていると思っても、見えていないものは多くあり、たとえば奥行などは、位置によっては、ほぼ判断できないといってもよいと思われます。そのため、グループを組んで実習を行い、パイロット、補助者をそれぞれ経験してもらっています。

最後は田口先生の解説の元、アシスタントの方に、来週の試験に向けてデモフライトを行って頂きました。みなさん来週に向けて、熱心に見入っておられます。

 

次回は、実技試験編をお届け致します!

Robotics Academy

まずはお問い合わせしてみよう!

お問い合わせはこちら

go top