【ドローンエントリープログラム授業レポート】実技試験編

【ドローンエントリープログラム授業レポート】実技試験編

いよいよ、実技試験の日がやってまいりました!

実技試験の日は、午前中に本番コースで練習を行い、午後に試験を行います。

午後の試験では、飛行に加えて、機体のチェックや安全点検も試験項目に含まれるため、この部分も午前の練習で入念に行われます。

試験に向けて、他の受講生の方の機体チェック・フライトを熱心に見られていました!

具体的な午前中の練習としては、GPSを切った状態でトレーニングを行った後に、実技試験と同じコースを飛行しました。

実際の現場では、電波環境が良くない場合、GPSが使用できないこともあります。そのために、GPSを切った状態でも安全に飛行ができるように、練習しています。

 

さて、午前の練習が終わり、お昼ご飯を食べましたら、いよいよ試験です。

午後は、試験を一人ずつ行っていきます。午前に練習を行った、既定のコースを飛ばします。

田口先生より、試験概要についての説明がおこなれています。

 

そして試験に入りました。これまで指導してくれていた田口先生が、試験中隣で試験官を担当します。

また、この日が実習最後の日になるので、受講生の方同士で、食事会や今後のフライトの約束などをして、積極的に交流を図られておりました。

試験終了後、結果発表を行った上で、エントリープログラム終了となります!

受講生の皆様、一か月半ほどお疲れ様でした! これからも安全に、そして楽しくドローンを飛ばして頂ければと思います。

Robotics Academy

まずはお問い合わせしてみよう!

お問い合わせはこちら

go top