プレスルーム

2018年06月04日(月)

従来の学校の枠を取り払った学びの場“超教育”を構想「超教育協会」
​リセマム(Webサイト)


 21世紀、ITやAIは社会が求める人材像を変え、それがまた教育を刷新する――。従来の学校の枠を取り払った学びの場”超教育”を構想する「超教育協会」が設定された。31団体が参加し、各団体に所属する企業は8,000社にものぼる。会長は東京大学第28代総長であり、現在は三菱総合研究所理事長を務める小宮山宏氏、理事長は特定非営利活動法人CANBAS理事長の石戸奈々子氏、理事には一般社団法人デジタル教科書教材協議会(DiTT)専務理事の中村伊知哉氏をはじめ、日本のITやAIを牽引する錚錚たる顔ぶれだ。

 パネルディスカッションは、同協会の理事長を務める石戸奈々子氏が進行役となり、安宅和人氏(ヤフー執行役員)、杉山知之氏(デジタルハリウッド大学学長)、藤原洋氏(インターネット協会(IAjapan)理事長)、中村伊知哉氏(デジタル教科書教材協議会(DiTT)専務理事)が、各々の教育観を語った。


https://resemom.jp/article/2018/06/04/44887.html
  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所