プレスルーム

2018年06月19日(火)

デジタルヘルスで挑む 睡眠障害発症後に起業
上尾新聞(前橋)(新聞)

  デジタルハリウッド大大学院で学ぶ谷本潤哉は、睡眠障害を解決するためのソリューション「O:SLEEP」を開発した。もともと谷本は大手広告代理店に勤務。過労から睡眠障害を発症した。眠りたくても眠れない、昼間眠たくて仕事が進まないという悪循環。このままではまずいと自覚し、長期休暇を取って無人島へ現実逃避したが、そこでの生活が人生を変えた。
 
  • 世界に日本を発信する デジタルハリウッド大学
  • 新ビジネスを創造する デジタルハリウッド大学院
  • 変革を起こすクリエイター デジタルハリウッド(専門スクール)
  • 時間と場所を越えた学び デジハリ・オンラインスクール
  • 社会・地域に新しい価値を ビジネスコンサルティング

学長日記スギヤマスタイル

学長室教員ブログ

デジタルハリウッド 校友会

メディアサイエンス研究所