仕事では無く趣味。
しかしプロ顔負けの映像を作り続ける 小山泰史さん

ドローン専攻 2017年5月入学

自己紹介をお願い致します。

小山泰史と申します。
企業でソフトウェアのエンジニアをしています。

ドローンに興味を持ったきっかけはなんですか?

2014年6月頃、とある仕事で会社保有の買ったばかりのDJI Phantom2を触らせてもらえる機会がありました。

今考えると無謀ですが、会社の会議室で(他の方が)早速飛ばし、すぐに机に突っ込んでいたのですが、自分も元々ラジコン等が好きだった事もあり、自分も操縦させてもらい、対面ホバリングという多少難しい状況でもある程度ぶつからずに移動する事が出来ました。

それでドローンに興味を持ち、当時ちゃんとしたドローンとトイドローンの区別もついていない中、安い機体があった為(トイドローンを)即購入しました。 そこからトイドローンだけで十数機購入して夢中で飛ばしました。トイドローンで2年近く散々飛ばし、2015年12月にParrot BebopDroneを購入、2016年夏にParrot BebopDrone2、2017年3月に DJI MavicPro を購入しました。

実際受講中も技術的には相当高かったと記憶していますが、それだけの技術力がありながらもスクールに通った理由は何ですか。

散々トイドローンを飛ばしていた為、操縦技術自体はマスターしていましたが、人脈とその技術を証明する証(資格)が欲しくて入学しました。

実際受けてみていかがでしたか。

ここに通って卒業してよかった、と心から思っております。
  授業は純粋に楽しかったです。それまでドローンを共に飛ばしたり語ったりする仲間が全く居なかったですし、色々な方に出会い、情報交換を行い、ドローンの今後の在り方や自分の向き合い方についても色々と考えさせられました。
田口先生は女性だけに優しいと見せかけて、男性の自分にもきちんと親身に教えてくれたのが意外でした。(笑

卒業後はどのような形でドローンを活用されていますか。

ドローンは趣味として活用していて、旅行に行った際に撮影をしてその動画を編集してYoutubeにアップしています。最近はチャンネル内容の拡充と登録者数の増加に取り組んでます。

小山さんのYoutubeチャンネルはこちら
https://www.youtube.com/user/YesWhoMe1224


https://www.youtube.com/user/YesWhoMe1224

映像のクオリティが高いですね!このレベルだと仕事としてもやっていけそうですが、仕事にしていく予定は無いのですか。

自分の性格的に、本気で仕事とし「義務」が生じてしまうと純粋に楽しめなくなる事も有り、楽しさを失わない為にも本格的な業務として活動する事は考えていないです。 ただ今後更に撮影や編集の技術を上げて、もし素材の提供や撮影の依頼が受けられる位になれば、それがいくらかの収入に繋がればいいなとは思っております。

Youtubeには沢山の動画を上げられていますが、仕事と並行して撮影・編集までこなすのは大変ではありませんか。

撮影も編集も楽しいです。ただ編集はこだわりだすと大変ですね。特に音楽と合わせだすと本当に大変で、そこは試行錯誤しながら作っています。ただ、旅行に行ったり、イベントや結婚式など、その時に撮影した映像を編集して見せると喜んでくれるので、それがモチベーションのアップに繋がっています。

これからドローンの勉強を始めようとしている方にメッセージをお願いします。

既に「勉強したい」という意志を持っている方は、スクールや何かしらのコミュニティでも、是非「仲間」と共に学んで欲しいです。色々と規制が厳しい状況ですが、少しでも「やってみたい」という気持ちがある方は、是非トイドローンから始めてみる、或いはスクールの門を叩いてみて欲しいです。特に今はトイドローンでも飛躍的に性能が上がっていますし、MavicMini など200g以下ながら本格的な性能を持つものもあります。また特別な撮影技術を持たなくても、熟練のパイロットでも不可能な映像を得る事も出来る時代になっています。ドローンの映像を見て、こんな映像自分には撮れないと思わずぜひチャレンジしてみてほしいですね。

小山様、ありがとうございました!


Robotics Academy

まずはお問い合わせしてみよう!

お問い合わせはこちら

go top