ドローンの映像コンテスト「Drone Movie Contest 2020」作品募集開始!

デジタルハリウッドロボティクスアカデミーでは、今回で第5回目となる「Drone Movie Contest 2020」を開催いたします。

https://www.dhw.co.jp/robotics/contest/

このコンテストは、ドローンで撮影した映像作品を対象としたもので、「Japan Drone 2020」の企画の一つとして開催されます。各方面からドローンの映像作品を募り、映像の新しい可能性を示していくことを目指しております。本コンテストの応募締め切りは、2020年2月29日迄となっております。

今回で5回目となるDrone Movie Contestですが、例年100作品近い応募を頂いております。毎年クオリティの高い作品が集まっていますが、昨年のコンテストではマイクロドローンを使った作品がグランプリに輝くなど、幅広い映像作品が集まっております。昨年は過去最大の9作品がノミネートされ4作品が受賞しました。

昨年の受賞者・ファイナリスト及び審査員

DroneMovieContest2019 グランプリ

上田 智博 様

作品「釈迦院」

審査員特別賞 詩歩賞

石橋 健 様

作品「ALOHA」

審査員特別賞 TAS賞

Yoshitsugu Takeuchi(hamamatsuo)様
作品「150th JAPAN LIGHTHOUSE」

審査員特別賞 ドローンエモーション賞

佐藤 直記 様
作品「GEOGRAFFITI YAMAGATA」

Drone Movie Contestは日本発のドローンの映像コンテストとして2016年に第1回目が開催されました。そこから5年が経過し、ドローンは小型化、軽量化、高性能化が進み、手軽に扱えるツールとなりました。しかしながらドローンによる事故が未だ絶えないのも事実です。このコンテストではドローンが社会的な価値を発揮していくために、ドローンの魅力が詰まった映像を集め公開する事で、ドローンのポジティブな事例を増やしていく事を目的としています。

本コンテストはポイントが三点あります。

一点目は安全運航体制です。航空法や電波法、道路交通法、各種ガイドラインなど、国内の法制度を守ったうえで、安全に飛行させた状態での撮影が必要になることです。海外で撮影された映像の場合は、現地の法制度に基づいて撮影が行われている必要があります。危険な撮影が行われた場合は、審査の対象外となります。

二点目は、ジャンルは問わないということです。審査のために、映像は3分以内で、映像の50%以上をドローンで撮影すること、という基準は設けますが、応募者の自由な発想を促すために、ジャンルは設定しておりません。

三点目は、ドローン業界の第一線で活躍されている方を中心に審査を行うことです。今回は映像コンテストという点に軸を置き、写真家・映画監督として国内外で活躍されておられますAMIY MORI氏、DroneMovieContest2018のグランプリ受賞者であり、その後日本、海外でも様々な賞を受賞している伊藤広大氏、日本で最初のドローン専門メディア「DRONE」編集長の猪川トム氏に審査して頂きます。また例年に引き続きロボティクスアカデミーカリキュラム監修である株式会社Dron é motion様にも審査頂きます。

投稿された映像作品を審査委員会が審査し、ファイナリスト・入賞者の選考を行います。

また今回のコンテストでは、利用者No.1のドローンレンタルサービスを展開する「ドロサツ!!」にご協賛頂き、ドローンの機体を所有していない方へのサポートをおこないます。「ドロサツ!!」ではよりドローンの活用を促進するため100台のドローンを無料レンタルするキャンペーンが1月よりおこなわれています。

同キャンペーン内容に準じて「Drone Movie Contest」枠を頂戴し、コンテストへ応募の一定の条件を満たしている方を対象に、ドローンの無料レンタルを受ける事が可能となります。

詳細は以下のページを参照下さい。

・概要ページ:https://note.drosatsu.jp/drone-rental

・応募フォーム: https://www.drosatsu.jp/campaign

※Drone Movie Contest向けの応募枠は1月26日迄となります。

皆様の個性豊かな作品の応募をお待ちしております。

【募集要項】

審査対象:

・ドローンで空撮をした3分以内の動画作品

・作品時間の50%以上をドローンで撮影している

審査基準:

・JUIDAの安全ガイドラインを満たした撮影を行っている

・映像作品としての芸術性や、技術的な先進性などを審査ポイントとする。作品のジャンルは問わない

差別的な表現や、危険な撮影手法などがある作品は審査の対象外とする

審査プロセス:

・作品投稿(2020年1月~2月29日)

YouTube等の動画投稿サービスに作品を投稿(パスワード設定または限定公開設定)

ウェブサイトの応募フォームにURLとともに連絡先などを記載して添付

・予備審査(2020年3月上旬)

審査基準を満たしているか事務局で予備審査を実施

・作品審査会(2020年3月上旬)

審査員がファイナリスト作品を選定

・ファイナリスト発表(2020年3月中旬)

上位作品(7作品前後)をファイナリスト作品としてウェブサイトで発表

・授賞式(2020年3月25日)

Japan Drone 2020の特設ステージで入賞者を発表

応募・過去の受賞作品については下記よりご覧下さい。

公式ウェブサイト: https://www.dhw.co.jp/robotics/contest/

Robotics Academy

まずはお問い合わせしてみよう!

お問い合わせはこちら

go top